ピクシブ百科事典

エルフリーデ・シュルツ

えるふりーでしゅるつ

SDガンダムGジェネレーションシリーズに登場するオリジナルキャラクター
目次[非表示]

概要

CV:戸田恵子(F)、田中敦子(SPIRITS以後)
GジェネレーションFに登場したがNEOで削除、SPIRITSで復活し、以後は続投している。
家名と騎士道を誇る男装の麗人で、病床に臥せる兄がおり、家を継ぐ立場となる。
兄譲りの剣術を修めている。
クロスレイズでは、掛け合いこそ無いもののカチュアブランドから『エリー』というニックネームで呼ばれている。

能力

格闘値に特化しており、レベル1の段階で原作キャラクターとオリジナルキャラクターを合わせても、トップクラスの近距離戦闘を見せる。逆に射撃値は最低の1(GENESISでは10)である場合が殆どで、成長タイプもあってかなりの高レベルにならないと、遠距離戦闘では不利となる。プレイヤーが十分に活用する事を求められるキャラクターと言える。
但し、初出のGジェネFでは射撃値と回避値も、格闘値ほど圧倒的では無いものの平均以上で、高水準な万能タイプのキャラクターであった。

癖は強いキャラクターだが、射程の長い格闘武器を持つ機体に乗る事で欠点をフォロー出来る事から、決して弱キャラではない。
性質上、射程の長いショットランサーを標準装備したクロスボーン・バンガード系列との相性が良好で、貴族的なキャラクター性と良くマッチしている。その他にも新機動戦記ガンダムWOZのモビルスーツや騎士ガンダムに搭乗させるプレイヤーも目立つ。
GジェネオリジナルMSであるビギナ・ロナは、正しく彼女の為にあるような機体で、戦闘デモでも搭乗している姿が描かれている。

クロスレイズでは各種ランス系の武装等に代表される、長射程格闘武装が多く、更にトールギスキマリス等の騎士系MSに乗せると専用セリフが追加されると言う優遇を受けた。
特にキマリス辺りは見た目的にもお似合い……と思いきや、何故か成長傾向がかなり射撃偏重
その為、レベルが30前後の頃には格闘と射撃が概ね並んでしまい、最終的には射撃の方が高くなりがちである。そのまま射撃機に乗せても良いし、「それじゃいかん!」とキャピタルで格闘の方を強化しても面白いだろう。また、上述の専用セリフ対応の騎士系MSの中にもトールギスⅢキマリスヴィダール等、強力な射撃武装を持つ機体が少数ながら存在する。

二次創作

グラハム・エーカーのミスター・ブシドーのパロディで、ミス・キシドーと呼ばれる事もあるが、キャラクターとしてはエルフリーデが数年早く登場している。

余談

エンターブレイン出版のGジェネレーションFの攻略本で、エンリッヒ・シュルツと誤記載されている。

関連タグ

ガンダム Gジェネレーション オリジナルキャラ

関連記事

親記事

Gジェネレーションオリジナルキャラクター一覧 じーじぇねれーしょんおりじなるきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルフリーデ・シュルツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10032

コメント