2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン

ぼるめてうすほわいとどらごん

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴンとは、トレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ』におけるクリーチャーカードの一種である。火文明のクリーチャーであり、種族はアーマード・ドラゴン。「ボルメテウス」の名称カテゴリに属する。漫画では、主人公の切札勝舞が使用した。
目次[非表示]

気高き怒りに触れる者、百万回死んでもおかしくない。
その輝く炎は希望の光。夢にまで見た、勝利がここに!
希望と勝利が炎となって吹き荒れる時、伝説の竜が舞い降りる。――いにしえより伝わりし竜族の伝説
その悪しき心ごと、聖なる炎で焼き尽くさん!!
お香を焚いたら伝説の竜がみるみるアフロにつつまれていった!!って、えーーー。
伝説は、いつまでも語り継がれるから伝説なのだ。
いつだって、ドラゴンは頂点の象徴。
その白き肌に刻まれし英雄の記録。悪を働く者で、ボルメテウスの名に怯えぬ者はいない。
ボルメテウスは何度でも帰ってくる。地獄の淵からも記憶の彼方からも。そこに英雄を求める声があるかぎり、帰ってくる。
見よ、堂々と空を舞う姿を、栄光を手にした者のみに見せるその姿を。そのボルメテウスが、今、ここに降り立つ。
伝説となった白と青の龍。その横にも常にルピアの姿があった。
聖なる炎は、今も変わらず燃えさかり続けている。
数多の龍の頂点に君臨する、白き伝説。

概要

初登場は闘魂編第1弾。闘魂編の看板クリーチャーであり、当時からその人気は高い。
このクリーチャーがブレイクしたシールドは手札に戻されず直接墓地に置かれる能力を持っており、シールドトリガーキラーとして活躍した。

名前にボルメテウスと冠したドラゴンは他にもボルメテウス・サファイア・ドラゴンボルメテウス・ブラック・ドラゴン等がいる。
略称は「B・W・D」。

カードとしての能力

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
【デュエル・マスターズ】ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
SR
火文明 (7)
クリーチャーアーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに、持ち主の墓地に置く。


活躍

漫画版

バトルアリーナでバケツマンの切り札として登場。不亞幽がそのカードを狙っていた為、わざとギブアップしたバケツマンから切札勝舞の手に渡り、決勝戦で不亞幽のシールドトリガーを破壊する。

アニメ版

2作目の「チャージ」から登場。原作と異なりバケツマンから託されるカードが太陽王ソウル・フェニックスに変更されたため、序盤から使用している。

その他

絶体絶命でんぢゃらすじーさんのゲーム作品『絶体絶命でんぢゃらすじーさん痛~怒りのおしおきブルース~』では、主人公のじーさんがこのクリーチャーをモデルにした「ボルメテウスじーさん」なる姿に変身する。

ボルメテウスとあるカード


関連タグ

デュエル・マスターズ デュエルマスターズ
火文明
クリーチャー
アーマード・ドラゴン
ボルメテウス
切札勝舞
超獣王来烈伝

ボルメテウスクリーチャー一覧

【デュエル・マスターズ】ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン


非進化クリーチャー

ゼロ文明
コスト8


火文明
コスト6

コスト7

コスト8

コスト10

/火文明
コスト16

/火文明
コスト8

/火文明
コスト8

//火文明
コスト8

進化クリーチャー

火文明
コスト8


サイキック・クリーチャー

火文明
コスト7


外部リンク

非公式

デュエル・マスターズ Wiki


アニヲタWiki(仮)

関連記事

親記事

ボルメテウス ぼるめてうす

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159936

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました