ピクシブ百科事典

ゼータ星アルコルのバド

せーたせいあるこるのばど

ゼータ星アルコルのバドとは、アニメ版「聖闘士星矢」のオリジナル展開「アスガルド編」のキャラクターである。
目次[非表示]

CV:水島裕

概要

年齢:23歳。身長:193cm。体重:84kg。誕生日:12月23日。血液型:不明。出身地:アスガルド。修行地:ワルハラ宮(データはギャラクシースピリッツにて判明)

ゼータ星ミザールのシドの双子の兄。
アスガルドの名門の家に産まれたが「双子は家を滅ぼす」というアスガルドの迷信のため生後すぐに雪の中に捨てられ、貧しい猟師に拾われて育てられた。
幼少期にふとしたきっかけで両親と幸せに暮らす弟のシドと遭遇し、彼との境遇の差を恨むようになる。

成長して神闘士となったものの弟の影としての存在しか許されず、同僚も彼の存在を知る事はないような状態にされておりさらに鬱屈した感情を募らせていた。
神闘衣は弟と色違いで、シドが緑に対し彼は白銀。

同僚であるエータ星ベネトナーシュのミーメフェニックス一輝と対戦していた際にはミーメを助けることもなく、影から戦闘を見て一輝の拳を見切っていた。

実力は同じ闘技を使うシド以上で、アルデバランを一蹴、黄金聖衣のマスクを破壊する程(人間で達成したのは星矢と彼、紫龍だけである)。
シドがに倒された後彼等の前に現れ瞬とシャイナを一蹴、更にフェニックス一輝をも天井や床にめりこませるなど圧倒する。
しかし鳳凰幻魔拳を食らい心の奥では弟を憎みきれていないことを指摘され動揺(実はかねてからシドのピンチには陰ながら加勢しており、シドの方も兄の存在と境遇を既に知っており心を痛めていた)。

一輝の高まる小宇宙に遂に追いつめられ、虫の息だったシドが残りの力で一輝を羽交い締めにして自分ごと撃つようにと言われるもシドを撃つ事ができず、敗北を認め力つきたシドを抱えて雪原へ姿を消した。その後、死因は不明ながら死亡したことが描かれた。

技:暗黒(シャドウ)バイキング・タイガー・クロウ

別名・表記ゆれ

バド

関連タグ

神闘士 聖闘士星矢
死兆星 別の作品で可視化された死亡フラグとして機能する

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼータ星アルコルのバド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4447

コメント