ピクシブ百科事典

公爵令嬢の嗜み

こうしゃくれいじょうのたしなみ

小説投稿サイト『小説家になろう』で澪亜氏により連載されている作品。カドカワBOOKSより書籍化、 ヤングエースUPより漫画化されている。
目次[非表示]

公爵令嬢に転生したものの、
記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。
私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。
私の明るい未来はどこにあるの?

概要

小説家になろうで連載されているウェブ小説。著者は澪亜氏。
カドカワBOOKSより書籍化、ヤングエースUPより漫画化されている。
イラストは双葉はづき氏、漫画は梅宮スキ氏が担当。
既刊はそれぞれ、書籍版が全8巻、漫画版が7巻。

悪役令嬢もの」の作品。中世ヨーロッパ風の世界を舞台に「乙女ゲームの世界に転生した主人公が悪役令嬢になってしまった」「婚約破棄により地位が危うくなったため挽回しようと奮闘する」という導入部分は他の「悪役令嬢もの」作品と同様だが、本作品は「ヒロインが悪役令嬢から婚約者を勝ち取ったエンディング」のその後を描いているため、「ゲーム知識により事前に危機を回避する」といった要素はほぼなく、代わりに主人公による領地運営や商会経営、また権謀術数渦巻く政治外交を主軸に据えた群像劇となっている。

あらすじ

アイリス公爵令嬢は婚約者であるエドワード第二王子とその取り巻きに糾弾される。その直後に自身の前世の記憶を思い出し、自身が乙女ゲームの世界で転生したこと、自分はそのライバルキャラクターの令嬢であり、今まさにエンディングシーンであることに気が付く。シナリオ通りに進めば自身は教会に幽閉されることになることも思い出し、冷静にその場を切り抜け、実家へと帰宅するのだが、待っていたのは実の父親からの謹慎処分……とは名ばかりの、領主代行としての領地運営だった。

登場人物

  • アイリス・ラーナ・アルメリア
私の可愛い線下書き 2


本作の主人公。アルメリア公爵令嬢。婚約者であるエドワード第二王子より婚約を破棄されるが、直後に前世の記憶を思い出したことで、取り乱すことなく冷静に対応することが出来た。本来のシナリオであれば教会に幽閉されてしまう筈だったが、父親との面談で素質を見出され領主代行として領地運営を任せられる。
公爵令嬢として十分な礼儀作法、そして教養を身に着けており、前世の記憶から政治や経済についても明るい。『アズータ商会』を立ち上げ、現代的な政策の数々を打ち立てることで領地運営も徐々に軌道に乗せていく。
アイリス本人である『私』と、前世の人格である『ワタシ』の意思が混じり合った状態になっており、意思決定を下す際に対立することもある。またその影響からか記憶を取り戻す前もゲーム程悪辣な性格にはなっておらず、スラムから子どもたちを救い出すなど人道的で思いやりのある性格をしている。貴族として誇りと義務を抱いており、責任感が強く、自分で何もかもを抱え込んでしまう癖がある。それは執務の量にも反映されており、仕事のし過ぎで倒れてしまうこともある。

アイリス親衛隊

アイリスが幼い頃にスラムから救い出した7人の子どもたち。アイリスの領地運営や商会経営に献身する。

  • ターニャ
アイリス専属の侍女。アイリスの身の回りの世話を行うほか、有事の際の護衛や秘書もこなす。情報収集のための諜報員としても活躍するスーパー侍女で、本職の諜報員からもその能力を評価されるほどになる。

  • ライル
アイリス専属の護衛。騎士然とした性格で礼儀正しく、護衛隊の報告書等のデスクワークもこなす。力に任せた強力な剣撃が持ち味。

  • ディダ
アイリス専属の護衛。飄々とした性格で、アイリスにもフランクに接するため、よくライルに諌められている。素早く隙を見せない戦い方が得意。

  • レーメ
アルメニア公爵家使用人で主に図書室の管理を行っている。王宮図書館にも匹敵すると言われるアルメニア図書室の本を全て読了しており内容を記憶しているため、その幅広い知識からアイリスに有益な助言を行う。

  • モネダ
商業ギルド副会計士。アイリスが商会を立ち上げる際に勧誘する。優秀な商人で金の流れには敏感。

  • セイ
アルメニア公爵使用人にして執事見習い。アイリスが商会を立ち上げた後は、商会運営に尽力し、王都支店の支店長を務めるようになる。

  • メリダ
アルメニア公爵家のお抱え料理人。アイリスが商会を立ち上げた後は、様々なお菓子の研究開発に携わり、喫茶部門に配属される。

アズータ商会

アイリスの立ち上げた商会。主に現実世界で大きな利益を挙げた交易品を取引することで成功を収め、わずか3年で国内でも首位を争う大商会に成長した。

  • セバス
アルメニア公爵家令にして執事。アイリスが領主代行になる以前は領の運営を実質的に任せられていた。

  • ディーン
商業ギルドの人材派遣制度を利用し、短期契約で雇用した人員の一人。非常に優秀で、アイリスの指示を正確に理解し目的を察して考えて行動する、正に「1を聞いて10を知る」ことが出来る人物。実家の都合で長期勤務が難しいため、アイリスの正規雇用の申し出を断っている。

