ピクシブ百科事典

ライスコロッケ

らいすころっけ

調理した米を形にしたコロッケの一種。
目次[非表示]

概要

リゾットのように調理したを衣をつけて形にし、揚げたコロッケ。
主にイタリア料理アランチーニスップリが知られている。
ただしどちらも米の代わりにカッペリーニのような細長いパスタを切って、中身に用いる場合もあるので注意が必要。

フランス等、他国にもライスコロッケは存在するが、イタリア式のものがほとんどである。

タイ料理には「ヤム・ネーム」という、丸めて揚げた米を砕いて野菜や肉と混ぜ合わせる料理があり、見た目はコロッケのそれであるが、どちらかというと中華料理おこげに近い。
(日本のタイ料理店によっては「タイ風ライスコロッケ」として砕かずに出されることもある)

アランチーニ

小さなオレンジ」という意味で、シチリア産とナポリ産がある。

シチリアのアランチーニの大きさは直径3.8cm〜10cmほど。シチリア島南東部では球状ではなく円錐形にして揚げる。
シチリア西部では、アランチーニを女性形容詞の「アランチーネ」と綴るのが正しいとされる。
中身は色々で、グリーンピース入りのミートソースほうれん草、パンチェッタ(生ベーコン)、ナッツペースト等。同じシチリアでも中の具が地方によって違い、中身によって形が変わっていく。

ナポリのアランチーニは「パッレ・ディ・リゾ」(米の団子)とも言われ、ピンポン玉大でシチリアのものよりも小さく、そのサイズ故、中に何も詰めないことが多い。

スップリ

ローマ生まれのライスコロッケ。スプリとも表記される。語源はフランス語の「サプライズ」がイタリア風に訛ったもので、中に思いがけないもの(モッツァレラ)が入っていることからきていると言われる。また、モッツァレラが糸を引く様子から糸電話に例えて「スップリ・アッラ・テレフォーノ」ともいわれる。
基本的にはアランチーニと同じであるが、アランチーニに用いられるサフランは入っていない。
またスップリには具にモッツァレッラが入っているが、アランチーニは具としてチーズは入っていなくチーズの一種カチョカヴァッロが練りこんである。
ローマでは、「アランチーニはシチリアでしか食べられない」と言われる。
(ただし、シチリアのアランチーニにもモッツァレラが具として入ってるとも言われ、最近ではアランチーニとスップリの区別はつきにくくなっている模様)

ローマでは、ピザ専門店の定番メニューで、ピッツァを食べる際の前菜としてスップリ等の揚げ物を食べる。

コメント