ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

プロ野球において頭部といった個所に危険な軌道の投球をした投手への退場の制裁。故意死球は論外として、コントロールが定まらなかった偶発的なケースでも適用されることもある。

かつては、頭部への死球が生じても、審判団より警告が発せられて試合を再開する程度に留まっていたが、1994年5月11日神宮球場で開催されたヤクルトスワローズ読売ジャイアンツとの試合における、死球がきっかけで生じたトラブル(後述)を機にセ・リーグでは危険球退場が制定され、後にパ・リーグでもセ・リーグの基準に従って危険球退場が導入された。

発生時の詳細

2回表にヤクルト先発・西村龍次投手の投球が、巨人・村田真一の側頭部へ直撃してしまい、村田は脳震盪によりそのまま負傷退場となった。すると、3回裏には巨人先発・木田優夫投手が西村の臀部へボールを当ててしまい、ヤクルト監督・野村克也が報復行為とみなして激怒。
さらに、7回表に西村が投げたインハイボールがダン・グラッデンの頭部付近をかすめ、グラッデンは倒れ込みながら辛うじてかわしたものの激昂。マウンドの西村に詰め寄ろうとしたため、中西親志捕手が止めようとしたが、グラッデンはその勢いのまま中西に食って掛かり、殴り合いとなったことで、遂に両軍が入り乱れる大乱闘に発展した。中西とグラッデンは暴力行為で退場、西村も乱闘の原因となる危険投球を行ったとして退場となり、後にグラッデンと西村は2人揃って出場停止処分が下された。
巨人対ヤクルト戦では、前シーズンよりトラブルが多発しており、巨人監督・長嶋茂雄と野村との間で激しい確執が生じていた。長嶋はこの試合後のインタビューの中で「目には目をですよ」と発言するなど、西村の投球ミスに怒りを隠さなかった。しかし、巨人選手側は西村を強く責めることはせず、ヤクルト側からも木田を気遣う意見もあったものの、野村と長嶋との間の確執が一層深まることとなった。
グラッデンはこの乱闘時に負った指の骨折の影響もあって同年シーズン限りで現役引退に追い込まれ、中西もこのときのケガが遠因でその後の成績は振るわなかった。なお、西村はこの騒動以前から制球が乱れがちな場面が徐々に目立っており、危険球騒動後も不調が続いたため、翌年シーズンには吉井理人との交換トレードで近鉄バファローズへ移籍させられた。
ちなみに、肝心の試合内容は、4回裏にジェラルド・クラークの2ランで先制、その後桜井伸一が2ランを放って一挙に4点をもぎ取り、そのままヤクルトが勝利を収め、退場処分を受けた西村が勝利投手となった。一方、巨人は負傷退場した村田の後を受けたデーブ大久保が9回表に放ったソロホームランによる1打点のみに抑えられ、完敗している。



関連タグ

野球 投手 デッドボール 退場
山口俊(2021年シーズン時点の現役選手で同処分を最も多く受けている投手<両者とも通算4度>)
畠世周(2021年シーズン時点でセ・リーグ球団所属の現役選手において、ワースト最短で危険球退場となった先発投手<2017年9月30日の対阪神戦で先発を務めた際、2番打者・上本博紀に投げたカットボールがその側頭部に直撃、わずか4球目で退場となった。>)
佐々木健(2021年シーズン時点でセ・リーグ球団所属の現役選手において、ワースト最短で危険球退場となった先発投手<2021年7月2日の対オリックス戦で先発を務めた際、1番打者・福田周平のヘルメットをかすめ、ワースト最短3球目で退場となった。>)
桑田真澄(2021年シーズン時点での引退選手で同処分を最も多く受けた投手<通算3度>)
浅尾拓也 (2021年シーズン時点での引退選手で同処分を1シーズン内で最も多く受けた投手<2008年シーズンに計3度(同時にこれが浅尾の通算記録でもある)>)
青木宣親セ・リーグにおいて2021年シーズン時点で現役・引退双方を通じて最も数多く危険球を受けている選手<通算6度セ・パ両方合わせて最多)>)
清田育宏パ・リーグにおいて2021年シーズン時点で現役・引退双方を通じて最も数多く危険球を受けている選手<通算5度>)

関連記事

親記事

退場 たいじょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「危険球退場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143

コメント