ピクシブ百科事典

オムニ社

おーしーぴー

アメリカのSF映画『ロボコップ』シリーズに登場する架空の企業。
目次[非表示]

概要

正式名称はオムニ・コンシューマ・プロダクツ(OCP

アメリカ合衆国ミシガンデトロイトに拠点を構える巨大コングロマリット企業。
民間企業ながら警察をはじめとする行政機関を子会社にして傘下に収めるなど、デトロイト全体に市政以上の権限と影響力を持つ。
その一方『デルタシティ』という未来都市開発事業を巡ってデトロイト市側と激しく対立している他、傘下のデトロイト市警が労働環境の改善を訴えてストライキ権を行使するなど、市民からも良い印象は殆ど聞かれない。

ロボコップ

未来都市『デルタシティ』の建設に伴いさらなる治安強化と犯罪撲滅を挙げて、オムニ社では警官に取って代わるロボットの開発が進められた。その過程で開発されたロボットED-209のデモンストレーションを実施するが、犯人役に扮した社員が降伏の意思を示すも識別が機能せず敵対行為とみなされ射殺されてしまう最悪の事態が発生。その件で開発責任者のジョーンズは会長からの失望を買い、代わってED-209と異なる独自のロボット開発を進めていたモートンの案が採用される。しかし、開発を進めるにはロボットの候補となる「人間」が必要であった。そんな中、デトロイト市警に配属されたばかりのアレックス・マーフィー巡査クラレンス一味に殺害され殉職となったのを機にその遺体から生体部分を部品として再利用。ロボット警察官『ロボコップ』が誕生した。

ロボコップ2

新種の麻薬『ヌーク』がデトロイト市内で蔓延、深刻な問題となっている中、それを取り締まるはずのデトロイト市警はオムニ社との労使交渉で連日ストライキ権を行使。そのため治安の行き届かない場所に次々と犯罪が発生し、中には子供達が集団強盗をやらかすなど、ますます悪化の一途をたどっていた。それらの状況に業を煮やしていたオムニ社はロボコップ=マーフィーを上回る有能なロボコップ2号機の製作に取り掛かる。しかしマーフィーと同様のプロセスで製作されたものの、いずれも肉体の喪失と精神崩壊で発狂した末に自殺するという悲惨な結果に陥っていた。それを見据えていた心理学者のジュリエット・ファックス博士は「機械の身体を受け容れるのは警官よりも、むしろ力を欲する犯罪者」と結論付けて開発の主導権を得る。
その素体適合者として『ヌーク』の製造と密売で悪名を轟かせていた、とある男(後述)に目を付ける。

ロボコップ3

先述のロボコップ2号が引き起こした騒動で非常に多大な損害を出したオムニ社は日本企業『カネミツ・コーポレーション』に買収され、遅停していたデルタシティ計画着手に伴い結成された私設特殊部隊『リハッブ』による住民立ち退き並び強制収容所送りを執行。リハッブの司令官マグダゲットは、デトロイト市警にも住民の強制退去に協力を要請するが、オムニ社やリハッブの暴挙に対し腹に据えかねていた署長を始めとする警察官達はこれを拒否、警察官の証であるバッジを次々と捨ててデトロイト市警を去り、残された市民達で構成されたレジスタンス側に回る。これに対して警察に捕まったギャング達を戦力に加えたリハッブは優勢に進行するが、強化アタッチメントに飛行パーツを装着したロボコップの出現で形勢を逆転されて最期はオムニ社の本社ビルが爆破四散するという結末に至った。後日、オムニ社CEOがロボコップに「マーフィー」と親しげに話しかけるが、マーフィーは「そう呼べるのは友達だけだ。お前達はロボコップと呼べ」と言い放つのだった。


主要人物

オールドマン会長

演:ダン・オハーリー/吹き替え:納谷悟朗
オムニ社会長。
終盤、クラレンスの黒幕として殺害容疑が露呈されたジョーンズに人質にされるが直後に「解雇」を宣言したことでその場を逃れた。ロボコップ2ではデトロイトの掌握=私有化を目論む一方で、ロボコップ2号機の開発では犯罪者での素体起用に前向きなファックス博士の提案を全面的に受け入れて一任させるが・・・
入浴を日課としてオムニ社ビル内には会長専用(?)に和風を施した浴室を設けており、そこで部下から報告を受ける場面があった。
3は登場せず。

リチャード・ジョーンズ

演:ロニー・コックス/吹き替え:中村正
オムニ社重役(副社長)。
ED-209開発の中心人物でその性能をしきりにアピールするも、識別エラーから起こった不慮の事故で大きく失墜、ライバルのモートンにプライドを傷つけられた報復としてクラレンスにモートンを抹殺させて主導権を奪った。その後自分を逮捕しようしたロボコップを第四指令のプログラムとED-209で苦しめて一度は退けるも、再びオムニ社へ乗り込んだロボコップが「モートンはミスを犯したので私が始末した。今度はミスそのものを消去する!」モートン抹殺の経緯を語るジョーンズのビデオ映像を首脳陣に見せた直後、会長を人質にして逃走を図るが「ジョーンズ!お前はクビだぁ!」と叫ぶ会長の声でプログラムの規定=対象から削除され、その場で射殺された。

ロバート・モートン

演:ミゲル・フェラー/吹き替え:富山敬
オムニ社重役。
『ロボコップ計画』を進める中心人物。先述のED-209による不慮の事故でショックに打ちひしがれるジョーンズを尻目に会長からのお墨付きを得たことで一気に開発を進めるが、家で美女二人と“白い粉”(?)を吸っていたところをクラレンスに襲われ両足を撃たれる。そしてディスクから映し出されたジョーンズの口から「お別れだ。モートン、地獄へ墜ちろ!」という処刑宣告の直後、クラレンスがテーブルの上に置いた時限式の手榴弾が爆破、死亡した。

