ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:豊永利行


本作のもう一人の主人公。資産家の一人息子で1年前に両親と義理の愛花を殺されている。

犯人が特定されないまま事件が迷宮入りに終わろうとしている現状を腹立たしく思っている時、葉風の流した詰めのメッセージを拾い、彼女に協力する代わりに愛花を殺した犯人を特定させ、復讐を果たすべく魔法の力を得た。

その後高校を中退し、葉風が隠した魔具を集めつつ絶園の樹の果実がある地域を巡っていたが、故郷にも果実があり、さらに魔法で妹を殺した犯人の目星を付ける必要があった為一時帰郷。

その際に彼を探していたエヴァンジェリン山本を向けられている幼馴染滝川吉野と再会する。


世界を救ってやると言っているが本人としてはあくまで「ついで」であり、ただ愛花の復讐を果すためだけに動いている。そのため葉風からは「コイツが妹のことしか考えてない単純なヤツで安心した」と言われ、その葉風から受け取った水素爆弾レベルの威力の魔具を躊躇いなく使おうとするなど、策謀家の吉野さえもヒヤヒヤさせる行為を取ることが多い。

葉風が時間に囚われているため、契約を果たせないと知るとすぐさま切り捨てて左門を脅す事で目的を達成しようとするが、吉野から「愛花の彼氏を教える」という取引を持ちかけられたことでそれに応じ、時間の檻を破る手助けをする。

しかし、葉風の帰還と同時に起こった二つの大樹の暴走に巻き込まれ、吉野共々重傷を負ってしまい一旦うやむやにされてしまった。


その後魔法による治療で一命は取り留めたもののしばらく眠ったままにされていたが、翌年の元日に「吉野が絶園の魔法使いかもしれない」と疑う左門によって起こされ、左門たちに吉野が殺されないように協力することになる。


絶園の魔法使い編では鎖部一族&早河・山本一派と協力し、富士山編以降別行動を取っていた吉野とも最終的に妹のことでは和解している。


人物像

自信過剰で勝手気ままで自己中心的な性格。年上である早河や羽村を初対面であろうと平気で呼び捨てにするなど口は悪い。愛花曰く「王族みたいな人」。

その一方で常識を弁え、自分の邪魔でない限りは義理堅く世話を焼くお人好しな一面もあることから「根は善人」と評されている。

しかし、本人はそうした「良い人」と見られることを嫌っている為、「不合理だ」「理屈に合わねえ」と口癖にするほどに理屈を並べ、皮肉を交じえたり悪ぶった態度を取ることが多い。


成績も運動能力も高く、大抵の事は難なくこなしてしまう。

さらにイケメンな上、家柄の良さもあってか中学時代から女遊びが多く、よく年上の女性と付き合い、朝帰りも日常茶飯事であった。ただし、特定の彼女は作ったことはない。

そうした派手さもあって地元ではちょっとした有名人であったが、それ故に方々で恨みを買っているため不良に絡まれる事も多く、吉野を巻き込んでの喧嘩も日常茶飯事であった。

作画担当の彩崎廉曰く「両利き」で、どちらの手でも問題なく使いこなせる。


人間関係

滝川吉野

小学校からの付き合いで双方認める腐れ縁。当時は「真広係」という仇名がついていた。

露悪的で態度のデカい真広に対し謙虚だが腹黒い吉野と性格は正反対だが不思議と馬が合う親友


不破愛花

義妹。それなりに気に掛け、世話を焼いていたが、彼女に対する気持ちが恋愛感情であることを自覚していなかった。


鎖部葉風

復讐の協力者。性格は似た者同士だが、それゆえに仲が悪く、たびたび皮肉を言い合う。


羽村めぐむ

事件の容疑者候補として疑いを向けたものの魔法の特訓に付き合い度胸を鍛えた、ある意味子分

ちなみに彼からシスコンと呼ばれた際には全力で否定しているが、山本夏村哲馬の3名は内心「よく言った」と思っていた。


関連イラスト

不破真広wake up

ツイピクまとめ不破真広


関連タグ

絶園のテンペスト

滝川吉野 不破愛花 鎖部葉風 羽村めぐむ 早河巧

金髪

関連記事

親記事

絶園のテンペスト ぜつえんのてんぺすと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 988871

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました