ピクシブ百科事典

イリス(魔法少女リリカルなのは)

いりす

『魔法少女リリカルなのはReflection』および『Detonation』の登場キャラクター(イラスト右)
目次[非表示]

CV:日笠陽子

魔法少女リリカルなのはシリーズ劇場版第3弾『魔法少女リリカルなのはReflection』初出のキャラクターで、ストーリー設定のほとんどをPSPゲームシリーズの『THE GEARS OF DESTINY』から引き継いでいる本作において唯一とも言える完全新規キャラクターである(前2作は“リビルド”されたとはいえ概ねTVシリーズに拠ったものであるため、ある意味「劇場版」および「劇場版」のダブルミーニングと言える)。

概要

惑星エルトリアの廃墟化した教会に住んでいる少女。
自身は生きた人間ではなく教会内部に置かれた石板状のプレートに宿っている人工知能のインターフェースのような存在であり、キリエ・フローリアンとは彼女が幼い頃に出会ってからの親しい友人でもあった。
一方でキリエには自分の存在は他の誰にも内緒ということにしており、二人の関係は姉のアミティエを含め家族の誰も知らなかった。

当初は石板本体からほとんど離れることはできなかったようだが、キリエの協力で石板の機能を拡張したことで現在ではより広い範囲での現実的な行動が可能になっている。エルトリアのフォーミュラシステムのみならず異星の文明である古代ベルカのテクノロジーで作られたデバイスにもアクセスしてそれらを操作することができ、さらに地球の機械を戦闘ロボットへと作り変えるといった独自の能力をも有している。

困っている人間を放っておけない心優しい性格で、滅亡寸前のエルトリアと病に倒れた父のことで思い悩んでいたキリエに「地球にある“エグザミア”を見つけ出せば星も父も救うことができる」と教え、そのエグザミアを求めたキリエをサポートするために自分の媒体となる石板の子機端末を持たせて彼女と共に地球に赴いた。

地球に到着すると手始めに八神はやての持つ夜天の書を狙って彼女を襲撃、キリエとの連携で高町なのはフェイト・テスタロッサも退けて夜天の書を奪うと先に戦ったなのは達のデータを元にして夜天の書からディアーチェシュテルレヴィら3体のマテリアルを生み出す。

そのマテリアル組をなのは達にぶつけて向こうの注意を引きつけている間にキリエと共に本格的なエグザミア捜索を開始、遂にその在り処を突き止めた。



ここから先は『魔法少女リリカルなのはReflection』本編のネタバレになります



























イリス


彼女の真の正体はエグザミアの中に眠る存在=ユーリが過去に起こしたという事件で命を落とした一人の人間の思念体で、その本当の目的もエルトリアを救うためにキリエに協力することではなく、“命を含めて自分の全てを奪ったユーリに復讐すること”であった。

生前はどんな人間だったのかは不明だが、現在ではユーリに対する憎悪の所為か目的のためならいかなる犠牲も厭わず、あまつさえ長年の親友すら騙して傷つけるようなどこか歪んだ性格へと変わり果ててしまっているようで、そのユーリが封じ込められているエグザミアが地球にあることを突き止めるとそのエグザミアを探し出すためキリエに「エグザミアがあれば父も星も助けられる」という虚言を吹き込んで彼女を利用し、いざエグザミアを発見するや態度を豹変させてキリエを裏切り、エグザミアを強奪しようとした。

その直後に駆けつけたクロノ・ハラオウンの率いる管理局部隊に包囲されるも相手の体内から直接結晶体のようなものを生やすというエグい攻撃でクロノ達にダメージを与え、同時に彼らからエネルギーを吸収して完全な実体化(この時着ていた衣装のデザインも微妙に変化している)を果たし、目論見通りエグザミアを手中に納めることに成功する。

そして奪ったエグザミアからユーリを開放すると彼女に自分と同じ絶望を与えるためと称してコントロール用のウイルスコードを打ち込んで自分の操り人形へと変えてしまい、挙句の果てにその悪意の矛先を地球そのものへと向けている。

余談

彼女を演じた日笠陽子は今から約10年前に『魔法少女リリカルなのはStrikerS』出演のためのオーディションを受けたがその時は落選したといい、結果的にではあるが本作においてようやくのシリーズ初出演を果たした形となっている。

関連タグ

魔法少女リリカルなのはシリーズ
魔法少女リリカルなのはReflection

キリエ・フローリアン

闇統べる王 星光の殲滅者 雷刃の襲撃者 ユーリ・エーベルヴァイン

pixivに投稿された作品 pixivで「イリス(魔法少女リリカルなのは)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11227

コメント