ピクシブ百科事典

サビイロカブト

さびいろかぶと

東南アジアに生息するカブトムシの一種。日本のカブトムシに近い仲間と考えられている。
目次[非表示]

概要

東南アジアマレー半島からフィリピンにかけて生息する小型のカブトムシ。別名、サビカブト
胸の部分から前ばねにかけて、黄土色の細かいが生えていて、のように見えることから、この名前がつけられている。
日本カブトムシと近縁と考えられており、かつては日本のカブトムシはサビイロカブトと同じアロミリナ属に分類されていた。
(現在は日本のカブトムシはトリュポクシルス属に変更されている。)

甲虫王者ムシキングでのサビイロカブト

強さ100のディフェンスタイプとして参戦。肩書きは「錆色兜(さびいろかぶと)」。必殺技はパー、「(スーパー)ダイシャリン」。
タッグマッチでカブトムシと組むことでタッグネーム甲錆砲(こうせいほう)」が発動し、固有合体技「ブーメランインパクト」ならびに合体超必殺技「トルネード・ダイシャリン」が使えた。

なおカブトムシがアロミリナ属から独立したのはムシキング稼動期のことだが、ゲーム中では(タッグチームの関係か)オオクワガタとは違い最後まで旧学名の「アロミリナ・ディコトマ」を貫き通した。

新甲虫王者ムシキングでの階級はN。必殺技は旧作と同じだが、肩書きが「古来よりの荒武者」に変更されている。

関連タグ

コメント