ピクシブ百科事典

刺突爆雷

しとつばくらい

刺突爆雷とは、第二次世界大戦中に大日本帝国陸軍が使用した対戦車兵器である。

1941年12月における日米開戦当時、日本軍では対戦車戦闘に必要不可欠な対戦車砲などの兵器の絶対数が不足していた。
先に行われていた日中戦争においては、敵戦力の中心が歩兵だった事もあり、あまり対戦車戦闘を行う機会と必要が無かった事も起因している。
しかし、ヨーロッパにおいてはドイツ軍相手に連合国軍側の戦車も洗練され、その重装甲化に対して有効な威力を持つ対戦車砲の開発が遅れていた。
当時主力であった九七式中戦車チハ)もまた、九七式57mm戦車砲でM3軽戦車の薄い後部装甲を貫通できない等の攻撃力不足に悩まされている。
この為、対戦車戦闘に際しては…

  1. 戦場の地形の利用、又は落とし穴や障害物等のトラップの構築。
  2. 敵戦車を自軍陣地におびき寄せ、側面もしくは後面に対して、至近距離から複数の野戦砲を直射する。
  3. 1と2の手段も含まれるが、転輪・駆動輪・キャタピラの破壊により動きを封じる。
  4. ハッチなどの開口部を狙った狙撃。
  5. 爆薬地雷などをもって肉薄。
  6. 5と同時に、拳銃銃剣火炎ビンによる敵戦車乗員への直接攻撃。
…以上の方法を除いては、有効な手立てが無かったのである。

このような状況下で、対戦車肉迫攻撃機材として、ノイマン効果を使用した重量数kgの爆雷、対戦車手榴弾、あるいは爆発によって装甲を爆砕する地雷が各種開発された。

刺突爆雷は長さ1.5mの棒、または竹の先端に、全幅20cm、全長30cmの円錐状の成形炸薬弾頭をつけたものである。
円錐形の弾頭内部には漏斗状に凹んだ空間が設けられており、爆発のエネルギーが前方に収束するよう工夫されている。
また、この凹みには銅などの金属が薄く張られ、爆発により高温の金属ジェット流を発生させる。
弾頭の後部には打撃発火式の信管が付けられ、弾頭の前面には刺突方向に向けて等間隔に3本の釘が植えられていた。
これは人力で装甲に突き刺すというためのものではなく、爆発により発生する金属ジェット流のスタンドオフの距離を維持するための物と考えるのが妥当である。
しかし成形炸薬弾の爆発の威力はすべてが前方に収束するわけではなく、残りは周囲へと爆風を及ぼす。
戦車に数mの距離まで肉薄するということ、対戦車攻撃に成功した場合、爆薬が兵員のわずか1、2m先で爆発することを考えれば生還を考慮に入れるような種類の兵器ではない。
つまりは、実質上の特攻兵器であった。

刺突爆雷は前線への補給が間に合わず、さまざまな種類のものが現地の各部隊で製作された。フィリピン島、沖縄の実戦で投入された。

類似の兵器

対人用爆竹槍(爆槍
伏龍
九九式破甲爆雷(こちらは磁石で装甲に貼り付けることが出来る吸着地雷であるが成形炸薬弾頭ではない)

pixivに投稿された作品 pixivで「刺突爆雷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36416

コメント