ピクシブ百科事典

ルイ17世

るいじゅうななせい

ルイ17世は、ルイ16世とマリー・ワントワネットの子。フランス革命により運命を翻弄された悲劇の国王である。
目次[非表示]

概要

ルイ17世(仏: Louis XVII, 1785年3月27日 - 1795年6月8日)は、フランス国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットの次男。兄の死により王太子(ドーファン)となった
父ルイ16世の処刑により、名目上のフランス国王(在位:1793年1月21日 – 1795年6月8日)に即位したものと見なされた。(本来フランス国王になるにはランスで戴冠式を受けなければならないが、時代が時代だったので)

洗礼名によりルイ=シャルル(Louis-Charles de France)とも呼ばれる。
以下、シャルルと表する。

生涯

誕生

1785年3月27日にフランス国王ルイ16世とマリー・ワントワネットの次男として出生と同時にノルマンディー公爵の爵位を受け、兄ルイ=ジョゼフの夭逝後は王太子となった。
姉はブルボン朝最後の王太子妃となるマリー・テレーズである。

幼年ながらも目鼻立ちは整い、赤みがかったブロンドの髪に碧眼を持つ美しい顔立ちと愛嬌もあり、活発な性格で宮廷内の人々を魅了した。だが、神経質で慣れない物音に怯えること、軽率な面があり、嘘をつくつもりはないが想像力により話に尾ひれをつける癖がある欠点を家庭教師のトゥルゼル夫人宛ての書簡にアントワネットは記載している。

フランス革命、そしてフランス国王へ

1789年7月14日にフランス革命が勃発、10月5日にヴェルサイユ行進が起こると、国王一家はパリのテュイルリー宮殿へ移され軟禁状態となった。このとき、わずかシャルル4歳
パリへの移動の際は馬車の窓から顔を出し「ママを許してあげて!」と群集に向け叫び続けた。国王一家は2年後の1791年にヴァレンヌ逃亡事件を起こし、民衆によって8月13日にタンプル塔に幽閉された。このときルイ=シャルルは6歳だった。

1793年1月21日、ルイ16世が処刑されると、マリー・アントワネットは息子にひざまずき「国王崩御、国王万歳!」と言い、立ち上がるとマリー・テレーズ、エリザベートと共に深々とおじぎをした。1月28日、ヴェストファーレンにいた叔父のプロヴァンス伯爵(後のルイ18世)ら反革命派や亡命貴族は、処刑されたルイ16世の追悼式を行い、王太子を国王ルイ17世とする宣言をした。
しかし、ルイ=シャルル本人は、革命真っ只中のパリで監禁された身ではランスで戴冠式を行うことも叶わず、自分が国王と呼ばれていることさえ知る由もなかった。

恐怖政治の中の再教育

7月3日、シャルルは家族と引き離され、階下のルイ16世が使用していた部屋に移動させられた。
王室を汚い言葉で罵る新聞を発行するジャック・ルネ・エベールから後見人兼教育係として命令を受けた文盲の靴屋アントワーヌ・シモンの元で過ごすことになった。
彼らによる監視及び、王太子であることを忘れ良き市民となるための再教育が行われた。

その「再教育」は暴力を伴う洗脳のようなものだったらしく、彼らはシャルルの喪服を脱がせ、革命党員の制服を着用させた。そして「ラ・マルセイエーズ」などの革命歌を教え、世話人であるシモンはシャルルを自分の使用人として給仕や雑用を行わせた。
暴力は日常茶飯事となり、番兵たちも虐待を見るのを嫌がったというパリ・コミューン総会議事録の記載も残されている。
シャルルは虐待や脅迫による精神的圧力によってすっかり臆病になり、かつての快活さは消え去った。
マリー・アントワネットを処刑に持ち込みたい革命側は、彼女が不利になる証拠を作るため、シャルルの癖であった自慰を母と叔母はそれを見て楽しみ、近親相姦の事実があったという書類に10月6日に強制的に署名をさせる。
翌日、姉であるマリー・テレーズと叔母のエリザベートはそれぞれ別々にシャルルの部屋に呼び出され尋問を受けたが、シャルルは彼らのでっちあげた罪状が事実であると繰り返した。そしてこの尋問はシャルルが家族の姿を見た最後となった。

タンプル塔内のシャルルとその死

マリー・アントワネットの処刑後、シャルルは元食堂であった部屋に移された。分厚い壁にある窓には鎧戸と鉄格子があり、ほとんど光は入らなかった。
室内にはトイレや室内用便器は置かれなかった。そのため、シャルルは部屋の床で用を足すことになり、タンプル塔で働く者はこの部屋の清掃と室内の換気は禁止された。また、本やおもちゃも与えられず、ろうそくの使用、着替えの衣類の差し入れも禁止された。
食事は1日2回、厚切りのパンとスープだけが監視窓の鉄格子からするりと入れられた。結果、シャルルは病になり、歩けなくなった。
その後は不潔なぼろ服を着たまま、排泄物だらけの部屋の床や蚤と虱だらけのベッドで一日中横になっていた。
深夜の監視人交代の際に生存確認が行われ、鉄格子の前に立つと「戻ってよし」と言われるまで長々と罵倒を続けた。もはや彼に人間的な扱いをする者は誰も居なかった。
「監禁されるドーファン(王太子)」という絵画が残っているが、そこには怯えたように上目遣いで座っているシャルルが描かれている。

フランスの風向きが変わると、世話係に医師が加わり、部屋の環境の改善が行われたが、時既に遅し。1795年6月7日、シャルルことルイ17世の短い生涯は終わりを告げた。享年10歳。

たびたび上がる生存説

生存中から「タンプル塔にいるのは重病の別の子供であり、ルイ17世は逃亡している」と噂が流れており、実際にタンプル塔で勤務する者もヴェルサイユ時代、もしくはテュイルリー宮殿時代の彼を知るものは皆無であり、独房で幽閉されている姿を見た者もごくわずかである。
死去の際にルイ17世の世話をしていたもの達も同様である。そのため「ルイ17世は逃亡しており、亡くなった少年は別人なのではないか」という噂が立った。
このせいで、後に王政復古によりルイ18世の時代になったとき、ルイ17世を自称するものが大勢現れ、姉であるマリー・テレーズは大いに混乱したという。

DNA鑑定の結果……

2000年4月、マリー・アントワネットの遺髪と、世話人が密かに取り出し残していたルイ17世のものと思われる心臓のDNA鑑定がなされた。
その結果は「心臓はルイ17世のものに間違いない」というもので、2004年6月にようやくルイ17世のものと判定され、フランス王家の墓地があるサン=ドニ大聖堂に心臓が埋葬された。

関連タグ

ルイ16世……父
マリー・アントワネット……母
マリー・テレーズ……姉
ルイ18世……プロヴァンズ伯爵。16世の弟。彼にとって叔父にあたる。

ブルボン朝 フランス革命

関連記事

親記事

ブルボン朝 ぶるぼんちょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルイ17世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213

コメント