ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

テレビ東京とアニプレックスの合同企画「アニメノチカラ」の第3弾に当たる作品。当初は第2弾の予定であったが、制作が遅れたため『閃光のナイトレイド』の後番組となった。

タイトルの通りオカルトをモチーフとしているが、オカルト雑誌ムー』が監修を務めることで話題を呼んだ。

略称は「オカルト学院」「オカ学」。


2010年7月から9月にかけて、テレビ東京テレビ大阪テレビ愛知テレビせとうちテレビ北海道TVQ九州放送のテレ東系列各局のほか、AT-Xでもアニメが放送された。


あらすじ

長野市松代にある皆神山。その山頂に位置する私立ヴァルトシュタイン学院は、日々オカルトの研究が行われ、怪奇現象が目撃されることから、オカルト学院と呼ばれていた。


1999年7月。急死した学長の葬儀に、一人の少女が現れる。

彼女は学長の一人娘・神代マヤ

「オカルトなんか大っ嫌い!」と言い放つマヤだったが、突如学長の死体が動き出し、怪奇現象を目の当たりにしてしまう。


一方、2012年。「ノストラダムスの大予言」は的中し、世界は滅亡の危機を迎えていた。

かつて超能力少年として名をはせた内田文明は、タイムエージェントとして過去に送り込まれる。

そこでマヤとの衝撃の出会いを果たすことになるのだが……。


登場人物

神代マヤ (声:日笠陽子)

急死した学長・神代純一郎の一人娘。次期学長兼生徒として私立ヴァルトシュタイン学院に転入する。

もともとはオカルト好きだったが、父がオカルト研究に没頭するあまり家族を捨てたため、オカルトを嫌うようになった。ただ知識は豊富なため、怪奇現象に遭遇すると饒舌になる。

ノストラダムスの謎を解き明かすべく、内田文明とコンビを組むことになるが、彼に対する態度はドSそのものである。


内田文明 (声:水島大宙 / 少年時代:矢作紗友里)

2010年の未来からやってきたタイムエージェント。

かつてはスプーン曲げを披露し、超能力少年“ブンメー君”として一世を風靡したが、未来ではその能力は失われている。

1999年の学院に、社会科教師・安倍実として赴任する。

マヤとともに「ノストラダムスの鍵」を探すが、ヘタレな性格が足を引っ張ることもしばしば。


黒木亜美 (声:高垣彩陽)

マヤのクラスメイト。幼馴染でもある。

オカルトには興味があるものの、幼いころマヤにさんざん脅かされたため、怖い話は苦手。


成瀬こずえ (声:花澤香菜)

マヤのクラスメイト。大のオカルト好きが高じ、奇行が目立つ。よく眼鏡をなくす。


JK (声:子安武人)

ヴァルトシュタイン学院の生徒。ダウジングが得意な、通称“紅の豚”。


スマイル (声:高橋広樹)

ヴァルトシュタイン学院の機械工。力仕事がメイン。


中川美風 (声:茅原実里)

松代で定食屋を営む娘。内田文明好みの巨乳


川島千尋 (声:小林ゆう)

ヴァルトシュタイン学院教頭。立場としてはマヤをサポートするが……。

内田文明にベタぼれしており、自作のポエムをメモ帳に書き散らす。


神代純一郎 (声:矢島正明)

ヴァルトシュタイン学院の先代学長。そしてマヤの父親。

オカルトに一生を捧げ、マヤにオカルトを教え込み、研究に没頭するあまり家族と離散した。マヤの人格形成の大部分を担っている人物。

1999年7月没。学院で葬儀が行われるが、悪霊に憑かれ復活する。


岡本あかり (声:水瀬いのり)

9-10話に登場した幽霊女の子


スタッフ

原作・制作 - A-1Pictures

監督 - 伊藤智彦

シリーズ構成 - 水上清資

キャラクター原案 - 麻生我等

キャラクターデザイン・総作画監督 - 千葉崇洋

プロップデザイン - 柴山智隆

世界観設定 - 末武康光

美術監督 - 竹田悠介

撮影監督 - 尾崎隆晴

CG監督 - 雲藤隆太

色彩設計 - 茂木孝浩

編集 - 西山茂

音楽 - ElementsGarden

音響監督 - たなかかずや

プロデューサー - 藤本昌俊 / 和田慎之介

監修 - ムー編集部(学研パブリッシング)

製作 - アニプレックス / テレビ東京


主題歌

オープニング

中川翔子フライングヒューマノイド


エンディング

高垣彩陽「君がいる場所」


各話リスト

話数サブタイトル
第1話マヤの予言
第2話文明の到来
第3話美し風、吹き抜けて
第4話文明の崩壊
第5話夏のこずえ
第6話文明の道程
第7話マヤの亜美~ゴ
第8話まんま亜美~ヤ!
第9話雪のあかり
第10話暖炉のあかり
第11話マヤの死
第12話千の風、美の尋めゆき
第13話マヤの文明

メディア展開

発行はいずれもメディアファクトリー


漫画

『世紀末オカルト学院』

作画:戸流ケイ。

『月刊コミックアライブ』2010年8月号から12月号まで連載。本編を力技で全5回にまとめたため、展開が異なる。


『世紀末オカルト学院plus』

作画:森見明日。

ケータイサイトで連載されたお色気漫画。


小説

『世紀末オカルト学院』

監修:水上清資、原作:A-1 Pictures。MF文庫Jより。

有志の脚本家5名によるオムニバスサイドストーリー。


関連企画

【イメレス素材】 未来の○○○


関連イラスト

出撃世紀末オカルト探索


関連タグ

アニメ

オカルト / オカルト学院 / オカ学


評価タグ

オカルト学院100users入りオカルト学院500users入りオカルト学院1000users入りオカルト学院5000users入りオカルト学院10000users入りオカルト学院50000users入り


外部リンク

世紀末オカルト学院 - 公式サイト

学研ムー

世紀末オカルト学院 - Wikipedia

関連記事

親記事

アニメノチカラ あにめのちから

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4815975

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました