ピクシブ百科事典

タイラント・ドラゴン

たいらんとどらごん

遊戯王OCGに登場するドラゴン族の効果モンスター。
目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2900/守2500
相手フィールド上にモンスターが存在する場合、
このカードはバトルフェイズ中にもう1度だけ攻撃する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードを対象にする罠カードの効果を無効にし破壊する。
このカードを他のカードの効果によって墓地から特殊召喚する場合、
そのプレイヤーは自分フィールド上に存在する
ドラゴン族モンスター1体をリリースしなければならない。

概要

無敗将軍 フリード率いる戦士魔法使い連合軍と冥界の魔王 ハ・デス率いる悪魔の軍勢との三つ巴の抗争を繰り広げるドラゴンの群れの頂点に君臨する最上級モンスター。三勢力に属する全モンスターの中でも最高レベルの戦闘力を誇る巨竜で、羽ばたく風圧足踏みだけでも周囲を破壊し、口から吐く火炎弾は脆弱な盾や鎧など簡単に粉砕する威力を有する。「竜魂の城」と呼ばれる地を根城としているらしい。

青眼の白龍にも肉薄する高い攻撃力を誇り、しかも余程狂暴なのか相手モンスターを戦闘破壊すればもう一度攻撃のチャンスを得られる。さらには罠カードに対する耐性も有しており、小手先の妨害も通用しないという文字通りの「タイラント」。フィールドに現れれば戦局を一気にひっくり返しかねない実力者である。ただし、効果を利用する上では基本的にダイレクトアタックは不可能であり、聖なるバリア-ミラーフォース-などの対象を取らない罠には無力であるなど、穴が無いわけではない。
最上級モンスターを運用する上でよく利用される「墓地からの特殊召喚」に制限が設けられており、勿論普通にアドバンス召喚する場合も通常通りリリースが2体必要なので、召喚の際には多少なり手間と工夫が必要。手段は少ないが手札やデッキからの特殊召喚ならノーコストなので、可能であればこれらを利用したい。また、死者蘇生などで相手に利用されにくいというポジティブな考え方も可能と言えば可能。

罠カードを無効化する能力はあくまでフィールド上でのみ働く永続効果扱いなので、リリース可能なドラゴン族モンスターさえ用意できれば、墓地に存在するこのカードを罠カードの効果で復活させることは可能。特にリビングデッドの呼び声とは相性が良く、復活した直後にリビングデッドの呼び声自体を無効化した上で破壊するため、リビングデッドの呼び声のデメリットが打ち消され、完全な状態で復活させることができる。また、命の綱で復活させた場合はしっかり攻撃力アップの効果も適用されるが、元々戦闘力が高いこのカードではタイミングが難しい。ハーフ・シャットなどで再攻撃する機会をつくる・コストとして払うため運用できる火霊術でバーンにつなげるなど、ロマン要素はあるため、最上級モンスターを運用できるデッキであれば一枚添えることも検討できる。

遊戯王DMではドーマ編において真紅眼の黒竜エビルナイト・ドラゴンも失ってしまったダイナソー竜崎の新たな切り札として登場している。明らかに失ったものより強大な力を手に入れている。そして相変わらず切り札が恐竜族ではない。「タイラント・ドラゴン→暴君竜→ティラノサウルス」ということなのだろうか?

関連タグ

遊戯王 ダイナソー竜崎 ドラゴン族

pixivに投稿された作品 pixivで「タイラント・ドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 971

コメント