ピクシブ百科事典

古橋文乃

ふるはしふみの

『ぼくたちは勉強ができない』の登場人物。

概要

3年A組所属。現代文古文漢文を得意とする通称「文学の森の眠り姫」黒髪ロングで、モデル並みにスタイルも良い美少女だが、胸は小さいためにそれを指摘されると落ち込む。あとさりげに左利き

文系では右に出る者はなく、試験時間残り10分で(それまでは居眠りしていた)書き上げた小論文は、あまりの論理展開の美しさで担当教師を感涙させたり、即興で作ったおとぎ話で唯我成幸の弟妹を「生きるって素晴らしい」と号泣させるなど、文学のセンスは計り知れない。その上記憶力も抜群で、一度覚えた言葉や文章はほとんど忘れないとのこと(実際に、作中で芥川龍之介羅生門を全て寝言で暗唱するという神業をやってのけた)。

が、逆に理系問題は壊滅的。本人曰く「数式を見ると頭が真っ白になる」とのことで、睡魔にも襲われるらしい。しかし幼い頃に母親を亡くし、母親の星を見つけたいと夜空を見上げ続けた事から、天文学の道を志しており、志望先を理系の大学にしている。そのことから、初代教育係の桐須真冬に対しては、教育方針の食い違いから反りが合わず苦手意識を抱いている。とはいえ、カレーライスの作り方をフォローして貰った時には感涙してお礼を言ったりと、完全に嫌っているわけではない。

運動についてはそこまで苦手としておらず、単行本のキャラクター紹介においてもAthletic:〇と紹介されている。

緒方理珠と同様に他人にあまり興味を持たないタイプだが、理珠だけはお互いに天才であるが故に認識している。また、基本的に悪意なく辛辣な物言いをしてしまう傾向がある。数学のテストがダメだったり、体重が増えた時は、その毒舌の矛先が自分に向けられ、自虐キャラに変貌する一面も見せている。人の心の機微を読むことに長けており女子力も高い。

反面、自炊経験がほぼゼロで、料理はからっきしダメ。食事についてはお菓子などを買い込んだりしている(一時大量に食べ過ぎて太ったことも)。ただ、成幸に料理の腕について問われたときに、咄嗟に見栄を張ってしまって「料理ができる」と言ってしまったため、彼からは料理ができると思われている。

実家は豪邸で、かなり裕福である様子。前述のように母親は亡くなっており、兄弟姉妹もおらず、父親と二人暮らし(父子家庭)であるが、父親は仕事で家を空けることが多いようである。お手伝いさんの類もいないらしく、彼女が風邪で寝込んだ時は、武元うるかが看病に来ていた。

当初は隣の席の成幸の名前も認識しておらず、更には彼が教育係に任ぜられた際には彼の事を初対面呼ばわりしたが、独自の方法で自分の教育に心血を注ぐ成幸の姿勢に感激し、以降は彼の名前を憶えて「唯我君」と呼ぶようになる。

理珠とうるかが共に成幸に好意を寄せていることを知り、友人たちの三角関係に胃に痛めながらも、ウブな2人のリアクションを楽しんだり、相談に乗って陰ながら応援したりしている。だが、そんな文乃自身も彼に心惹かれつつあることは、まだ自覚していない。友達が好意を寄せている男子のことを自分が好きになるはずがないと‥‥。

関連タグ

ぼくたちは勉強ができない 黒髪ロング 貧乳

pixivに投稿された作品 pixivで「古橋文乃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187420

コメント