ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

マリオカートシリーズ皆勤賞のコースで、クッパキャッスルレインボーロードと合わせてマリオカートの御三家的存在。

主にフラワーカップで登場することが多い。

舗装された道をメインに走るコースで、作品によってはクリボーパックンフラワーワンワンが障害物として登場する。


各作品ごとのマリオサーキット

SFC マリオサーキット1

キノコカップ第1コース

左回りのシンプルなコース。2番目のコーナーに土管がある。

のちに、『マリオカートDS』や『マリオカートツアー』にも登場。


SFC マリオサーキット2

キノコカップ第5コース

左回りのコース。

カーブがきつくなり、後半でコースを大ジャンプして飛び越える立体交差の箇所がある。大ジャンプ地点にバナナや甲羅を仕掛けてCOMの順位を落とすのは誰もがやる行為だろう。このコース以降、3、4でも障害物としてオイルが撒かれている箇所がある。

のちに、『マリオカート7』や『マリオカートツアー』で登場。大ジャンプ部分はグライダーで飛ぶようになっている。


SFC マリオサーキット3

フラワーカップ第5コース

スタートからゴールまで多数のカーブが複合している右回りコース。

ゴール手前にはダッシュ板がある。

のちに『マリオカートWii』、『マリオカートツアー』、『マリオカート8デラックス』のDLC第2弾に登場。『マリオカート8デラックス』でリメイクされた事によって、『マリオカートアドバンス』も含めて一番リメイクされたコースになった(同じ回数でリメイクされたコースは、SFCレインボーロードのみ)。


SFC マリオサーキット4

スターカップ第5コース

コース中央でヘアピンカーブが連続していたり、土管などの障害物が増えている左回りのコース。

途中で道幅が狭くなっている箇所がある。

また、SFCマリオサーキットは全て『マリオカートアドバンス』でリメイクされている。


64 マリオサーキット

フラワーカップ第4コース

コース全長は564mと短いが、ヘアピンカーブが随所にありテクニカルなコースになっている。道の脇にはパックンフラワーもいる。

ちなみにタイトル画面でRトリガーボタンを押すと、マリオサーキットのベストタイムが表示される。(1分30秒を切ると点滅する。)

かなりシビアでダイナミックなショートカットが有名。

任天堂が一社提供していたTV番組64マリオスタジアムでは番組特製オリジナルライセンスカードが貰えるキャンペーンが行われていた。

のちに『マリオカートWii』、『マリオカートツアー』で登場。


GBA マリオサーキット

フラワーカップ第1コース

ゴール手前にピットがあり、ダッシュボードが設置されている。

のちに『マリオカート8』に登場、ヘアピン部分がジャッキアップされて反重力エリアに。SFC版のようにオイルが撒かれている箇所も新たに増えた。ちなみに最初から遊べる32コースのうちGBA版からの唯一のリメイクとなっている。


GC マリオサーキット

フラワーカップ第2コース

ワンワンやパックンフラワーが道のわきから襲ってくる。後半はクリボーがうろつく砂地を走る。

のちにマリオカートWiiに登場。砂地にコブができてジャンプアクションが可能。


DS マリオサーキット

スターカップ第3コース

クリボーが何箇所かにおり、道中ではファイアパックンが行く手を阻む。やはり一部は砂地。スターカップに登場するのはSFC版のコース4以来となる。

のちに『マリオカート8デラックス』のDLC第4弾、『マリオカートツアー』でも同時に登場。『マリオカートDS』でも登場したファイアパックンは続投されている。

『マリオカート8デラックス』ではコースの森エリアにまさかのハナチャンが追加されており、普段は森の中で寝ているが一定時間が経つとコースを徘徊している。


Wii マリオサーキット

フラワーカップ第1コース

8の字型の街並みのコース。ワンワンやクリボーがいる。


3DS マリオサーキット

フラワーカップ第2コース

満開の桜が咲き誇る中でレースが行われる。

トランポリンキノコがあったり、途中ピーチ城の中を走る。

のちに『マリオカートツアー』に登場。


WiiU/Switch マリオサーキット

フラワーカップ第1コース

8の字形のコースがメビウスの帯状にねじれており、表と裏を走って1周カウントとなる。クリボーとパックンフラワーがいる。


ツアー RMX マリオサーキット1

初登場:2020/2/26 マリオブラザーズツアー

SFC マリオサーキットをリミックスした、『マリオカートツアー』が初登場のコース。

ブロックがコース上に配置されており、その上を通ることができる。クリボーとパックンフラワーがいる。全体的にSFC版よりもジャンプアクションができる場所が多め。


ちなみに『マリオカートツアー』に実装されているコースは通常版のコースに加え、逆方向に走る「Rコース」、ジャンプ台やダッシュボードが増えてポイントを稼ぎやすい「Xコース」、その両方を兼ねた「RXコース」が存在する。


外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでは、『大乱闘スマッシュブラザーズX』から対戦ステージとして登場。

『マリオカートDS』のエイトクロスサーキットをモチーフにした8の字型サーキットの交差点部分で戦う。足場が動いたりすることが無く、落下地点が存在しない。

レーサーとしてヘイホーが左もしくは奥から走って来る。背景に注意画面が表示されたら登場の合図。

BGMは高濱祐輔氏編曲によるSFC版マリオサーキットのアレンジ版。他ルイージサーキットとワルイージピンボールのアレンジ曲が流れる。

大乱闘スマッシュブラザーズ_for_Wii_U』では下記の同名コースが登場したために「マリオサーキット(X)」表記に、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』では「エイトクロスサーキット」にコース名が変更されている。



『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』では新規ステージとして『マリオカート8』の同名コースを巡回するものが登場。新規ステージの方はコースを足場で巡回しながらところどころで止まるという構成で、ヘイホーのカートがコースを走っている点はマリオカートからのステージ共通だが、コースが反重力になっている関係で足場の停止位置によっては天井をカートが走っていくことがある。


関連タグ

マリオカート レインボーロード クッパキャッスル ルイージサーキット

ピーチサーキット ヨッシーサーキット デイジーサーキット キノピオサーキット

関連記事

親記事

マリオカートシリーズコース一覧 まりおかーとしりーずこーすいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11728

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました