ピクシブ百科事典

CV:谷育子

砂隠れの里のご隠居。「」の赤砂のサソリの祖母。
かつては砂隠れでも屈指の傀儡師であり、実弟のエビゾウ共々歴戦の兵でもあった。


先の大戦で息子夫婦を伝説の三忍の名が霞むほど強いと言われたはたけカカシの父である木の葉の英雄・はたけサクモに殺される。その為、まだ幼かったサソリの世話をし、サソリに傀儡の術を教えた師でもある。


登場時は既に隠居しており、里の未来などどうでもいいと思っていた。「」に砂隠れの風影である我愛羅が連れ去られ里の上役のバキに協力を求められた際、この世に未練があるとしたら20年前に抜け忍となってしまった孫・サソリに一目会いたいと言うことかの、と呟いたところ、サソリが「暁」のメンバーである事を知らされ、ナルト、サクラ、カカシと共に我愛羅の救出に向かう。そこでサソリと20年ぶりの再会を果たし、悪人となってしまった孫を止めるためサクラと共にサソリと戦う。対戦時は、心を痛めながらも戦っている様子。最後はサソリが作った最初の傀儡・父と母(チヨにとっては息子夫婦)にサソリの核を突かせた。


ナルトに出会ったことで過去の自身の行いを間違いばかりであったと深く後悔し、自分にもまだ出来る事を考えるようになる。そして尾獣をとられた事で死んでしまった我愛羅に自身が編み出した自分だけの術、『己生転生』を使って我愛羅を生き返らせ、未来に希望を託して安らかに息を引き取った。

この術は己の命と引き換えに傀儡にすら命を与える転生忍術であり、本来孫・サソリに両親と会わせてやりたいと思い編み出した術だった。


5代目火影・綱手とは好敵手。
また山椒魚の半蔵とは何度も対戦したことがあり、半蔵の口寄せ動物であるイブセの毒を解析していた。

第四次忍界大戦では穢土転生され、君麻呂と共に行動し、カンクロウミフネと相対した。
穢土転生の魂が昇天する際(アニナル560話にて)には「傀儡師の技、しかと託したぞ!」とカンクロウに言い残し、その後「死んだふりもこれで終わりじゃ」と言いながら浄土に帰っていった。

pixivに投稿された作品 pixivで「チヨバア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128402

コメント