ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ヨッシーアイランド』で初登場した犬(?)。公式曰く「バカ犬」。
シルエットは確かに犬っぽいが、耳と鼻らしき物が確認できず、巨大なたらこ唇がトレードマーク。
毎回首輪を付けているが、誰の飼い犬なのかは不明。最近ではヨッシーの犬として位置付けられている。
「ガウガウ」言いながら突進してくるように近づいてくる為に初見だとビビる可能性あり。
...それにしても鉄球に魂が宿った狂犬と言い成仏できずルイージに憑いた幽霊犬と言いポチと言い、この世界の犬はやたら耳がないわんこが目立つ。

初登場した際は巨大な顔に大口、白目という中々奇抜な造形だったが、『ヨッシーストーリー』以降、徐々に可愛らしい外見で描かれるようになっている。
『ヨッシーウールワールド』以降では編みぐるみ風の更にかわいらしい外見になり、実質マスコットキャラクターのような位置づけになった。

ゲーム内での役割

上に乗っている間、ヨッシーの向いている方向に走り、行き止まりにぶつかるとジャンプする。
トゲや溶岩・毒沼といったヨッシーが落ちるとミスになる場所でも物ともせずに突き進み、
ヨッシーが倒せない敵(カチカチくん等)も体当たりで一方的にやっつけられる。

初登場した『ヨッシーアイランド』では乗り続けていると徐々に加速したり、障害物にぶつかった際のジャンプ高度が固定なために乗りこなすのが非常に難しかった…にも関わらず、スペシャルコース1、「このバカイヌといわないで」ではマグマやトゲなどの障害物が嫌らしく配置された中をポチに乗って進む必要があり、ここで涙を飲んだプレイヤーは数知れない。
頭の上で小ジャンプするか、定期的に逆方向を向いて方向転換させればブレーキをかけて楽に進める。だからミスしても「このバカイヌといわないで」
この点については後発の作品になるほど操作性が改善されているほか、アイテムを拾ってヨッシーの所まで持ってきてくれるなど、お助けキャラとしての機能が大幅に強化されている。

登場作品

『ヨッシーアイランド』の続編にあたる『ヨッシーアイランドDS』にはなぜか登場しなかったが、『ヨッシーNewアイランド』では同じような役割で登場している。
上記のスペシャルコースを彷彿とさせるコースも存在するが、コース自体は大分短め。

ヨッシーのパネポン』にも登場。VS.COMのステージ3でヨッシーと戦う。
敵キャラとして登場するのは唯一この作品のみ。ちなみにBGMはティアナからの引用。

ヨッシーストーリー』にも登場しており、乗ることはできないが、アイテムの匂いを嗅ぎつけてヨッシーにそのアイテムの位置を教えてくれる。デザインはかわいらしくなっており、「ワンワンワンワン」と鳴き声も子犬っぽくなっている。

ヨッシーウールワールド』では、ステージ内に登場(ワールド2-5)するほかに、パワーバッジを使うことで登場させることができる。また、3DSの移植版『ポチと! ヨッシー ウールワールド』では出番が増え、パワーバッジを使わなくてもポチのamiiboをスキャンさせること登場させることができほか、「ドッグラン」というポチ専用コースで遊ぶことができる。

スーパーマリオオデッセイ』にて本家マリオシリーズにも登場。主にお宝写真で登場しており、マリオと対面することもある。

『ヨッシークラフトワールド』でも複数ステージで登場。
本作ではコポチ探しのクリア時にポチも登場するため、実質ほぼ全ステージでゴールした際にポチに会う事ができる。

コポチ

ポチと!ヨッシーウールワールド以降に登場するポチに似た小犬達。ポチとの関係は明かされていない。

スーパーマリオくんでのポチ

「ヨッシーアイランド」編では「赤ちゃんマリオが桃太郎?鬼退治はおまかせ!?」で、川の主ロジャーリフトから授かった家来として登場。原作以上にマヌケ面である。この時はオチでのみ「まだきびだんごもらってないぞ」と喋っていた。

「ヨッシーストーリー」編では、ちびヨッシーズの仲間としてメインキャラに昇格。デブで食いしん坊。ちびヨッシー「きいろ」とは仲が良い。身振り手振りである程度意思疎通はできるが、人語を発することはない。後に「みずいろ」に改造されパワーアップし、尻尾の引っ張り方で弾丸を出したり掃除機になったりと様々なことができる。最終決戦ではケムリのためダメージを与えられなかったにゅうどうを吸い込んでやっつけるという活躍を見せた。


関連イラスト

ポチ
ポチ



関連タグ

ヨッシーアイランド ヨッシーストーリー ヨッシー

関連記事

親記事

ヨッシーアイランド よっしーあいらんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポチ(ヨッシーアイランド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14914

コメント