ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

分類AMAIM
武装左腕クロー、ワイヤー


概要

無人で稼働し、各勢力問わず奇襲や攻撃を繰り返している所属不明のAMAIM
何処かの戦闘で欠損したのか、左右非対称の頭部を持つ。
かつて鉄塚ガシンの父親を殺害した機体で、その際の戦闘で本来の右腕を失い、ガシンの父親が搭乗していたAMAIM「ジョーハウンド」の右腕を移植している。

無人機でありMAILeS同様に指揮車両を介さず自律思考型AIにより稼働しているとされているが、過去に応急的に取り付けた右腕が修復されておらず、自爆を思わせる行動を取った後に拘束を解かれると自爆せずに撤退するなど、使い捨ての量産機ではなくワンオフ機であるかのような面をみせている。

4話で初登場、八咫烏のキャンプ地に突如として現れ訓練中だったケンブジョウガンを襲撃、その中で椎葉アモウと親交を深めていた甲咲リサを殺害する。
ケンブ、ジョウガンと2対1の戦いにもつれ込み、頭部と左腕クローを破壊されると2機めがけて突っ込んでいき拘束、自爆を試みるも八咫烏の砲兵隊の妨害に逢い拘束を振りほどかれる。
そのまま爆発するかと思いきや自爆を中断し姿を消した。

以降はアジア自由貿易協商圏の鍾乳洞に身を潜め自己修復を進めていたが北米同盟軍の調査により潜伏場所が発覚、ゴーストの破壊ないし鹵獲の命を受けたブラッド・ワット大尉率いるブレイディハウンド小隊が送り込まれる。
両腕など修理そのものはあらかた完了していたが頭部が左右対称のものに新造されており、腕部以外にもいくつか新たな武装が追加されている。
部下のブレイディハウンドを有人操縦・遠隔操縦と切り替えながら自らも専用のカスタム機を操縦し戦うブラッドに対しワイヤーを駆使し輸送ヘリ「ストークキャリー」をジャックするなどして抵抗していたが、最後はブレイディハウンドの内の一機に搭乗していた、ロジャーを殺害して倒したブレイディハウンドの遠隔操縦により脚を撃ち抜かれ転倒、ブラッド機により胸部も撃ち抜かれて一時的に沈黙するも、撃墜されず残っていたストークキャリーに掴まりまんまと逃げおおせた。

武装・機能

  • 左腕クロー

鋭い爪が生えている巨大な腕部兵装。
握り潰す、打ち据える、貫くなど様々な攻撃ができ、攻撃時にはクローの内側が青く発光する。その装甲自体も頑丈で頻繁に盾として用いられる。
7話では自己修復が完了し両腕に装備されている。

  • 認証突破機能
他陣営製のAMAIMの腕部や火器など、規格が違ったり使用にアタッチメント認証が必要なパーツなどを接続しても、それらの制約を無視して作動させることができる。

  • 自己修復能力
他の機体の部品を流用するなどの手段で、補給や他者の手による整備を必要とせず自己を修復する能力を持っている。
劇中では八咫烏との交戦で損傷した後に人の手を介さずに修復作業が行なわれている描写があったが、完全に失われた部位や追加された武装に使用する資材をどうやって調達・加工したのかについては明らかにされていない。

7話以降

  • ワイヤー

腕部から片方3本、計6本射出するワイヤー。
先端は鋭くAMAIMの装甲も貫けるほか拘束やマシンのジャックに利用することも可能。

  • 隠し腕
背部のモジュールが変形したマニピュレーター。
物々しいメインの腕部と比べるとやや貧弱な見てくれだが、ブレイディハウンドの剣を掴んでへし折れるなど十分すぎるほど強力な握力を持つ。

  • ジャミング機能
両肩から強力な妨害電波を発することができ、少なくとも認識範囲内で誘導弾を放ってもまず当たることは無い。

関連項目

境界戦機
AMAIM

シビュラシステム…認証を無視して使用できるAI仲間。ただし、その正体は・・・
ウルトロンパルヴァライザー…“自己進化”するAI、無人機仲間。特に後者は無差別に攻撃を仕掛ける点では共通している。

関連記事

親記事

AMAIM あめいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アメインゴースト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アメインゴースト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171

コメント