ピクシブ百科事典

ジェットツインズ

じぇっとついんず

TVアニメ『トランスフォーマー アニメイテッド』に登場するコンビ。
目次[非表示]

概要

トランスフォーマー アニメイテッド』に登場する双子のコンビ。オートボットの戦士であり、エリートガードという内部組織に所属する。

オートボットは飛行機能を内蔵させる技術が長らく得られてなかった(オメガスプリームは例外)らしく、飛行できる者は居なかった。バンブルビープロールオプティマスは外付けユニットの使用により短距離の移動は可能になったが、このコンビは単独で飛行可能。

敗戦が続きながらもディセプティコンはサイバトロン星を掌握しようと再起し、宇宙各地で反乱を起こす。そんな中で飛行能力のレベルが高いスタースクリームの捕縛に成功、戦犯として連行する。連行中に脱走されるも能力は解析され、データは本星に持ち帰られ事故で瀕死だった双子に強化再生の手術が施された。こうして再誕したのがジェットファイヤージェットストーム兄弟であった。
オートボット初の飛行能力を備えた二人は精鋭部隊エリートガードに配属。ディセプティコンとの戦いに加わるのであった。

なお、注意してほしいがジェットツインズ実写版に登場する同じく双子キャラのツインズにちなみジェットが名前に付くことに由来し、本編では使用されていない。

メンバー

共にSFジェット機へ変形。日本語版では口癖が「ジェット!」であり双子ではあるが、どちらが上(兄)かは明言されていない。
日本語版では役者の好みからアドリブが頻発されている。

エリートガード初級士官ジェットファイヤー
CV:トム・ケニー/吹:山口勝平
エリートガードの最年少戦士。オレンジがベースカラーで、戦闘機パイロットを思わせる頭部が特徴。壁を走れるほど身軽で、腕から放つ火炎弾を武器とする。

エリートガード初級士官ジェットストーム
CV:フィル・ラマール/吹:高木渉
バイザー状の目とブルーベースの(これらはビーストウォーズリターンズに登場する同名キャラをベースとしている)エリートガードの戦士。腕からの強風やビークルモードでの高速回転で竜巻を起こし、敵を翻弄する。

エリートガード超速戦士セーフガード
CV:上記の二名が同時演出
ジェットファイヤーとジェットストームが合体した姿。右半身をジェットファイヤー、左半身をジェットストームが構成している。二人の炎と風を合わせた「バーニングストーム」を武器とし、そのパワーはチームダイノボットサンストームを圧倒するほど。
ビークルモードでも合体できる。マグネット付きワイヤーを展開し牽引が可能。
日本語版ではお前と合体したいを合体時の掛け声としている。

活躍

各地でのディセプティコンの反乱は離散状態にしては不自然に連携が取れていたためスパイが暗躍しているのは間違いないと見なされ容疑がかかり逃亡したワスプを捕らえにセンチネルジャズと共に地球に訪れる。
来訪するも地球にいて技術進歩を知らなかったオプティマス達は飛行できるオートボットはいないとディセプティコンと誤解、自分を容疑者に追い込んだ事への復讐をしにきたワスプにすり替わられたバンブルビーは周りに追い回され、本当のスパイは別にいる事を知ってオプティマス達が伝えようとしても中々聞く耳を持たないセンチネルと混乱が相次ぐ。ワスプがボロを出し逃亡した事でようやく事態は落ち着いた。
その後オプティマス達から正体が漏れる事を予想していた本物のスパイウルトラマグナスを瀕死の傷を負わせ逃亡する。ワスプはワープエネルギーの暴走で消息不明となった後エリートガードは総司令官不在となった本星の不安定を収めるため潜伏していたサンストームブリッツウィングスィンドルラグナッツラムジェットを捕らえて本星へ帰還する。
帰還中のトラブルでディセプティコンに暴動を起こされるもオプティマスが救援に訪れ反撃にあたりスィンドルとラグナッツに逃亡されるも鎮圧。本星へ連行を済ませセンチネルが総司令官代理となり本星への対応に移って残ったディセプティコン達はオプティマスの部隊に任せる形となった。

関連イラスト

pixivimage:]

関連タグ

関連記事

親記事

アニメイテッド あにめいてっど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェットツインズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18037

コメント