ピクシブ百科事典

ドクターバイオ

どくたーばいお

特撮番組『時空戦士スピルバン』に登場する敵、ワーラー帝国の幹部。

演・CV:高橋利道

概要

ワーラー帝国の幹部。バイオ軍団を率いる科学者で、侵略した星の住民に非道な人体実験を施したり、戦闘生物を作り出してスピルバンに差し向けたりしている。守護神ワーラー女王パンドラへの忠誠心は極めて高い。デスゼロウ将軍とは違い自ら前線に赴くことはあまりないが、戦闘時には剣と蔦状の鞭を用いて攻撃する。ただし本来戦士でないため、剣の腕は非常に拙い。

実はその正体は、スピルバンの故郷クリン星がワーラー帝国に襲われた際、生き別れになったスピルバンの父・ベン博士。ベン博士としての記憶は僅かながら残っているものの、洗脳により息子に対する愛情は消え失せている。その洗脳によって自分はドクター・バイオの姿となり、娘のヘレンもヘルバイラに改造したが、洗脳完了直前に傍らに居たヘレンの姿だけが記憶に焼き付けられたためにヘレンだけを溺愛し、そのためならば他の幹部や女王パンドラに対しても反抗の意思を見せることもあり、 時には作戦の阻害になってでもヘレンの意思を優先させるような、帝国にとっては背信行為をおこなっていた。

第21話で自らバイオロイドに変貌してスピルバンに戦いを挑み、腹部の目から放つ分身と胸部の触手、ゲル状化能力や手からの光弾、巨大な花に変化して花粉を浴びせる攻撃を仕掛けるも、ワーラーの仕掛けたトラップによってヘルバイラ共々爆炎に消える。
だが、脳と眼球と脊髄のみの姿となって辛うじて生き延びていた。この状態でも目から他者を転送する光線や当たった物を消滅させる光線を出す能力を持っている。また、エネルギーを高めることで一時的にバイオロイドの姿になることもできる。

第30話以降は生命維持装置に保管・幽閉されるも女王パンドラの恩赦によって復活。彼女を助けるためにコントロールボックスに触れ、ワーラー光線を浴びた事で元のベン博士の姿に戻り、洗脳も解かれた。 そして最終決戦時にスピルバン達の危機を救う。

関連タグ

時空戦士スピルバン ワーラー帝国

関連記事

親記事

ワーラー帝国 わーらーていこく

兄弟記事

コメント