ゲームの登場人物達

この世界の元となった乙女ゲーム『君は僕のプリンセス』の本ヒロイン及び攻略対象たち。舞台となるタスメリア国の王子や貴族などが中心で、次代を担うとされる人々。作中では本ヒロインであるユーリは攻略対象の一人エドワード第二王子と結ばれており、他の攻略対象たちはユーリの取り巻きとなっている。

ヒロイン

  • ユーリ・ノイヤー

ノイヤー家男爵令嬢。ノイヤー男爵家当主の父と平民の母親の間に生まれた庶子。非常に愛らしい恵まれた容姿を持ち、人好きのする性格のため人に取りいることが非常に上手い。エドワード第二王子と協力して王都の貧民たちへの炊き出しを実施するなど庶民や貴族に人気はあるものの、そういった行動は王国の財政を圧迫しているため宰相や文官からの評判は悪い。親しくしていた友人であっても、利用価値がなくなればあっさり切り捨てるなど腹黒い一面も見せる。

攻略対象

  • エドワード・トーン・タスメリア

タスメリア王国第二王子。アイリスの元婚約者。オレ様な性格の持ち主で、短慮かつ思慮の足りない言動が多く、アイリスを呆れさせていた。ユーリと婚約してからは完全に骨抜きにされており、彼女のおねだりを権力を振りかざし何でも叶えようとする。

  • ドルッセン・カタベリア
騎士団団長の子息。熱血漢で負けず嫌いであり日々鍛錬に明け暮れていたが、ユーリにその様子を褒められ彼女に恋心を抱くようになる。騎士としての名誉と誇りを重視しており、高潔であろうとしているが、ろくに調べもせずにアイリスの糾弾に加担し、彼女に暴力を振るったことを両親に咎められ、徐々に自身の騎士としての在り方に疑問を抱くようになる。

  • ヴァン・ルターシャ
ダリル教教皇子息。次期教皇とされている。

  • ベルン・ターシ・アルメニア
アルメニア公爵家嫡男にしてアイリスの弟。学園の座学では常にトップの成績を修めていた秀才。ユーリに惚れており、彼女がエドワードの婚約者となった後も付き従っていたため、内心で見下していたアイリスの糾弾にも加担した。両親に失望され強く叱責されたことと、アイリスの領地運営の手腕を見学したことで自身の愚かさに気が付き、改心する。

アルメニア公爵家

タスメリア王国で歴代の宰相を輩出する筆頭貴族。

  • ルイ・ド・アルメニア
アルメニア公爵家当主にしてタスメリア王国宰相。アイリスとベルンの父。『氷の宰相』の異名を持つ辣腕家。王位継承権を巡る派閥争いに危機感を抱いている。

  • メルリス・レゼ・アルメニア
アルメニア公爵夫人。アイリスとベルンの母。『社交界の華』ともよばれ、彼女の言動によって流行がうまれ、彼女が出席するか否かでそのパーティの格が決まるとされるほど、多大な影響力を持つ。女性の身でありながら騎士として天賦の才を持ち、その実力は将軍をも凌ぐ。

タスメリア王家

王が病床に臥しており次期国王を巡って第一王子派と第二王子派の派閥争いが勃発している。

  • アイーリャ・フォン・タスメリア
王太后。現王が幼い頃に夫君と死別したため、王が成人するまで女王として政治に務めていた女傑。現在は政治から退き、隠居して離宮に移り住んでいるが、その発言力は今でも健在であり、彼女のことを尊敬する貴族や庶民も数多い。

  • アルフレッド・ディーン・タスメリア
タスメリア王国第一王子。王位継承権を持つ。長期にわたって海外に留学しているとされている。

  • レティシア・ディーン・タスメリア
タスメリア王国第一王女。愛称は「レティ」。アイリーシャと共に離宮で生活している。聡明な人物であり、政治経済に明るく執務能力も高い他、必要であれば汚い手段も取ることが出来る胆力がある。

  • シャリア妃
現王の正妃。アルフレッドとレティシアの母親。作中では既に亡くなっている。
国王の寵愛を一心に受けていたが、元が伯爵令嬢であったため側室のエルリア妃との関係は最悪だった。

  • エルリア妃
マエリア侯爵令嬢で、現王の側室。エドワードの母親。現王の寵愛を求めていたが、自身よりも元の身分の低いシャリア妃ばかり愛されていたため激しく嫉妬していた。実子であるエドワード第二王子を国王にするため、策謀を巡らせる。

用語

  • ダリル教

タスメリア王国の国教。王国のほぼすべての人間が信者であるため、ダリル教教皇と神官達には、場合によっては貴族の権力すら優に超えるほどの強い影響力があり、教会の運営や方針については王家であっても平時は干渉できない。そのため教会内部は腐敗が進んでおり、賄賂で私腹を肥やし、権力争いに腐心する神官も少なくない。

  • トワイル国
タスメリア王国の隣国。北西にある国で、気候と痩せた土地という2つの理由で、食糧生産量はあまり宜しくない。30年前には戦争が勃発した。

関連タグ

小説家になろう
悪役令嬢

領民0人スタートの辺境領主様:領地運営をメインテーマに据えた作品。

外部リンク

小説家になろう版

ヤングエースUP版
ComicWalker版
Pixivコミック版

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「公爵令嬢の嗜み」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1787

コメント