ピクシブ百科事典

カオス(セーラームーン)

かおす

美少女戦士セーラームーンの真のラスボスにして、全ての元凶である邪悪な生命体。
目次[非表示]

概要

々が誕生する領域とされる『ギャラクシーコルドロン』に巣食うシャドウ・ギャラクティカ真の支配者
そして今まで(劇場版オリジナルの敵プリンセス・スノー・カグヤやゲームオリジナルのシャーマン・アプスーなどを含む)戦ってきた邪悪なるたち大元にして元凶である邪悪な生命体。
ちなみに原作では知性もあり人語もちゃんと喋っていたのだが、アニメ版では同じくSファラオ90と同じく一言も喋らないただの邪悪な精神エネルギー生命体と化してしまっている。

原作の設定

星になり損ねた者と称される存在であり、温かく力強く輝き続ける星々になる事に憧れ、また力を得んと飢えていた。
その力を得る為の手先としてセーラーギャラクシアの孤独な心に付け込んでシャドウ・ギャラクティカの首領に祭り上げ、セーラームーンたちを射手座ゼロ・スターへと誘うように仕向け彼女の持つ『シルバー・ムーン・クリスタル』を手に入れようと画策する。

最終決戦にて『ギャラクシーコルドロン』と一体化しセーラームーンをも取り込もうとするが、最終的には彼女の捨て身による浄化により敗北。肉体は消滅し、コルドロンの始まりの海へと溶け込み、黙視出来ないくらい小さくなり消滅した。

しかし、消滅と言っても滅んだ訳ではない。ただカオスと言う邪悪が溶けただけで、再び生まれる可能性を残し示唆している。

気の遠くなる遥かな未来において強大な悪のセーラー戦士セーラーカオス」として転生し、同じくセーラームーンの未来の究極の姿である「セーラーコスモス」と死闘を演じることになる宿命を持っている。
(この戦いで以前から行ってきた方法では倒す事が出来ず、何度も起こる果てなき戦いに疲れた彼女は、全てを捨てて逃亡し、過去へと遡り、ちびちびの姿へと変えているが詳細は不明である)

アニメの設定

宇宙に住まう銀河系の人々の持つ心の闇が集合して誕生した精神生命体。

全宇宙の支配も目論み、数々の星々を襲っては滅ぼし、太古の昔『セーラーウォーズ』と呼ばれる戦争を引き起こした。
永きに渡ってセーラー戦士たちと死闘を繰り広げていたが、遂に銀河最強のセーラー戦士であったセーラーギャラクシアに敗れ、彼女の肉体へと封印される。

しかし、どこぞの邪神と同じく、封印はされはしたが、その強大な力によりギャラクシアの精神を蝕んでいき、次第にその肉体を自身の支配下へと置いてゆく。

最終決戦で遂に彼女の肉体を完全に乗っ取り、地球を手始めに再び全宇宙に破壊と殺戮を齎さんと企むが、
最後はセーラームーンの力と呼びかけによってギャラクシアの良心が再び目覚めたことで肉体の支配を維持できなくなり、
彼女の肉体から完全に追い出され、現実世界では姿を維持できないのか、カオスは消滅した。
(セーラームーン曰く銀河中の人々の心の中に戻って行ったらしい)

ミュージカル版の設定

演:笠原竜司
バンダイ版のミュージカルでは、原作とアニメをミックスさせた設定であり、
自らを「星になり損ねた者」と称して『ギャラクシーコルドロン』に巣食う悪の生命体で、セーラーギャラクシアとの戦いの末に彼女の体内に封印されていた。
封印で力の殆どを失いながら、臆病者の道化キャオスに身をやつし、自身の力に精神を蝕まれたギャラクシアに仕え、力を取り戻す時を待っていた。

ギャラクシアの良心が変化した剣でセーラームーンにギャラクシアが倒されたことで、全ての力を取り戻し正体をあらわす。

『ギャラクシーコルドロン』と一体化し、セーラームーンを取り込もうとするが、
ギャラクシアの良心にセーラークリスタルを解放された内部外部太陽系戦士、セーラームーン、セーラースターライツの「セーラー・コスモス・アタック」で引き裂かれ、
全銀河のセーラークリスタルが集まり活性化した『ギャラクシーコルドロン』で新たな星の命、スターシードとして生まれ変わった。

関連タグ

美少女戦士セーラームーン セーラーギャラクシア シャドウ・ギャラクティカ 
セーラームーンの敵キャラ だいたいこいつのせい

コメント