ピクシブ百科事典

ビリッチ(ONEPIECE)

びりっち

ビリッチとは『ONEPIECE エピソードオブルフィ』に登場する軍人である。
目次[非表示]

概要

世界の均衡を司るという三大勢力の一つ、海軍本部
その海軍で将官である「准将」に属している。
顔の右半分が黒く塗られ、作り物の蛇を右腕に着けている。
巨漢で、身長はルフィの倍以上(千巻設定画より)。
アニメオリジナルキャラクターのため、原作には登場していない。

プロフィール

本名ビリッチ
通り名無し
肩書き准将
標語不明
能力無し
出身地不明
主な部下不明
CV龍田直樹


能力

ハンドアイランドの職人に作らせた様々な兵器で戦う。
能力、覇気は持っておらず、完全に兵器頼りな人物。
しかし、兵器に頼った戦闘力は半端ではなく、准将とは思えないほど強い。
ひとたび「エリザベート」と呼ばれる兵器に搭乗すれば、六式の「」を凌駕する速度と対能力者用の砲弾でギア2のルフィをも追い詰める。

性格

大将になろうという野心を持っており、億越えの賞金首を捕えて自らの功績にしようとしている。また大将"黄猿”を尊敬し基地に彼の肖像画をかけている。
能力なしで大将になってみせる、能力者だけが強者ではない、などのセリフからもわかるとおり、能力者ではないことにこだわりを持っている。

活躍

登場したのは劇場版第12作目『ONEPIECE FILM Z』公開記念として同映画の公開日に地上波で放送されたアニメスペシャル『ONE PIECE エピソード オブ ルフィ ハンドアイランドの冒険』で、新世界の島ハンドアイランドの海軍基地の指令として登場した。この島は海賊"白ひげ”の死による白ひげ海賊団の弱体化で同海賊団のナワバリで無くなってしまった島の1つで、海軍は島の防衛のために基地を設営し、司令としてビリッチを派遣していた。しかしビリッチは、ハンドアイランドの優秀な職人達に「島の守備のため」と基地に巨大大砲を設営させると、その大砲を使いハンドアイランドの町に砲撃して島民達を恐喝し、島の支配者となっていた。

島で権力者として好き勝手職人達をこき使い、海軍基地の増強を行っていたビリッチだったが、とうとうその悪行が本部に感づかれ、本部は補給艦の責任者を装わせコビーヘルメッポを基地に査察へ向かわせた。また、それと並行して、ひょんな事からやってきた麦わらの一味を自身の出世のため捕らえようと戦いを仕掛けたため、ビリッチの安定した独裁生活は一気に崩れだした。その結果、一時はメカを使い一味の船長ルフィを追い詰めるも倒され、身柄も査察を行っていたコビーとヘルメッポに引き取られ、本部に連行されていった。

余談

ワンピースにおけるこの手のキャラクター(ねずみ大佐やシェパード中佐、ガバナー中佐等)は全くの無能である事が多いが、兵器頼りとはいえ階級に見合う以上の強さも持っており、異色なキャラクターと言える。

関連タグ

ONEPIECE 海軍

コメント