ピクシブ百科事典

エヴァンジェリン山本

えゔぁんじぇりんやまもと

エヴァンジェリン山本とは、『絶園のテンペスト』の登場人物。
目次[非表示]

CV:水樹奈々

概要

早河巧と共に魔法について調査を行っている女性
役人の早河と共同して仕事を行っているが実際はボランティアらしく、自称「親しい者からはフロイライン山本と呼ばれている無職の28歳。」
ただし、だいぶ前からこの名乗りを定着させているので正確な年齢は不明であり、無職といってもいわゆる裏世界では名前を聞いただけで恐れられる存在であるなどかなり謎が多い。初めて早河に出会った時にも同様に名乗り、早河から「いや、28歳なわけないだろ(逆鯖を読んでいるだろ)」と突っ込まれていた。実際、原作ではかなり童顔に描かれている。

明るい性格で人懐っこく、自分をボコり倒した吉野に対しても心配するような口ぶりを見せるなど意外に気配りの出来る一面もあるが、いざという時には冷徹仕事をこなせる。吉野相手に自分と恋仲になってみないかからかってみたり、羽村の付添で海外旅行に行って浮かれたりするなど、年相応の女性らしい一面を見せることも多い。
演じた水樹奈々曰く「Sっ気満点の変態」で、羽村めぐむ曰く「すごい美人」らしい。

シェイクスピアの一文を一度聞いただけで元ネタを把握したり、葉風とムキになって難しい表現を使った会話を行ったりと割とインテリな様子。
長身巨乳の28歳無職という属性が一部でウケてる・・・気がする。
実は左利きだったりする。

作中における人間関係

早河巧とは友人であり、6年ほど前に彼の祖父・梶倉隆吾からの依頼で知り合い、現在はそれぞれの立場から相互に協力している(あくまで地位は対等)。
隆吾は孫である早河に彼女を嫁がせたがっていたようだ。

冒頭にて黒鉄病と魔法使いの因果関係にメスを入れるべく「ふわまひろ」について捜査を行い、吉野に情報を吐くように迫るも唐突に現れた真広に叩きのめされてKOされてしまう。
その後に目を覚まして吉野に再び接触し、彼を再び問い詰めるも逆に武器を掠め取られて追い詰められ、和解する。
以降は政府や国防軍に協力させる形で吉野と情報を交換し、鎖部葉風復活に(結果的に)協力する。アニメでは吉野や、彼を追って来た真広を早河と引き合わせており、より仲介人としての働きが強調されている。

葉風生還後は「樹」との戦いに備え、鎖部一族や「絶園の魔法使い」羽村めぐむと協力する。
このように作中の各陣営を繋ぎとめる役を担っているため、原作者の城平京曰く「主人公ではないが、物語の中心人物は彼女」とのこと。

能力

普段は拳銃ショットガンを複数持ち歩いており(アニメではサブマシンガンも使用)、魔法による異変を探るため真広を狙っていた。
鎖部夏村をも上回る身体能力と戦闘センスを持つが、魔法に関しての知識は疎く、そこを付かれて作中では最初の真広戦では顔面を蹴っ飛ばされた挙句にを掴まれて石畳が割れるほどの勢いで後頭部を地面に叩きつけられ、続く吉野追撃戦でも魔法で武器を奪われて(アニメではガス弾なども使用したにもかかわらず)脅迫されて負けを認め、富士山での夏村戦ではトリッキーな戦術で吉野から教わった防御魔法超音速突撃を活用し、を利用し彼を圧倒するも隙を突かれて肋骨を叩き折られ、地面に倒れ伏す…と3連敗してしまっている。

エヴァはエヴァでも山本の方だーーー!!


(こんな感じで3度もその胸を地に付けている)

彼女の名誉のために言っておくが、純粋な武の力に置いては潤一郎に次ぐ作中最強クラスであり、武器の使用なども考えた戦闘力では他に並ぶ者は無い。実際、拳銃を持った男相手に素手で秒殺しているような描写もある。すなわち作品終盤では…これ以降はネタバレになるので各自単行本9巻を参照のこと。
また、10巻のナレーションから判断するに、剣術の心得もある様子。

衣装

28歳無職
28歳無職さんログ


普段は黒スーツが基本ではあるのだが、物語開始時がが降るような天気だったことを考えれば異様に短いスカートや「下にワイシャツ着てないんじゃないか」と疑りたくなる(8巻でワイシャツ姿を披露)ほどに開けすぎな胸元など、比較的高い露出度の衣装を着用している。富士山編で夏村へ戦いを挑む際には長い鉢巻を締めていた。
普段はかなり高い底のブーツを着用しており、元が大柄なのでかなりの上背に見える(アニメでは無しでは真広や吉野とほぼ同じ背丈だが、原作においては吉野と会話するときに大きく猫背になるシーンもあった)。まあ、本作では登場人物のプロフィールがかなりあいまいなため、もしかしたら吉野と真広が小柄すぎるのかもしれないが。

私服Vネックセーターを披露している。
また、絶園の魔法使い編でのトレーニング時には長い髪をポニーテールにまとめ、タンクトップ一丁になっていた。
原作終了後の10巻ではライダースーツ姿を見せた。

また、初期はサラサラのストレートヘアだったのだが、絶園の魔法使い編以降はパーマをかけ始めており、6巻当たりになるとかなりのくせ毛になっている。また、原作漫画における絶園の魔法使い編ではから十字架型のネックレス(葉風の魔具?)を提げている。

アニメ版

エヴァンジェリン山本さんのキャラデザ


原作よりもが艶やかな、大人の魅力あふれる美女になっていて、豊満な胸元やムチムチの太腿がドアップになるアングルも多い。もちろん、揺れる
しかもその恰好で前転したりジャンプしたりとド派手なアクションを行う(作画担当の彩崎廉曰く「見えそうで見えない鉄壁スカート」)のだから潤兄さん大喜びである。まあ作中でも水着回で魅了されてたけどさ。
衣装チョーカーが追加されている。
吉野との戦闘では原作では使っていなかったガス弾なども使用しており、突き飛ばされて八百屋に突っ込んで意味深なアングルでキュウリを咥えたり学校に逃げ込んだ吉野を炙りだすために「寂しい大人の女はね、いろんな道具とお友達なのよ!」「返してくれるかしら。子供には手に余る、大人のおもちゃ」などと意味深なセリフを呟いたりと、原作以上にコメディリリーフ&お色気担当の一面を露わにしていた。
だが、アニメでは最大の見せ場だった富士山編の夏村戦がを合わせた次のカットではすでに敗北していた」などと大幅にカットされており、「設定だけ強い人」といったフロシャイム怪人のような扱いになってしまっている。

ファンからの扱い

ただでさえ本作は名前の付いた登場人物が両手の指で数えられるほどしかいない上に、物語開始時点では愛花は既にの下、メインヒロインの葉風も幽閉されているため、富士山編までは主人公たちと作中で実際に顔を合わせている女性キャラが彼女しかいなかった。そのため、序盤ではその狙い澄ましたような『あざとさ』故に男性を中心としたファンが多く登場した(単行本2巻のあとがきでも「読者からは人気の~」と書かれていた始末)。
アニメ版では上述したとおり水樹奈々女史の熱演によりミステリアスな雰囲気に拍車がかかっており、原作未読の視聴者からも「出てくるたびにボコボコにされる気の毒な人」というある意味同情票のような人気を獲得することになる。
ファンからの愛称は「無職さん」「28歳」など。

Pixivでの扱い

基本的にアニメ版のキャラデザで描かれることが多い。
同じ黒髪ロングの鎖部夏村とのコンビ・NLカップリングが多い。
ま、ヒロイン三人の中ではぶっちぎりで投稿数少ないんだけどね!

備考

フロイラインとは未婚女性に対する敬称(英語でいう所の『ミス』)なのだが・・・・最終回後を描いた番外編では、とある男性キャラ結婚したことが判明した。
もっとも、結婚後も現役で「元・フロイライン山本」と名乗ってあちこち飛び回っている。

ちなみに、本名(?)の方は『福音』を表す。

余談

初期設定ではさらなる胡散臭さを出すために金髪でセンター分け、さらに身長180㎝以上の長身として登場する予定だったらしいが、作画の都合上黒髪に変更されたらしい。

参考文献

『絶園のテンペスト8.5 Collaboration Guide Book』(2013年)スクウェア・エニックス

関連タグ

絶園のテンペスト 長靴をはいた猫
不破真広 滝川吉野 星村潤一郎 鎖部哲馬
スーツ ミニスカート サングラス エージェント
黒髪ロング 乳揺れ リョナ 熟女 泣きボクロ 噛ませ犬
エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル

pixivに投稿された作品 pixivで「エヴァンジェリン山本」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87645

コメント