ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ゼペリオンソルジェント
8

ゼペリオンソルジェント

8

ぜぺりおんそるじぇんと

ゼペリオンソルジェントとはウルトラマンオーブのフュージョンアップ形態の一つ。本編に登場しないゲームオリジナル形態。

「ネオフロンティアの超新星!もっと高く!光の輝きと共に!」


データ

身長50m ()
体重5万トン ()

ウルトラマンフュージョンファイト!カプセルユーゴー4弾のカード裏面の記載で初めて判明。(これまで公式サイトでも身長と体重までは記載されていなかった)


概要

ウルトラマンオーブウルトラマンティガウルトラマンダイナウルトラフュージョンカードフュージョンアップした形態。属性は「輝」。

本編には登場しない、「ウルトラマンフュージョンファイト!」オリジナルの形態。


多彩な光線技とダイナミックなマルチアクションで限界を超えた戦いをする。


ネオフロンティアスペースの戦士同士のコンビであり、平成三部作ファンにとっては興奮間違いなしだろう。上記の通り、登場時のキメ台詞もティガの主題歌に則っている。

ゲーム中のステータスは組み合わせるカードにもよるが、ヒッサツワザに優れている。


名前の由来はゼペリオン光線ソルジェント光線


容姿

メインカラーは赤、紫、銀、金、黒。


頭部はダイナをベースにしつつ、ティガのように削られたデザイン。


胸部から肩にかけての金のプロテクターは、ティガの二本線とダイナの一本線を合わせて三本線になっている。


ちなみにダイナを使うフュージョンアップで唯一ハルクの様な筋肉質な体系ではない


必殺技

  • マルチフラッシュスライサー

空中に飛び上がってから両腕で放つ光弾。ティガのハンドスラッシュとダイナのフラッシュサイクラーを合わせたような技。

カプセルユーゴー4弾のカード説明によれば、その威力はティガとダイナの光線連携技と互角との事。


  • ゼペリジェント光線
  • マルチフラッシュテレポート

完全超全集にて名前のみ判明している技。


関連タグ

ウルトラマンオーブ ウルトラマンフュージョンファイト! フュージョンアップ

ウルトラマンティガ ウルトラマンダイナ

パワーストロング…同じくティガとダイナの力(こちらはパワータイプストロングタイプ)でフュージョンアップした形態。

「ネオフロンティアの超新星!もっと高く!光の輝きと共に!」


データ

身長50m ()
体重5万トン ()

ウルトラマンフュージョンファイト!カプセルユーゴー4弾のカード裏面の記載で初めて判明。(これまで公式サイトでも身長と体重までは記載されていなかった)


概要

ウルトラマンオーブウルトラマンティガウルトラマンダイナウルトラフュージョンカードフュージョンアップした形態。属性は「輝」。

本編には登場しない、「ウルトラマンフュージョンファイト!」オリジナルの形態。


多彩な光線技とダイナミックなマルチアクションで限界を超えた戦いをする。


ネオフロンティアスペースの戦士同士のコンビであり、平成三部作ファンにとっては興奮間違いなしだろう。上記の通り、登場時のキメ台詞もティガの主題歌に則っている。

ゲーム中のステータスは組み合わせるカードにもよるが、ヒッサツワザに優れている。


名前の由来はゼペリオン光線ソルジェント光線


容姿

メインカラーは赤、紫、銀、金、黒。


頭部はダイナをベースにしつつ、ティガのように削られたデザイン。


胸部から肩にかけての金のプロテクターは、ティガの二本線とダイナの一本線を合わせて三本線になっている。


ちなみにダイナを使うフュージョンアップで唯一ハルクの様な筋肉質な体系ではない


必殺技

  • マルチフラッシュスライサー

空中に飛び上がってから両腕で放つ光弾。ティガのハンドスラッシュとダイナのフラッシュサイクラーを合わせたような技。

カプセルユーゴー4弾のカード説明によれば、その威力はティガとダイナの光線連携技と互角との事。


  • ゼペリジェント光線
  • マルチフラッシュテレポート

完全超全集にて名前のみ判明している技。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. 初恋の人との晴れの日に令嬢は裏切りを知る 幸せになりたいので公爵様の求婚に騙されません

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー