ピクシブ百科事典

パネポンスマブラ大乱闘

ぱねぽんすまぶらだいらんとう

『パネルでポン』と『大乱闘スマッシュブラザーズ』のクロスオーバー二次創作作品。
目次[非表示]

概要

パネポンスマブラ大乱闘とは、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL発表に合わせ、
WAリでし氏が手掛けたパネルでポン大乱闘スマッシュブラザーズのクロスオーバー二次創作作品。
関連するシリーズについてもまとめて解説する。

ほとんどのキャラがキャラが面白い方向に崩壊していたりなど、ネタとして非常に手が込んでおり、海外からも高い評価を得るほどの人気ぶりである。

パネポンスマブラ大乱闘

スマブラアニメ第一話


スマブラのファイター+αが、リップやGC版、そしてオリジナルのキャラクターと『パネルでポン』で戦うシリーズ。略して『パネスマ』。
花の妖精リップが、しょうぐんヘイホーに奪われた光の宝玉を取り戻す冒険の最中に、マリオカービィをはじめとした任天堂キャラ+αと出会っていく。

基本的にはスマブラに登場する各シリーズのメインキャラ+αが登場するが、会社つながりでスマブラには登場していないシリーズのキャラもいる。(例:ぷよぷよソニックと同じセガつながり)

パラガスポン

センシティブな作品


パネポンスマブラ大乱闘の後日談にあたるストーリー。
スマブラに呼ばれず、任天堂からもまったく仕事がこないため平凡すぎる生活を送っているリップと、ブロリーMADの主役であるブロリーが、ドタバタカオスな冒険を繰り広げる。

新たなオリジナルキャラや、クラッシュ・バンディクー東方Projectなどスマブラとは無関係のメーカーのキャラも登場する。

ワリオ日和

ワリオ日和 -Wario Day- 「ライスカレーが食いたい」


ワリオを主役とした短編。

後述の『轟け!!我らがヘイホー軍』は、元々はこの動画における選択肢の一つ「ヘイホー軍本部の影」である。

あなたのコメントが世界を変える

あなたのコメントが世界を変える 第二話 ~怪しい招待状~


パネルでポンが始まる前からニコニコ動画で放送されたシリーズ。一応パネスマシリーズの前日談にあたり、パネスマ内でも多少こちらのシリーズのネタがあるが、先にパネスマシリーズを見ても大したネタバレはない。
また、今ではもう試聴できないが同時進行で「花っ子パラダイス」を投稿していたため、本作でも花子さん関連のキャラが多数登場する。
これらに関しては登場キャラクターの「花っ子パラダイス」の見出しを確認すべし。

轟け!!我らがヘイホー軍

ヘイホーVSスマッシュブラザーズ


『パネスマ』でさんざん醜態をさらしながらも活躍したしょうぐんヘイホーを主人公とした(?)シリーズ。
ヘイホーたちの宿敵であるヒーローたちを叩きのめすため、ヘイホー軍の恐ろしき(?)作戦が動き始める。

ここでのバトルはパネポン勝負ではなく、別のゲームを模したバトルが展開される。

次はオレ様たちが解説してやろう!

ドラゴンワリオ来臨


オレ様が世界で最もオレ様を愛してやまないWAリでしの奴にとって、シンボルでありマスコットでありアイドルであるワリオ様だ!
お宝は全てオレ様の物だと任天堂が設立した時から決まっているのだ!
『パネスマ』では「光の宝玉」というお宝を奪いとるため、各地を奔走したぜ!
もちろん他のシリーズでも何かしらの形で登場しているぜ!
オレ様の活躍ブリブリを、しっかり見届けてくれよ!

あなコメ1-3ED


イケメェンカワイイ☆プリ血ーな伝説の超やさい人ブロリーです…はい…
『パラガスポン』では「あなたの望む物な~んでもあげちゃう券」をゲットおおおぉぉぉぉして、リップちゃんとのデートおおおぉぉぉぉと、世界中のロリー独り占めの願いをかなえるため、リップちゃんと一緒に新惑星ベジータのオーディション会場へ向かう旅に出ているYO☆
邪魔するクズどもは血祭りにあげてやる…

【版権】轟く雷鳴のような声、設定年齢を無視した貫禄ありすぎる容姿


この拳王を知らぬ愚か者がまだおったのか。
…というわけでシーチキンたべたいラオウちゃんでございます。
『パラガスポン』ではナレーションとして次回予告を担当しています。でもナレーションだっていつでもセリフあるわけじゃないよ

「しかしWAリでしの奴、オレ様の事が一番好きな割には明らかに世界のハリウッドスターワリオ様の扱いが雑なのはどうしてだ…?」
「お前に最もふさわしい役柄である」by.自称世紀末覇者ラオウちゃん
「その通リーです…」by.伝説のちょう野菜
「フンガー!!!!」ニンニク臭いWなおっさん

センシティブな作品


オレ様たち「アホトリオ」は『パネスマ』以前にWAリでしがニコニコ動画投稿していた『あなたのコメントが世界を変える』(現在はyoutubeで順次公開中)の主人公だったのだ!
他の動画でも野菜やラオウちゃんがたまーに顔を出しているぞ!興味が湧いたら探してムワアアアアアアア!!

ヲリア「お前らが説明したって誰も喜ばねぇぜ… というわけでこれまでに登場したキャラクターの紹介だ」

キャラクター

ドーナ「おまけコーナーに登場した人たちも一応載せてるけど、会話に絡まない背景キャラなど書ける内容があまり無い人たちは、基本的に名前だけの記述に留めておくわ。あとセリフは全く喋らないキャラクターもいるけど、本編でメインで登場したキャラにのみつけているわ。」

リップ「どのキャラがどの回に登場するか知りたい時は次のように表記しているから確認してみてね。出番が多いキャラはシリーズごとの初登場時の回を表示しているよ」
パネポンスマブラ大乱闘 第一話→ス1話
パネポンスマブラ大乱闘 最終話→ス11話
パネポンスマブラ大乱闘 本当の最終話→ス12話
パラガスポン1→パ1話
轟け‼︎我らがヘイホー軍 第一話→へ1話
ワリオ日和→W
あなコメ→あ1話

ポップルス

妖精たちが住む夢の世界。
WAリでし氏などによる『パネルでポン』の世界観を大きく広げた二次創作(アーカイブ)をベースにしており、オリジナルキャラも登場する。

リップリオラ <オリジナル>
パネルでポン
闇の妖精 リオラ(創作)
「ママ…私、きっと立派な女王になるからね。」 「私は、お前の姉妹でもなければ親でも子でも従姉妹でもない。お前以上、或るいは、お前以下の存在。」
見た目はか弱い女の子だけど、ポップルスの現女王。『パネスマ』では「光の宝玉」を取り戻す冒険の最中に、スマブラのファイターたちとめぐり合い、そして成長していく。(ス全話、パ全話) 突如リップの目の前に現れた、闇の国出身の謎の少女。リップにそっくりな姿をしており、正義感が強く友達や仲間から慕われているリップに対して憎悪を抱いている。(ス9話)
コーデリアサナトス
女王コーデリア
パネポン サナトス
「リップ、良いですか?あなたは新たな世界を切り開く女王として、このポップルズを治めなければなりません。」 「ん?そう言えば、この光の宝玉って、どうやって使えばいいんだろ。」
リップの母親であり先代ポップルスの女王。サナトスの事件の際にリップの力を認め、女王の座をリップに託した。(ス1話)かつて妖精たちを暴走させリップたちの世界を支配しようとした魔王。光の宝玉強奪計画を提案した表向きの黒幕だが、どこか抜けている。イメージCVはサウザ銀河万丈。(ス3話)

以下は『パネスマ』のパネポンパートに登場したキャラクター。
第一話ソフィアローリア <オリジナル>
第二話セシルハイヤ <オリジナル>
第三話エメラ <オリジナル>リンゼ
第四話ティンククレア <オリジナル>
第五話メイス <オリジナル>ピュア
第六話イリョス <オリジナル>ピリカ <オリジナル>
第七話サリシー <オリジナル>シェリー <オリジナル>
第八話サラコーラル <オリジナル>
第九話レビン <オリジナル>ナティア

ヘイホー軍

マリオストーリー』のボスキャラクターの一人である「しょうぐんヘイホー」や、彼を元にしたオリジナルキャラクターが所属している。

しょうぐんヘイホーヘイホー
夏コミについて
へいほ~
「ではいざゆかん!我等が主のもとへ!!」
クッパのもとに仕えるヘイホー軍の将軍。将軍という役職をもらっているが、お世辞にも優秀な人物とはいえず、ところどころでやらかしている。トップの親父からはバカ息子と呼ばれ、部下からも内心見下されている。(ス全話、へ全話)しょうぐんヘイホーにこき使われている普通のヘイホー達。ざっと千体以上はおり、各個体は番号で区別されている。(ス1話、へ1話)
将官ヘイホー <オリジナル>秘書ヘイホー娘 <オリジナル>
しょうぐんヘイホーの親父ぃで、ヘイホー軍のトップ。白いひげを生やしている。(ス8話)進撃のYを捕獲している大人のお姉さん。彼女をはじめとした女性のヘイホーはヘイホー娘を元にしており、身が高く表情も変化する。(ス8話)
兵ヘイホー <オリジナル>
しょうぐんヘイホーの部下達。先陣を任された274は『マリオストーリー』のシステムを熟知しており、ゲームシステム上の宿命に反する行動を見せる。(へ1話)
No.140(イシマル) <オリジナル>No.87(ヤシチ) <オリジナル>
イシマル
「ば~か、勝てるとわかってる相手と戦って何が面白ぇんだ。」「せっかくこれからシオカラーズのLiveだと言うのに、ホタルたんの顔も拝めずに帰還することになるとは…」
12人いる隊長ヘイホーの一人で、一番隊隊長。剣術がめっぽう強い。強い奴が大好きで、言動は荒っぽいがフェアプレイ精神をもっている。同じ隊長ヘイホーのヤシチとは犬猿の仲である。(へ1話)二番隊隊長。拳銃を使った戦術を得意とする。タイマンにこだわるイシマルに嫌悪感を抱いており、隙あらばヒーローもろとも抹殺しようとしている。可愛い女の子を愛するオタク気質でもある。(へ1話)
No.775(ナナコ) <オリジナル>
「直ちに帰還せよ。兵長がお呼びだ。」
三番隊隊長。武術を使った戦術を得意とするヘイホー娘。ドラマを見るなど女性らしい趣味を持つ。(へ1話)

