ピクシブ百科事典

ドムドムハンバーガー

どむどむばーがー

1970年にオープンしたダイエー傘下の日本のハンバーガーチェーン店。

タグとしては表記揺れドムドムバーガーが圧倒的に多い。

概要

ドムドムハンバーガーとは、日本で最古のハンバーガーチェーン店である。
名前の由来はダイエーの理念である「良い品をどんどん安く」のどんどんに由来。
言うまでもないことであるが、ジオン公国某モビルスーツとは全く関係ない(というか、世に出たのはドムドムのほうが先である)。

創設者・中内功がダイエーの完全子会社株式会社オレンジフードコートの経営の下、マクドナルドが日本に進出する一年前に町田に第一号店をオープンさせた。
その後、食の西洋化やファストフードチェーンの国内における本格的な進出・普及の波に乗り、ドムドムも全国展開を行い店舗数を拡大、1990年代には350店舗を突破したこともあった。

お好み焼きバーガーチキンナゲットバーガーなど独特なメニューを出しているが、ロッテリアがそれ以上に個性的過ぎるためか、いかんせん影が薄い。

現在、親会社のダイエーの経営不振に伴う相次ぐ閉鎖により、国内に現存するのは70店舗にも満たない。都内ですらわずか3店舗。しかもどれも電車からアクセスしづらい位置にある。

「え、まだドムドムって存在したの?」は禁句である。

絵日記170216;ドムドム閉店へ。



マクドナルドなど、後発組の台頭により目立たない存在となってしまったドムドムだが、前述の通り一昔前は全国のあちこちに店舗が存在し、なおかつまだマクドナルドやロッテリア、モスバーガーといった同業他社が参入しておらず、独占的に営業していた地域も多いため、前述の独特で印象的なメニュー展開も手伝い、今も各地に根強いファンが点在しているのもまた事実である。
80~90年代、「地元の手軽なファストフードと言えばドムドム」だったという人は少なくないのではないだろうか。

2017年に入ると店舗の閉店にますます歯止めが効かなくなり、わずか数ヶ月で一気に約半分の36店舗にまで減少。本格的に絶滅危惧種の様相を呈しはじめた。
このような状態のためか、ついにオレンジフードコートが事業を手放す事態となり、5月にホテル不動産事業などを手がけるレンブラントホールディングスに買収されることが決定した。

レンブラントホールディングスに買収後はメニューの見直しを図るのを皮切りに、ロゴマークや社員の制服も変更するなど、様々な面で改革を実施している。
ちなみに、ドムドムのシンボルでもある印象的なのブランドロゴ(公式名「どむぞうくん」)は、どむぞうくんの周囲に楕円形の縁取りが追加された程度で大きな変更はほとんど行われておらず、旧来のファンを一安心させた。

リニューアルはWEB上の公式サイトも同様で、従来の大規模チェーン店の公式サイトとしてはあまりに時代錯誤なiモード用の貧相なデザインから一転、現代風の立派なものに変わり、ツイッターとフェイスブック用公式アカウントもオープンした。

他にも、メニュー面では9月に18年ぶりにお好み焼きバーガーを復活させ、決算を7%回復させたほか、再始動に伴い近い将来、さらに50〜100店舗の展開を目指す計画も発表。
その第一歩なのか、12月にはおよそ6年ぶりに新店舗がオープンする参考)など、再起に向けて攻勢を強めていく姿勢を明確にしている。

最古のハンバーガーチェーンという肩書きを持つドムドムには頑張って欲しいものである。

外部リンク

ドムドムハンバーガー

pixivに投稿された作品 pixivで「ドムドムハンバーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 755

コメント