ピクシブ百科事典

フィル・マクスウェル

ふぃるまくすうぇる

フィル・マクスウェルは、映画「魔法少女リリカルなのはDetonation」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:山寺宏一

概要

イリスに次ぐ劇場版初出のキャラクターで、劇中では後編「Detonation」から登場。
本編の40年前にエルトリアに存在していた「惑星再生委員会」の最高責任者で、「最後に笑っていればいい」を信条に惑星再生研究へ精力的に取り組み、委員会が生み出したテラフォーミングユニットのイリスを実の娘のように愛する善人なのだが…

















正体(ネタバレ含む)

実は彼こそ今回の劇場版2部作における真の黒幕。先述した人格は仮初めのものであり、その本性はあらゆる事物へ自身の価値観を強要する傲慢かつ独善的なマッドサイエンティストである。

元々は研究予算を得る為にテラフォーミングユニットの軍事転用研究を行っており、それ絡みの不透明な予算運用を政府に気付かれた事で委員会の解体後、彼は査問に掛けられる事になっていたが、取引相手の軍事団体へ亡命する前に「下らない閑職へ回されるのが可哀そうだ」という理由だけで委員会メンバーや一般職員、研究所で育てられていた動物たちまでも量産型イリスで虐殺。さらに手土産として洗脳しようとしたユーリから自己防衛によって反撃され、それを想定して自身のデータ化した記憶をイリスの中に埋め込み、思考誘導でイリスを裏から操る。

その後、戦いが激化する中、侵攻武装「マクスウェル」として復活。イリスと同様のフォーミュラーやヴァリアントシステムに加え、フローリアン姉妹が持つ「アクセラレーション」の強化・発展型とも言える「アクセラレーション・オルタ」を搭載しており、生身の人体では不可能な超高速度域での絶大な戦闘能力を有している。

最終的には地球を制圧して資源採掘地兼実験場とし、量産したイリスとユーリを他の惑星や次元世界へ売り捌こうと目論んでいたが、なのは達との戦いに敗北して躯体は大破。切り札の自身の記憶のバックアップを積んだロケットの打ち上げとその後の衛星砲による都市攻撃も阻止され、遂に逮捕された。

関連タグ

魔法少女リリカルなのはDetonation

イリス ユーリ・エーベルヴァイン

ジェイル・スカリエッティ(シリーズのマッドサイエンティスト仲間)

pixivに投稿された作品 pixivで「フィル・マクスウェル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21

コメント