スーパーマリオ(含ヨッシー)

01.マリオ05.ヨッシー
ペーパーマリオ
北斗百でっていうw拳
「ボクもアイツ等から光の宝玉を取り替えすのを手伝うよ!」「口直しに貴様から食らってやるわあああぁぁぁ‼︎」
『スマブラ』でも基本となるファイターとして設定されているだけあり、『パネスマ』などにおいても「基本」となるキャラ付けがされている。声は90年代前半までを意識しており、声優ネタも披露する。(ス1話、パ1話、へ1話、W、あ2話)しょうぐんヘイホーからは進撃のYと恐れられている。しょうぐんヘイホーが投げつけた腐ったパンを食べたことにより発狂し、たまたま通りがかったリップを襲った。(ス2話、パ4話)
09.ルイージ13.桃姫
2体目
🍑
現時点では目立った出番はないが、てれびっこの『マリオとヨッシーの冒険ランド』における「ルイジ」がベースになるとのこと。(ス4話…アイスクライマーパートでウィンドウの影で氷漬けになっている)メンタルが弱く、ちょっとしたことで泣き出してしまう。しまいにはクッパやエスカルゴンに助けを求めることも。(ス12話、パ1話、あ2-2話、W)
13'.デイジー14.クッパ
おてんば姫可愛いよ!可愛いね!!
ツンツンデレデレ
「やっとこの私もスマブラファイターの一員になったんだもん!」 「ワガハイの部下は優秀なのだ!任せておけば問題ない!」
スマブラ参戦が決定したことにより調子に乗り始め、通りがかりのリップに無理やり勝負を挑もうとしたところにブロリーが乱入し、背景の山々に叩き込まれた。(パ2話)しょうぐんヘイホーに光の宝玉を奪うよう命令した張本人。性格は『スーパーマリオくん』にやや近い。イメージCVはウイグ郷里大輔。(ス3話、あ2-2話)
キノピオキノミ <オリジナル>
あなたのコメントが世界を変える 第二話 ~怪しい招待状~
「死にたくなければ姫を助けてやれ。」
頼りない原作から一転して、怒らせると北斗神拳伝承者のような姿になる(画像上側中央)。誰が言ったかキノシロウ。(W、パ4話、あ2話)ピンク色のハート型の斑点が印象的な女性のキノピオ。普通の市民だがしょうぐんヘイホーより強い(というかしょうぐんヘイホーが弱い)。(へ1話)
ノコノコボムキング
ノコノコ
男キャラ多め落書き
ボムキングの戦場でワリオ達にかけっこ勝負を挑むが、ブロリーのインチキゴールを注意して消し済みにされる。(あ2話)ボムキングの戦場のボス、原作同様ワリオ達に勝負を挑むも瞬殺される。(あ2話)
バッタンキング
\バッタン/
バッタンキングの砦のボス。ブロリーにより砦ごとバラバラにされる。(あ2-2話)



スーパードンキーコング

02.ドンキーコング36.ディディーコング
元 帝王
何故か原作『スーパードンキーコング』のグラフィックで登場。声は『スマブラ64』および『スマブラDX』のもの。(ス2話、パ3話)現時点ではディディー本人ではなく、サル化したピットの顔としてのみの登場。(ス5話…ピットの顔として登場)


ゼルダの伝説

03.リンク17.ゼルダ
ゼルダ時オカ
時オカゼルダ姫様
「ナビィの代りにお前が付いてこい!!!」
最近は青い服が活躍しているが、ここでは『時のオカリナ』版。見境なく剣を振るうバーサーカーで、やたらと顔芸を決める。『パネスマ』終盤で唐突に喋るようになり、結構口が悪い。(ス3話)同じく『時のオカリナ』のゼルダ。悪人に助けを求める桃缶にツッコんでいる。英字表記がZeldadadadadaなのは気にしないでおこう。(ス12話)
23.ガノンドロフ43.トゥーンリンク
横Bおじさん
風のタクト
「もうカービィのスターアライズ全クリしたからDVD観るしか道はないのだ!わかったかこのブス!!」 「あ〜ざんね〜ん!これにはカレーに必要な玉ねぎは入ってませ〜ん!」
見た目は『スマブラDX』だが、『X』や『for』と同様に雑な扱いを受けており、魔王とはおもえないくらいカリスマが崩壊している。ぶっちゃけお茶の間で暮らしているただのおじさん。(ス3話、パ4話)猫目が印象的なショタ版リンク。やはりというか普通に喋り、お調子者で少々自分勝手な性格をしている。(W)



メトロイド

04/29.サムス65.リドリー
センシティブな作品
リドリー
「だから怒ってんだよ!!!!!」
しょうぐんヘイホーにパワードスーツの頭部以外を盗まれているため、生身の姿で登場。やたらと尻が強調されている。全く喋らず、変な動きで伝えようとする。(ス3話)リップを連れ去ろうとした所で、運悪くブロリーと遭遇してしまう。沸点は低く、某店で買ってきたハンバーガーを落とされただけで激怒する。実は喋れる。(パ1話)



星のカービィ

06.カービィアドレーヌ
Break fast
アドレーヌ
虐待もといボコられ役に定評のある、食べ物と歌にしか目が無いピンクボール。基本的に「ぽよ」としか喋れないが、普通に喋る時は普通に流暢。(ス1話、パ2話、へ1話、W)ダムドにナイフを刺されたワリオに筆を奪われ、落書きが世界中にばら撒かれてしまう。(ス9話、パ5話、W)



スターフォックス

クリスタルを除き、何故か顔が『スターフォックス64』に準じたローポリ仕様になっている。

07.フォックス20.ファルコ
ファイアフォックス
鳥類
「お前にはたっぷり弁償してもらうから覚悟するんだ!!」
しょうぐんヘイホーに壊されたアーウィンをリップが壊したと勘違いし、ブラスターを構えて激怒する。『パネポン』で負けると何故か爆散する。(ス2話、パ5話)ダックハントのカモ役として登場。攻撃の際は彼がワイルドガンマンになる。声は声優ネタで『世紀末救世主伝説』の敵キャラのものを使用。こちらも負けると爆散する。(ス8話、パ5話)


ポケットモンスター

08.ピカチュウ69.ガオガエン
ギザギザ模様のぼくのベストフレンド
ガオガエン
初期のデザインで登場。たまに声優ネタで某トナカイ某少年探偵団のセリフを喋る。(ス1話)ウィアロ打倒を目的として、アイクやケンと共にウィアロを仕留めにかかったが、返り討ちにされる。ピカチュウが基本「ピカ」と鳴くのに対し、何故か喋れる。(パ5話)



MOTHER

10.ネス37.リュカ
ネスサン
「でべそはお前だ〜!!!」
原作から一転してかなり強気で、特技はPKツッコミ。ハンバーグという言葉を聞いただけでつられてしまうほどのハンバーグ好き。他のキャラよりも明らかに出番が多く、音MADも作られた(ス4話、パ5話、ヘ1話、W)気弱なタツマイリの少年。この世界の人達は例外なくおならやおもらしをさせられているのだが、中でもリュカはおもらしキャラの筆頭という扱いを受けている。(ス4話、パ5話)
クマトラママ&トレーシー
クマトラ
リクエスト その4。
レストラン「GAME & FOOD」で注文しようとしている最中にワリオに割り込まれ、彼に恥ずかしいダンスを真似されてしまう。(ス6話)ネスの家族。ママはおもらしのことでワリオにイジられるネスを楽しそうに見ていた。(W)


  • ニンテン(ス12話…エンディングに登場、パ3話)
  • ポーラ(ス12話…エンディングに登場)
  • ポーキー(パ5話…おまけコーナーに登場)

ファイアーエムブレム

21.マルス32.アイク
「マルス!!」→「目がぁぁぁぁぁぁ!」
ソレより美味い肉を喰いに行く
「無視するなよ~!!!また一人ぼっちになっちゃうだろ~!!!」「ききき、気色悪いんだよホモぉぉぉぉ!!!!」
ナルシスト・マザコン・かまってちゃん・泣き虫・ヘタレと、マルスを名乗る王女が見たら失望するレベルの情けない男になってしまっている。リップも世話の焼ける先輩と呆れていた。(ス4話)暁版の肉が大好きな屈強な勇者。因縁があるのか、イシマルからはアイちゃんと馴れ馴れしい呼ばれ方をされている。というか本人もそっちの気があるような発言をしている。(パ5話、ヘ1話)


21'.ルキナ、56.ルフレ(女性)、62.カムイ(女性)
ルキナちゃん
ルフレ
カムイちゃん
パラガス&ウィアロパートの被害者もといバニーガールとして登場。(パ2話)


光神話 パルテナの鏡

28.ピット54.放屁の女神
安直
センシティブな作品
「サテハぱるてな態ノ猪木ヲ姥胃ニキタキタ親父!?」
情緒不安定でカタコト。よく某名探偵のセリフを喋ったり、某名探偵のメガネを付けたり、自分がサル化したりする。(ス5話)新・光神話』とは性格が全く違い、かなり高圧的。ワリオに絡まれた結果、名前を放屁の女神に変えられた。(ス5話)


パンチアウト!!

49.リトル・マック ※画像は別人ですドック・ルイス
【ぷよ】ここにいるってば!【ぷよ】
ドックルイス
この話では某ここにいるのように虫程度の大きさしかない。そんでもって見た目が完全にあれである。(ス6話)こっちもこっちで見た目が完全にこれ。眼帯も完備している。(ス6話)


メイド イン ワリオ

30.ワリオに関しては上述。

アシュリー&レッド
アシュリーちゃん
偶然にもワリオと時を同じくして、プリンプタウンにたどり着いた。レッドはワガマ魔女2人に実験材料扱いされる。(ス7話)


どうぶつの森

45.むらびと
センシティブな作品
恐怖の村長。彼が現れている間は、穏やかな村が一瞬で荒廃の地へと化す。いつものようにリップの服をかいだり、風呂をのぞいたりなどしている。たまに世紀末覇者化する。(ス6話、パ2話、あ2-2話)



ARMS

スプリングマン
スプリングマン
「ピザで腹が満たされたパンチは格別だ!」
カタコト外国人風の喋り方をする。のびーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーるアームがないと攻撃できないと言う彼を、ブロリーはゴムゴムの実でも食ったとしか思えないパンチでふっとばした。(パ5話)



その他任天堂作品

11.キャプテン・ファルコンF-ZERO15.アイスクライマー
ファルコン・ランチ
"I will never forgive you !! god damn you!" ポポ「ぼぼ ぼくは!とても光栄な限りです!!」 ナナ「だめ~!!!ポポは私の~!!あんたなんかにあげないんだから~!!」
英語しか喋らないため、リップ達は彼の言っていることが全くわからない。負けた腹いせに暴れるという大人げない一面も。何故かホットドッグを持ってきていた。(ス3話)優しい性格のポポと、大嫉妬幼女のナナのコンビ。変人揃いなファイター達の中ではまともな方で、『パネスマ』終盤では出番と喋るシーンがそこそこ多い。(ス4話、パ5話)
26.Mr.ゲーム&ウォッチ40.ピクミン&オリマーピクミン
影虫
ピクミン
「世界ノ源デアル、光ノ宝玉ハ、言ワバ世界全テソノモノ。」
光の宝玉を意地でもリップに返さないガノンドロフを裏切り、代わりに彼が宝玉を手にすることになり、真の黒幕のところへ差し出そうとした。その真意は…(本当の最終話を参照)(ス3話)ホコタテ星の運送業者で働く苦労人と、彼に付いてくる不思議生物。ピクミンに好かれたリップに嫉妬し、オリマー本人とは思えない怖すぎる形相でハンマーで殴りつけた。(ス5話)
42.HVC-012(ファミリーコンピュータ ロボット)47.Wii Fit TRAINERWii Fit
ファミコンロボ
WiiFitトレーナー
「ポンコツって言ったな~!!ひげ~~~~~!!!!」「背筋を伸ばして、体をまっすぐにしましょう。」
しょうぐんヘイホーにポンコツと呼ばれ、「ひげ~~~~~!!」と怒ってリップを巻き添えにして暴れだした。(ス5話)体がとても柔軟だが、この作品では柔軟の域を超えており、もはや人間業ではない体勢にもなれる。何故か大食いでポテトチップスを食べまくっては、よく腹を壊す。(ス6話)
57.シュルクゼノブレイド59.ダックハント
シュルク
ダックハント
「穏やかじゃないですね。」
女性の気持ちを察するのが苦手で、リップに対してはいたいけな少女に対して全裸で現れた。パネポンバトル開始時にはダンバン(とサイヤ人の王子)の声が聞こえる。(ス7話)猟犬はいたって普通だが、カモの顔が何故かそうめんになっている(上述)。また、リップには「ダックマン」と名前を間違われてしまっている。(ス8話、パ5話)
64.インクリングスプラトゥーン
インクリング
「アンタも塗り合おうZE☆」
大まかなイメージ通り、最近の若者らしいアゲアゲな性格をしている。リップにインク攻撃した際、ブロリーにもインクが飛び散り、彼の怒りを買ってしまう。(ス12話、パ3話)



コナミ作品

31.スネークメタルギアソリッド66.誰がどう見てもゼルダ悪魔城ドラキュラ
ソリッド・スネーク
なかよしシモゼル
「アイツめ、後もう少しで任務が完了する所だったのに。」 「いったい何を言っている・・・!」
何故か『スマブラX』の3Dグラフィックそのままの姿で登場。しょうぐんヘイホーのせいで任務を台無しにされその仲間だと思ったリップに賠償として、とてつもない金額を要求してきた。(ス7話)『スマブラSP』のゼルダと髪型がクリソツであることをネタにされる男(画像左側)。ここでもリップやガノンドロフにゼルダと勘違いされ、ブロリーにいたっては可愛くないゼルダとして始末対象にされた。(パ5話)
ゴエモンがんばれゴエモンエビス丸(がんばれゴエモン)
藝夢伽羅
スマブラにゴエモンも出すべき
出しゃばろうとしている間にスネークに潰される。一之助から「続!!次回」の紙を奪った。(ス7話)彼もまた出しゃばりなのか、『パネスマ』第七話のエピローグで唐突に登場。(ス7話)
ロイ・キャンベル(メタルギアソリッド)ミミ&ニャミpop`n music
大佐へ。
みみにゃみ
スネーク戦の最中に、無線でリップについての説明をする。(ス7話)ワリオをライブに誘おうとするが、断られる。(ス11話)
([∩∩])
([∩∩])<みっとも無い
元はハドソンのキャラクター。第七話のオマケのバトルに登場。(ス7話、パ5話)


  • ヤエ(がんばれゴエモン)(ス7話)

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

38.ソニックテイルス
ソニック詰め⑥
テイルス
「俺は先に行っとくぜ!」
ひたすら走り続ける世界最速のハリネズミ。リップより先にサナトス達のもとへ向かおうとしたが…(ス7話、パ4話)敗れたソニックを助けるためにクレーンを使うが、エラー発生により失敗に終わる。(ス7話)
Dr.エッグマン
ドクターの優雅な朝食
ソニック戦の最中に、怨敵であるソニックに対して妨害を行う。(ス7話)


ぷよぷよ

コンパイル時代から登場しているキャラはそちらに準拠。

アルルシェゾ
ばっよえーん!
闇の魔導師
※リップとアルルが出会うのは、まだ先の話でした by WAリでし(ス7話、パ3話)ベヨネッタの「変態」という言葉につられて乱入してきた。(ス9話、あ2-2話)
ウィッチ
twitterで描いたやつまとめ8
ワガマ魔女の片割れ。もう片方のワガマ魔女に箒を奪われたりワガママ拳王のタクシーにされる。(ス7話、あ2-2話)
アミティあんどうりんご
May 5th
りんご(ver.ぷよテト)
ダムドに捕らえられていたところ、ワリオの落書きにダムドごとボコボコにされる。(ス9話)ブロリーのタイプの許容範囲のため、ブロリーに捕まるはめになる。(パ4話)


ロックマン

46.ロックマン
ミラクルキッド
理由もなくリップと戦う。『スマブラ』と同様に全く喋らず、無表情。ちなみにロックマン戦のBGMはカプコンつながりで魔界村のものとなっている。(ス8話)
ロール&Dr.ライト
センシティブな作品
ライト博士
こっそりワイリーを倒していたワリオをロボット扱いする。ロールは『ロックマン8』のデザインで登場。(ス8話)



ストリートファイター(含ファイナルファイト

60.リュウ60'.ケン
見返りリュウ
Ken (Ultimate)
「卑劣な手を使っては戦いとは呼べん!素手で戦ってこそ男だ!!」
とにかく熱血で真剣勝負にうるさい。その癖に「素手で戦ってこそ男だ!!」と言っておきながら、自分は武器を大量に投げる上に骨化もする。拳はどうした。(ス9話)ウィアロ打倒を目的として、ガオガエンやアイクと共にウィアロを仕留めにかかったが、返り討ちにされる。(パ5話)
ダムド
忠告を無視するワリオに対して(アミティを人質にしながら)平和的解決を持ち掛けるが…(ス9話)


ナムコ作品

55.パックマンタクト&カリンワギャンパラダイス
パックキャンディー
3つのランプが光る順番を覚えて…。
ピザみたいな形でお馴染みの黄色い伝説。彼とのバトルは何故かパネポンバトルではなく、クイズ対決になっている。(ス8話)クイズ対決に登場。タクトは回答者の一人、カリンは司会を担当。(ス8話、パ4話)



ファイナルファンタジーⅦ

61.クラウドセフィロス
クラウド
sephiroth
「こんな物が世界の命運を分ける訳ないだろう。やだね。」
どこかの六つ子の長男みたいに自分勝手な行動をしたり、パネポンバトルで負けると彼の顔になったりする。何故かスペルが"Cloudo"になっている。(ス9話、パ5話)シリアスな雰囲気の中、イカを食べていた。直後、イカを奪ったワリオを切り刻む。(ス9話、パ5話)


ドラゴンクエスト

伝説の魔物使い「ぬわーーっっ!!」の人もいた?あれは彼らに扮した悪魔親父ぃだ。
なお、スマブラに参戦した勇者の一人はサムネイルのみの登場。

エスタークりゅうおう
災厄の王
りゅうおうさん
「我が力、衰えを知らず。妖精風情など、ひねり潰してくれるわ…」
目が覚めたら何故かスライムの姿になっていたが、実力は変わっておらず、勇者一行を瞬殺できる力を持っている。エスターク戦では相手が神だからか、珍しくブロリーがまともに戦っている。(パ3話)間違って侵入してきたしょうぐんヘイホーの「光の宝玉」という言葉に反応。最初はポップルスの女王に返すように指示したが、結局すぐに欲しがるようになった。(ス9話)


Undertale

口調は一人称を除き、非公式の日本語訳版に基づいている。

サンズニンゲン
Sans
カッコよく構えたいそうです
「妖精も苦労してるなぁ」
ブロリーがバーガーにポン酢をかけることをサンズにバカにされたと勘違いしたことにより衝突。原作のネタバレになるが、MAD補正込みのブロリーの猛攻すら難なくかわせる身のこなしをもつ。(パ4話)恋のPSI』で普通に名前を名乗っていたりするが、ここではネタバレに配慮して「ニンゲン」と表記しておく。(パ3話、あ2-2話)
フラウィ
フラウィ
『パラガスポン4』の被害者の一人。性格を考えたら「ざまぁw」と言いたくなるが。(パ4話)


東方Project

アリス東方Project博麗霊夢東方Project
ジューンブライド
霊夢
「って、なんで無視すんの!?人の好意をなんだと思ってんのよ!」 「あの三大欲トリオめが~!!!」
本来ならブロリーのタイプに当てはまりそうだが、名前の末尾が「ス」のせいでスルーを決められた。相方的存在の上海人形はどこかで見たことあるブサイクな顔になっている。(パ5話)ブロリーとワリオの喧嘩に巻き込まれた挙句、持ち金、食料、唇を奪われ鬼巫女と化した。(あ2話…冒頭とおまけに登場)


他メーカー、非ゲーム出身

63.ベヨネッタ73.バンジョー&カズーイ
ベヨネッタ
バンジョー&カズーイ
「こんな作り物で私を黙せるとでも思ったの?」
天使を狩りながら生活しているアンブラの魔女。世間でのイメージは痴女。わりとまともな方だが、どこかズル賢い。(ス9話)バンジョーの演奏に心を奪われるリップに対し嫉妬心を燃やしたブロリーは負けじと歌ってリップを惹こうとするも、うるさいとののしられる。というか音楽自体どこぞのツインテールの曲で聞いたことあるような…(パ3話)
エロ過ぎ厳禁エロ舞ちゃん860円ご乱心verクラッシュ・バンディクー
不知火舞
クラッシュ
「不知火舞!スマブラ不参戦!」
衣装がCEROに引っかかるためスマブラへの登場が禁止されてしまった『餓狼伝説』のヒロイン。本人もそのことを相当気にしており、スマブラへの参戦のためなら何でもするスタンスになってしまっている。(パ4話)あんどうりんごリンゴ目当てでブロリー達を弾き飛ばしたことが原因で、彼に追われる羽目になる。パネポンバトル(?)の代わりに、「クラッシュ万事休す」に載せてただただカオスなコメディアニメが流れた。(パ4話)


74.テリー(餓狼伝説)、コルテックスクラッシュ・バンディクー
SNK
クラッシュバンディクー2描いた敵キャラまとめ
おまけの育成パートで神と化したブロリーにデデられる。テリーに至っては帽子しか映らず、あろうことかサムネでブロリーに衣装を奪われた。(パ4話)


大乱闘スマッシュブラザーズ

マスターハンドタブー
マスター
タブー
「ふはははははははは!!!」「さあ来るがよい。お前の力を…見せてみよ…!」
キャラ選択画面では何時も馬鹿うるさくキャラの名前を叫ぶ癖に「ふはははははははは!!!」としか喋らないことを突っ込まれる。(ス11話)亜空軍のボス。顔と体のバランスが明らかにおかしく、妙に小物臭い。リップがポップルスの女王としてふさわしいか試すために今回の騒動を引き起こした、かと思われたが…(ス12話)


  • キーラ(パ4話…クラッシュパートのアニメの背景に登場)
  • ダーズ(パ4話…クラッシュパートのアニメの背景に登場)

ドラゴンボール

いずれもMAD準拠の設定になっている。ブロリーに関しては上述。
また、この世界の超サイヤ人ブルーは、どんな手を使って超サイヤ人ブルーヘアーの妖精に負ける

パラガスベジータ
よく見ろ、地獄に行ってもこんなムチムチ太ももは見られんぞ
作画崩壊!悟空とベジータ
「これで、お前は私の物だ。ではまずは、その手で、私のパンツを変えるがいい」 「ぃ、今のは冗談や!ほな俺、帰るわ!」
下品なブロリーの親父ぃ大人のお姉さん達を捕らえてバニーガールの衣装を着せているが、よくシカトされる。(パ全話、あ2話)原作でのプライドの高さを微塵も残していないヘタレ王子。リップからオーディションに必要なチケットを奪おうとしたところ、ブロリーにフルボッコにされる。(パ1話)
虫ケラ科学者ですじゃ
人知れずロマンチストね
タコですじゃ!
「悟飯のメイド服を買ったり、悟飯のバニーガール衣装を買ったり(ry」
10円が口癖の仙豆係。やたらと奇怪な動きをし、ふぬけた顔をしていてキャラも別人になっている。その上、悟飯に対するショタコンっぷりがすごい。(パ2話)パラガス配下のタコ。暴走したパラガスをなだめるために登場。(パ2話)


おーーーい!!なぜ俺の名前g(ry

女体化

マルス王女リン子
パラガスポン
「…やっぱしワリオさんじゃないですか~!」
性転換前ほどやかましくはないが、ヘタレでかまってちゃんなのはそのまま。命の恩人である「流離のW」の事を「ワリオさん」と呼び、勝手に彼に付き添っている。(パ1話)性転換前とは対照的に大人しく、原作通りに無口。マスターソードが抜けなくなってしまったところを「流離のW」に助けられ、勝手に付いていくことにした。(パ2話)
クラ美雨宮 あき恵
雨宮あき恵
「あたしはアンタに興味ないけど、アンタはあたしに興味あんでしょ?」 「ちょっとおぉー!!!私の名前に「ス」は付いてないでしょー!!?」
「流離のW」曰く「やっぱしカツラじゃねぇ…!!!それに骨太でもねぇ…!!!しかも胸がでけぇ…!!!!」。好意があるんじゃないかと言われると、急にツンデレっぽくなる。(パ3話)怪盗なのに見た目が美少女戦士。「流離のW」のハートをいただきに参上したが、名前に「ス」が入っていないのにお供揃ってガン無視される。(パ4話)
ゴジータ♀
おまけコーナーで超サイヤ人4の姿でブロリーと戦う。結果はブロリーにMAD補正がかかっている時点でお察しください。(パ1話)


花っ子パラダイス

宮ノ下さつき(学校の階段)世未(花子さんがきた
センシティブな作品
ymsn+
あなコメのヒロイン。ひょんなことからアホトリオの面倒を見る羽目になり、怪奇現象よりも苦労する羽目になっている。(あ2話)キノコ王国を自分の国に作り替えるため侵略したがキノシロウにより吹っ飛ばされる。(あ2-2話)


  • 花ちゃん(あ2-2話)・・・スタジオぴえろ学校の怪談の花子さん。宮ノ下さつきが登場する学校の怪談と同じ作品で、青い髪が特徴。
  • ハナっち(あ2-2話)・・・コミックブンブン学校の怪談の花子さん。赤い和服を着ている。
  • ハナピー(あ2-2話)・・・臆病なトイレの花子さん。WAリでし氏のオリジナルの花子さん。黄色い服と腹をよく下すのが特徴。

その他

ウィアロ <オリジナル>ヲリア <オリジナル>
WAリでし様宅のヲリアさん
「オーディションの開催日が、楽しみですな~。」 「ワリオなんて汚ぇおっさんと一緒にすんじゃねぇ…」
リップの目的である秘書選考のオーディションの応募を募った張本人の「W」。超がつくほど金持ちで、あらゆることをそつなくこなせる完璧超人。イメージCVは大塚明夫。(パ全話)「流離のW」を名乗る風来坊。クールでそっけない性格だが、何故か女体化したファイター達に付きまとわれる。イメージCVは大塚芳忠。ちなみにヲリアとマルス王女はこのイラストが元である。(パ1話)
撥 一之助 <オリジナル>ちゃおっ娘一家 <オリジナル>
『パネルでポン』のCMをモチーフにした謎の旅芸人。『パネスマ』の次回予告を担当。イメージCVは千葉繁。(ス1話)『パネスマ』第九話にちょっと出ただけで、結局まともな出番がないままの四姉妹。『遊遊記』のちゃおがモチーフ。(ス9話)
ドーナ <オリジナル>
ドーナちゃんと手乗りしきかんどの
恋のPSI』の主人公。おまけコーナーに作者の代理人のような形で登場することが多い。(パ4話)


関連動画

ウィアロ「このパネスマ第一話では関係ないが、視聴者の君達にはまず臀部ネタへの耐性を付けることをお勧めするよ」


※公式ではありません

関連タグ

パネルでポン クロスオーバー
スマブラ ドラゴンボール ブロリーMAD マリオストーリー

恋のPSI:同じくWAリでし氏が手掛けているシリーズ。

関連記事

親記事

版権クロスオーバー はんけんくろすおーばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パネポンスマブラ大乱闘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454

コメント