ピクシブ百科事典

地繭無限

ちけんむげん

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「無限之前,唯見悲憐。」

概要

称号:地繭(ちけん)

霹靂布袋戲」の登場人物。
霹靂狼煙之古原爭霸」から「霹靂天命之戰禍邪神」シリーズにかけて活躍した。

幽界の守護者である陽魔琴の使い手。「天魔繭」の夔禺疆と合わせて「天地雙繭」と称される。
体から六つの殺魂(六色殺魂)を分身する能力を持ち、殺魂を幽界外部に行かせて、あらゆる任務をこなす。

斬魔錄」以降は、無限恨と名乗って活動する。メイン画像は無限恨時期の姿である。

名前は「無限」2文字となっているが、区別のため、イラスト投稿の際は「地繭」「地繭無限」のタグをつけることが望ましい。

プロフィール

性別
初登場霹靂狼煙之古原爭霸 第10章
退場霹靂天命之戰禍邪神Ⅱ破邪傳 第50章
根拠地幽都、神亡異空
身分幽界天地雙繭の「地繭」
化身九千秋、無限恨
家族原始魔君(父)、九嬰(母)、朱雀衣(妹)
同僚夔禺疆(天魔繭)
部下無間鬼后、蛾魔蝗、千魔幽旨、魔驕
その他黑翼冰魂、赤翼焰魂、青翼刀魂、藍翼劍魂、白翼雪魂(六色殺魂)
武器陽魔琴
所有物九轉還元丹


人物

白いフードを身にまとう、幽界聖族の青年。通称「無限」。冷たい雰囲気に、神秘感を漂う守護者。幽界の魔物たちと違い、美形な顔立ちをしている。

初登場時は神亡異空にて姿を現し、挑戦しに来た赮畢鉢羅を撃退した。幽界地脈の安定と聖母・九嬰を守ることが、彼の役目である。守護者として、幽界から出ることがなく、外部の戦いに関わることもほとんどない。六色殺魂の分身を駆使して、夔禺疆に補佐するのみだった。

六色殺魂(ろくしょくさつこん)は、幽界の王族のみ使える能力である。幽界の亡霊を吸収し、自分の魂の一部を与えることで、新たな生命体「殺魂」を作ることができる。殺魂たちは、無限の一部外見の特徴が見られる。形式上は実体と分身だが、自我を持っているため、無限の命令に従うが、自分の意識で動くこともできる。作品の中では、幽界の創造者・魔始を除き、彼しか使用していない。

幽界を守る間、風之痕の意識にもぐり、かつて精幽大戦時期に逆神暘と交戦し、聖母を救ったことを知る。恩返しとして、自身の魂の一部を犠牲に風之痕を助けた。

夔禺疆が九嬰の力を吸い取り、幽界の覇権を握る際に、表面上彼に協力を続ける。だが白衣劍少黑衣劍少風之痕と交戦するとき、風之痕の意識を戻させ、裏では夔禺疆の陣営をつぶす作戦を練っていた。

縱橫子が幽界の軍師になる時に、縱橫子・魔夜聽劍と交戦するも、敗死してしまう。しかしそれは打倒夔禺疆の作戦の一つであり、無限は縱橫子の力を借りて、武林で「九千秋」に化身する。その後、縱橫子寄曇說などと協力して夔禺疆を倒し、元の姿に戻る。

夔禺疆の政権がなくなった後、聖母・九嬰が戻り、原始魔君の復活に手掛ける。鬼麒主が見つからないという原因で、自分と妹の朱雀衣が生け贄として捧げることになる。朱雀衣は犠牲になるが、無限は重傷を負うも一命をとり留め、妹の復讐のために、「無限恨」と名乗るようになる。

以降の動向は、無限恨の項目を参照。

関連タグ

霹靂布袋戲 朱雀衣

無限恨 孤星淚

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴーりーぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「地繭無限」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22

コメント