ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要


"天使のヒエラルキーにおいて最下位の階級「精霊」に属する、光の世界よりの神使。"

"信仰心を持つ人間にとって最も身近な天使である。純白の翼で空から舞い降り、頭上に頂いたヘイロウで迷える者の行く道を照らすと信じられている。"

"その手に携える様々な神具は、正しき者を救う誓いを表すだけでなく、心悪しき者を討ち倒す強力な武器にもなるという。"


BAYONETTAシリーズに登場する敵キャラクター「天使」の一種。

所謂クリボーワドルディスライムと同じザコキャラで、序盤から終盤まで頻繁に登場する。

容姿

大理石のような白磁色の肌に、煌びやかな金の装飾を身につけた荘厳な姿をしている。

天使ということもあって概ね「翼を生やしたヒト」のような姿をしているが、

かぎ爪を備えた長い四本指の両手足、クチバシのように尖った顔面、と細部はを想起させる造形であり、天使というよりはむしろ鳥人間といったところか。

真っ白い体色と猫背気味な姿勢が合わさり、EVA量産機に見えるという意見も。

また、肌の色とまぎれて分かりにくいが純白ノースリーブ状の衣を纏っている。


また、頭には天使に共通の「ヘイロウ」というが浮かんでおり、これはその天使が所属する位階を示す。

アフィニティの位階は「下級三隊」の「天使」であり、『BAYONETTA』世界の天使の九階級中でも最下位にあたる。


なお、ベヨネッタの攻撃でダメージを受けると外皮が破壊されていき、おおよそ『天使』とは言い難い筋線維じみたグロテスクな中身が露わになる。


作中での扱い

最初のストーリーから登場するザコ敵で、ゲーム全体を通してベヨネッタにボコボコにされ、バラバラにされ、メッタメタにされる。

説明にあったように神具、要するに何らかの武器を所持している。ベヨネッタのトーチャーアタックで倒せばこれらの武器がドロップし、ベヨネッタが一時的に装備できるようになる。ただし耐久値が設定されていて、一定以上使えば壊れてしまう。

ゲーム内では長竿状のハルバード、光弾を放つトランペット、高威力のレーザーを撃つスーザフォン、広い攻撃範囲を持つフレイルを持った個体が登場する。

スーザフォンを持った個体は通常のアフィニティに比べて体型が太く、ハルバードを持った個体は炎を帯びた鎧で身を固めている(映画版では通常の個体がハルバードを使う)。


バリエーション

アプラウド


"天使下位三隊「精霊」の中で、アフィニティより一段階高位の大天使に属する神使。"

"九段階ある天使のヒエラルキーの中でも8番目の位である大天使は、より物質世界に近い存在で、人間たちと接触する機会も多い。"

"信奉者が強く心に念ずれば、天使の一群と共に降臨し、救いの手を差し伸べてくれるという。"


アフィニティの隊長格で、やや大柄の天使。赤い衣の個体と、青い衣の個体の二種類が存在する。

青の個体は杖で武装。赤の個体は弓を装備しており、中央で分割すると双剣にも変形する。勿論、トーチャーアタックで撃破すればこれらもドロップして装備可能。


アーダー


"天使下位三隊「精霊」の中で最上位となる、権天使の位を冠した神使。"

"悪霊からの守護を司り、その身に堅牢な鎧と盾を備えている。"

"幸福を侵す悪しき者に対して容赦なく神力を振るうその姿は、救いを求める人間から強い崇拝の念を集める。"


真紅の甲冑に身を包み、巨大な直刀と展開式の円盾を装備したアフィニティ系の最強種。

正面からの攻撃はガードされてしまうため、真っ向勝負は部が悪い。一方で攻撃の振りの速さゆえ、ウィッチタイムに突入するのが容易な敵でもある。

ドロップ武器は直刀。体力が高いため、トーチャーアタックなしでも武器がドロップするようだ。



コラボ

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

大乱闘スマッシュブラザーズfor』から登場するステージアンブラの時計塔」の背景に登場。『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではスピリットとしても登場している。


関連イラスト

こんな仕事、やめちゃうか…。


関連タグ

BAYONETTAシリーズ ベヨネッタ 雑魚 EVA量産機

関連記事

親記事

BAYONETTA べよねった

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22980

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました