ピクシブ百科事典

フルクロス

ふるくろす

漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツ用の装備。同作の主要機体であるクロスボーン・ガンダムに外付けされる複合防御兵装。
目次[非表示]

解説

フルクロスは、長谷川裕一作の漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツ用の装備品。英語表記だと full cloth となり、その名の通り機体の首から下全面を布地のように覆う防御兵装である。

ABCマントを積層構造化しビーム兵器への対弾性をより高めた全身を覆うマント、クロスボーンガンダムX3に搭載されていたIフィールドジェネレーターを左右2基ずつ搭載した肩部アーマー(スカルヘッド・ユニット)、機体重量の増加分を補いさらなる機動性を実現するための補助スラスター、によって構成されている。防御力と機動力を同時に高め、少数の機体で大軍を相手にするための決戦兵装である。

この装備を装着した機体は2つあり、最初は『鋼鉄の7人』におけるクロスボーンガンダムX1が木星での最終決戦で装備したもの(X1フルクロス)。
2機目は『ゴースト』におけるクロスボーンガンダムX0である。こちらのフルクロスは、輸送船の事故によりX0ともども宇宙を漂流し、回収された後に再調整を経て実戦投入されたもの。すなわち、(後付け設定ではあるが)フルクロスの基本設計は木星戦役時には既に完成していたということになる。

使用機体


ファンによる改造プラモやファンアート等では、X2X3、また他の機体にフルクロスを着せる例もみられる。

ゲーム作品にて

後年のゲーム作品にフルクロスが登場する際、武装に「肩のスカルヘッド・ユニットを外してナックルガードのように拳に装備し、Iフィールドを展開した状態で敵を殴りつける」という攻撃が含まれていることがある。これは、『鋼鉄の7人』の最終決戦におけるX1フルクロスとディキトゥスの戦いにおいて、ほとんどの武装を使い果たしたX1がとっさの判断で肩部アーマーを外して拳にはめ、ディキトゥスのビーム・アックスをIフィールドで受け止めたシーンが元となっている。結果、ユニットとアックスは相打ちで吹き飛び、ヘッドの下で構えていたブランド・マーカーでディキトゥスに決定打を与えるのだが、トビアの機転によるもので本来の使用方法ではない。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーンガンダム
長谷川裕一 長谷川裕一ガンダムMS&MA

関連記事

親記事

クロスボーンガンダム くろすぼーんがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フルクロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164040

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました