ピクシブ百科事典

ゲーン

げーん

タイのスープ料理。グリーンカレーなどのタイカレーはこれに含まれる。

概要

スープ状のタイ料理。日本では店によっては「ゲン~」または「ギャン~」と表記されることもある。スープ状と言っても、種類によってはシチューに近い物や水気のほとんど無い物もある。
トムヤムクンのようなスープはゲーンには含まれない。

タイ国外では「タイカレー」と呼ばれるが、インド料理のカレーや、東南アジア各国の類似の料理と比較して、乾燥させた香辛料を混合した物よりも生のハーブや芳香の強い葉を多用する点に違いがある。様々な香辛料を調味した調理用のペースト「ゲーン・クルーン」を作り、これを用いて調理する。

また、香辛料を使わないものもゲーン(汁物)と呼ばれる場合がある。ゲーンの種類はそれぞれ固有名称があるが、大まかに分けて「レッドカレー」「グリーンカレー」「イエローカレー」などと分ける場合があり、これもタイカレー同様にタイ国外での一般名称である。
タイにおいてカレーと扱われる料理はゲーン・ガリー(イエローカレー)か、ポン・カリーというインド風のカレー粉を用いた炒め物等で、タイ人は他のゲーンをカレーとは呼ばないが、タイ国内の料理店の英語のメニューなどでも観光客にわかりやすいようにカレーと訳されている例がある。

種類

  • ゲーン・ガリー(イエローカレー)  カレーのゲーンという意味。
  • ゲーン・キヨウ・ワーン(グリーンカレー) 緑の甘いゲーンという意味。
  • ゲーン・ペッ(レッドカレー) 辛いゲーンという意味。
  • ゲーン・マッサマン(マッサマンカレー) タイ語でイスラム教徒を指す「マッサマン」が由来。タマリンドというマメ科の果実から作ったペーストと乾燥させた香辛料から作られる。 2011年にはCNNGoの「世界で最もおいしい食べ物50」に選出された。
  • ゲーン・パー(ジャングルカレー) 密林のゲーンという意味。ゲーンのペーストに加えて、生の胡椒や山菜、カエルイノシシの肉を利用する。ココナッツミルクは持ちいられず、見た目は日本のスープカレーに近い。
  • ゲーン・ケー 北部タイ料理の野菜のゲーン。ケーとは胡椒の葉の事で、野菜と香草がこの料理の主な具材。
  • ゲーン・ソム(オレンジカレー、またはタイサワーカレー)   タマリンド酸っぱいゲーンという意味。各地域で独自のものがある。ゲーン・パー同様ココナッツミルクは持ちいられない。
  • ゲーン・パネーン(パネーンカレー)  マレーシアペナン島が由来とされている。(なお、ペナン島ではこのカレーはインドネシアが由来とされている)ピーナッツペーストを用いて作られており、クリーミーで甘口。
  • ゲーン・ハンレー ミャンマーからタイ北部に伝わった料理。豚バラ煮込みカレー。
  • ゲーン・クア タイ中部発祥のカレー。「フルーツ入りのレッドカレー」と言った感じらしい。
  • ゲーン・テーポー タイ中部発祥のカレー。「豚肉と空芯菜のレッドカレー」と呼ばれている。
  • ゲーン・タイプラー 「タイプラー」という魚の内蔵を発酵させて作った調味料のことで、独特の臭みとの鰹節のような風味がある。


  • ゲーン・チュー 中華風の豆腐入りの澄んだ汁物。

  • カオソーイ ミャンマーの影響を受けたタイ北部で見られる、小麦粉の麺の入った水気の多いゲーン。「タイ風カレーラーメン」と紹介されることも。
  • パッ・プリッ・キン ココナッツミルクを煮込むではなく炒め用に用いたレッドカレーと言った感じの料理。汁気はほとんどない。「唐辛子生姜の炒め物」という意味だが、実際には生姜は含まれていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 543

コメント