ピクシブ百科事典

ABCマント

あんちびーむこーてぃんぐまんと

漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズに登場する架空の軍事用品。モビルスーツにマントのように装着する、布状の対ビーム用外付け防御装備。
目次[非表示]

解説

ABCマントは、長谷川裕一作の漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツ用の装備品。
正式名称はAnti-Beam Coating Mantle(対ビーム塗装マント、の意)で「アンチ・ビーム・コーティング・マント」だが、略して「エービーシーマント」とも発音される。

サナリィが開発した新素材で、特殊繊維にビームコーティング素材を配合して形成した布地。ビーム兵器による攻撃を受けた場合、その部分の素材が蒸発することでビームの威力を相殺する、一種のリアクティブアーマー(反応装甲)である。耐久力は宇宙世紀0133年頃の一般的なビームライフルで5発程度だが、ビームの威力により増減する。同時代にあってもモビルスーツを一撃で沈める説得力を持った強力なビーム兵器である量産型F91ヴェスバーの直撃を受けた際、マントは一撃で崩壊したものの機体は無事であった例もある。

サナリィの新作F97(=クロスボーンガンダム)が性能テストを兼ねて宇宙海賊クロスボーン・バンガードに貸与された際、ABCマントも同じく提供されて実戦配備された。クロスボーンガンダムの場合、背部のX字スラスターを折り畳んだ状態で肩部から下を全体的に覆うことができ、機動性にも不都合は生じない。
少数精鋭で多数の敵機を相手にする宇宙海賊軍にとって、多少のビーム被弾を構わず敵機に接近し、得意の格闘戦に持ち込めるこの装備は非常に相性がよく、前述のように本来ならば撃墜必至のヴェスバー直撃に耐え機体とパイロットを救った例があるなど、多大な効果を挙げた。

弱点としては、あくまで布素材であるため、ビーム兵器以外の実体兵器には容易く切り裂かれてしまう点が挙げられる。またビーム兵器であっても、ビームサーベルのように(ライフル等のビーム弾と比較して)長時間マントに押し当てられる格闘武器に対しては効果が薄い。木星帝国は、クロスボーンガンダムとABCマントに対抗するために、マントを切り裂く威力を持ったクァバーゼのビーム・ソーや、マントを貫通する実体弾を撃ち込むアビジョのニードルガンなどの新武装を考案していった。

後に、積層構造化したABCマント・追加スラスター・Iフィールド発生装置を総合した総合防御装備「フルクロス」も製作された。
しかし、スラスターに干渉せずに効果的に使用できる機体が限られることと、使い捨て装備にも関わらず生産コストが高いなどの都合からF97より後の機体には広まらず、時代の流れの中に消えた。

楽屋事情

作画の長谷川裕一は、この装備の考案・導入について、「ステレオタイプな海賊のイメージにありがちなマントの装備によるケレン味の付与」と、「雑誌連載というスケジュールの中で、マントによってモビルスーツの作画を簡略化するため」という2点の理由を挙げている。

使用機体

木星帝国に寝返った後の状態(X2改)では、同国の技術不足からマントの再現はできなかった。

スラスターとの干渉から、スカートのように下半身にのみ装備。
黒・紺・モスグリーンなどで彩色されることの多いABCマントだが、本機では銀色の機体色に合わせて灰・銀・白などの色が用いられる場合も多い。

なお、クロスボーンガンダムX3は作中一度もABCマントを装備することがなかったが、後年の立体物やファンアートなどではIF装備としてABCマントを付与する例もある。

関連イラスト

「じゃまを す る なっ!ザビーネッ!!」
X-2


クロスボーンガンダムX0ゴースト
【月下のX3】クロスボーンガンダムX3


関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーンガンダム フルクロス
サナリィ 長谷川裕一 長谷川裕一ガンダムMS&MA

関連記事

親記事

クロスボーンガンダム くろすぼーんがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ABCマント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1697

コメント