ピクシブ百科事典

サンダーセプター

さんだーせぷたー

「サンダーセプター」はナムコが1986年に販売した大型筐体シューティングゲーム。
目次[非表示]

その他の用法


概要

「サンダーセプター」は1986年7月にナムコが販売した3人称フロントビューの大型専用筐体シューティングゲーム。同年12月には内容を調整し直され液晶シャッター式3Dスコープが付属された『3D サンダーセプターⅡ』も販売されている。
BGM担当は『源平討魔伝』や『超絶倫人ベラボーマン』などのBGMも手掛けた中潟憲雄氏(但し、サンダーセプターは源平プロ作品では無い)。

閉塞されたコース内を、障害物を避け、敵を破壊しながらゴールにまで辿り着くというゲーム内容。その意味に於いてはシューティング要素のあるドライブゲームといった感覚である。
時間制限はないが代わるものとしてパワーゲージがあり、それが徐々に減っていきゼロになるとゲームオーバーとなる。ただし敵を倒すことでパワーは回復する。

操作はボタン2つが着いたジョイスティック1本とアクセルペダルを用いる。ボタンは連射可能なノーマル弾用と、5発の弾数制限はあるが障害物さえ破壊可能な誘爆砲(ナパームボム)用の2種。
敵の硬さは4段階あるが一部分の色で判別可能であり、赤色は通常弾1発、紫色は2発、緑色は3発、黄色は4発で破壊可能であることを示す。

プレイ動画

サンダーセプター

3D サンダーセプターⅡ(ステレオグラム)

関連タグ

ナムコ アーケードゲーム レトロゲーム シューティングゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダーセプター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176

コメント