キニー

演:ケヴィン・ペイジ/吹き替え:古田信幸
オムニ社役員。
ED-209のお披露目でジョーンズから犯人役として指名されるが一度銃を構えた直後、銃を床に捨て降伏の意思を示したにもかかわらず人工知能に識別のエラーが生じ、案の定20秒数えられた末、蜂の巣にされてしまった。モートン曰く「それも運命さ」とはこの事である。

ドナルド・ジョンソン

演:フェルトン・ペリー/吹き替え:秋元羊介
オムニ社役員のちに副社長。
モートンとは同志だったがその死後、副社長に昇格するもすっかりオムニ社会長の腰巾着と化してしまった人物。ロボコップ2では何れも警官が素体のロボコップ2号機のプレゼンターを勤める一方でファックス博士に関しては快く思っていない。オムニ社側では唯一劇場3部作全ての登場を果たした。

ジュリエット・ファックス

演:ベリンダ・バウアー/吹き替え:藤田淑子
オムニ社開発部顧問の心理学者。
何れも殉職した警官をベースにしたロボコップ2号機の製作過程を分析した結果、利己で貪欲な犯罪者のほうが適正に合致しやすいが故に生存欲求が非常に強い、そして強靭な精神力を持つという結論に至り、オールドマン会長を懐柔。開発の主導権を握るが・・・

ポール・マグダゲット

演:ジョン・キャッスル/吹き替え:堀勝之祐
オムニ社私設特殊部隊リハッブ(都市再建警備隊)の隊長。
傲慢な性格でオムニ社CEOとは犬猿の仲。(3作目の)ラスボスとして立ちはだかる。

オムニ社CEO

演:リップ・トーン/吹き替え:村松康雄
2作目で姿を消したオールドマン会長に代わってトップとして着任するも、目上には媚び、部下には偉ぶる典型的な内弁慶ともいえる人物。因みにその頃のオムニ社はカネミツに買収されたこともあってか、先述の強制収容所連行など再建のために過酷なノルマを課した挙句、良心の呵責から自殺する社員が後を絶たない末期状態にあった。



関連人物

クラレンス・ボディッカー

演:カートウッド・スミス/吹き替え:田中信夫
31名の警官殺害容疑で指名手配中の凶悪犯一味のリーダー。
追跡の末、アジトに潜入したマーフィー巡査を一斉射撃で惨殺。マーフィーがロボコップとして蘇生した原因を作り上げた張本人で、先述の警官31名殺害はもとより追跡から逃れるために負傷した仲間を突き落とすなどその冷酷非道ぶりにマーフィーの口から「最低のクズ野郎」と言わしめた。モートン殺害の後、麻薬取引の最中でロボコップに逮捕されるが黒幕であるジョーンズの計らいで釈放される。莫大な報酬と引き換えにジョーンズからロボコップ破壊を命じられ、廃材を積んだクレーンの下にロボコップを誘き寄せて動きを封じ「サヨナラ、ロボコップ!」と叫び、鉄杭で止めを刺そうとするが、手の甲に内蔵されていたスパイクで喉元を切り裂かれそのまま息絶えた。

ケイン

演:トム・ヌーナン/吹き替え:千田光男
麻薬密売組織『ヌーク教団』の”教祖”
新種の麻薬『ヌーク』の元締めと同時に重度の麻薬依存症で、カルト的な支配欲に酔い痴れる自己陶酔な一面を持つ。一度は単身アジトに乗り込んだロボコップを返り討ちにするも、今度は反撃に遭いトラックで逃走したものの、バイクに乗ったロボコップが運転席めがけてダイブして横転、瀕死の重傷を負った。病院に運ばれた彼を待っていたのはファックス博士。彼女曰く「反社会的、自らを神に近いものと妄想を抱いている、救いがたい麻薬患者」としてロボコップ2号機の素体を提供する犯罪者にケインが選ばれたのである。直後、ファックスに生命維持装置を切られ死に追いやられたケインは脊髄と脳と目を摘出、移植された。
その後の動向はロボコップ2号機の項参照。

キューザック市長

演:ウィラード・E・ピュー/吹き替え:江原正士
3700万ドルの負債を抱えるデトロイトの市長。
デトロイトを掌中に収めようとするオムニ社のやり口を痛烈に非難する一方、オムニ社には3700万ドルにのぼる債務=借金をしていた。そんな中、市長がMCを勤めるチャリティー番組に一本の電話が入る。それは市の借金を全額キャッシュで支払うというもので、そう名乗り出た彼等は条件としてヌークの売買並び黙認を要求してきた。実は彼等こそボブ率いるヌーク教団の残党だったのである。この全額返済交渉を懸念したオムニ社はロボコップ2号機を送り込み、市長らの抹殺を図る。案の定ヌーク教団残党や市関係者は全員殺害され、市長は見つかった直後マンホールから海に落ち、命からがら脱出したのだった。

カネミツ

演:マコ岩松/吹き替え:麦人
日本企業『カネミツ・コーポレーション』のトップ。
買収で自社傘下に収めたオムニ社が進めるデルタシティ開発に催促を促す。

オートモ

演:ブルース・ロック
カネミツがロボコップ抹殺を目的に送り込んだ刺客。
背中に日本刀を背負っているが、その正体はカネミツ製による精巧な忍者型アンドロイド。その俊敏な動きでロボコップを翻弄する。



関連タグ

ロボコップ ED209 ロボコップ2号機
ポール・バーホーベン
ブラック企業 全ての元凶 みんなのトラウマ一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「オムニ社」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222

コメント