ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「クロノアクセス!ダブルベクター!!」

概要

タイムレンジャーの5人(初期メンバー)が武器とするクロノマイト合金製の2本の剣。50センチメートルの鉄棒を輪切りにする程の切れ味を持つ。

長剣は『スパークベクター』、短剣は『アローベクター』と呼ばれる。↓の画像で言うなら、タイムレッドの右手に持ってる方がスパークベクターで、左手の方がアローベクター。

自分たちの明日くらい変えようぜ。


スパークベクターは時計の長針、アローベクターは短針を模しており、普段はクロノ粒子の状態でストレージ・フィールドと呼ばれる亜空間に格納されている。使用時は「クロノアクセス!ダブルベクター!!」と発言しつつ、クロノチェンジャーから召喚する形で取り出される。

アローベクターに関しては、未来の金属「クリスタライズドメタル製」と呼ばれる刃先の色と、ラインの形がメンバー毎に異なる。
レッドが赤色の三角、ピンクが桃色のハート型、ブルーが青色のひし形、イエローが黄色の丸型、グリーンが緑色のダイヤ型。

基本は二刀流で敵を切り裂いて戦うが、順手持ちだったり逆手持ちだったりと戦況によって様々。時にはスパークベクター単体を両手持ちする場合もある。
柄の部分で合体すれば「ツインベクター(ツインモード)」という双刃刀、または両剣のような状態となる。
ツインベクター状態では「ベクターハーレー」という光線を放つことができ、離れた相手に攻撃できる。
しかし、スパークベクター単体でも発動することが可能であり、Case File 23「ビートアップ」でレッドが披露した。

スパークベクターの剣身部分にある『パワーボリューム』というスイッチを剣先に向かってスライドさせることにより、ビートアップで威力が上がり、様々な必殺技を発動することができる。この時、レンジャー達は「ビートアップ!」と叫びながらスイッチをスライドさせるが、叫ばない時もある。
↓剣身の中央とにあたる部分の間に赤色の小さなスイッチがあるが、それがパワーボリュームである。

新たな明日へ・タイムレッド


こちらもメンバーによって色が異なる。

青い何でも屋



主な技(※編集中)



玩具版(※編集中)


関連タグ

未来戦隊タイムレンジャータイムレンジャー標準武器(スーパー戦隊)武器未来武器二刀流時計の針長剣短剣両剣ダブルセイバーツインブレードロマン武器なにこれかっこいい

関連記事

親記事

未来戦隊タイムレンジャー みらいせんたいたいむれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブルベクター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 487

コメント