ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大阪市中央区天満橋京町と同区石町(こくまち)1丁目に跨がる京阪電気鉄道京阪本線・中之島線とOsakaMetro(旧大阪市営地下鉄)谷町線との乗り換え駅。
いずれも地下駅である。

谷町筋はここが起点で、旧淀川に架かる天満橋から見て北側では天満橋筋に変わる。
ちなみに、同名の橋とは別に、対岸の北区に天満橋という地名もあり、そちらは帝国ホテル大阪などがある大阪アメニティパーク(OAP)の所在地でもある。このOAPの最寄り駅は大阪環状線桜ノ宮駅。当駅からは700mほどの距離があるため、谷町線利用の場合は当駅から徒歩になる(京阪利用なら1つ上り方の京橋駅での乗り換えが可能)。

京阪本線・中之島線(KH03)

所在地:大阪市中央区天満橋京町
天満橋の南詰、京阪シティモールの真下にあり、地上部には大阪シティバスのターミナルも立地する。
1963年までは京阪本線のターミナル駅として栄えたが、淀屋橋駅まで乗り入れるようになってからはかつてほど栄えていない。
また、地上時代は現在OMMビルが建つ場所(現在の中央区大手前1丁目)にあり、頭端式ホーム3面6線の高架駅だった。

駅構造

ホームは地下2階にあり、2面の単式ホームが1面の島式ホームを挟み込む体裁の複合3面4線を持つ。北側2線は中之島線中之島方面へ、南側2線は淀屋橋方面へ繋がっている。
かつては、北側2線が淀屋橋方面へ繋がり、南側2線が朝夕時間帯の当駅折り返し列車専用ホームだったが、中之島線建設に合わせてこれを入れ替えた。

乗り場路線上下方面備考
1京阪本線上り枚方市中書島出町柳方面中之島始発
2中之島線下り中之島ゆき
3京阪本線上り枚方市・中書島・出町柳方面淀屋橋始発
4京阪本線下り淀屋橋ゆき

※中之島線は当駅が終点となっており全列車が京阪本線へ直通する。ホームの構造上中之島発着列車・淀屋橋発着列車の乗り換えは不便なため、両者の乗り換えは同一ホームでの乗り換えが可能な隣の京橋駅を推奨している。

隣の駅

種別によらず全列車が停車する。

下り上り
淀屋橋発着北浜駅(KH02)当駅京橋駅(KH04)→
中之島発着なにわ橋駅(KH51)当駅京橋駅(KH04)→

OsakaMetro谷町線(T22)

所在地:大阪市中央区石町1丁目
東側は大手前の官庁街で、大阪府庁のほか、京阪電気鉄道本社(前述のOMMビル内にある)、日本経済新聞大阪本社、テレビ大阪本社が立地する。
反対に西側は近世以来の商業地だが、中世までは「渡辺津」と呼ばれ、摂津国府が置かれていた。これは現在、石町という地名にその名残りを残す。

駅構造

島式ホーム1面2線を持つ。ホームは地下3階に設置されており、南改札と北改札を通じて地上と繋がっている。駅長が配置され、当駅のみの単駅管理となっている。

乗り場上下方面隣の駅
1南行天王寺八尾南方面谷町四丁目駅(T23)→
2北行東梅田天神橋筋六丁目大日方面南森町駅(T21)

利用状況

近況

京阪電気鉄道

  • 2019年度(令和元年度)の1日平均乗降人員は、58,348人である(大阪府統計書より)。
Osaka Metro
  • 大阪市営地下鉄時代の2017年度(平成29年度)の1日平均乗降人員は、90,841人である。

利用状況比較表

事業者名京阪電鉄
  • 大阪市営地下鉄(当時)
  • Osaka Metro
年度乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度60,011人90,453人
2009年(平成21年)度59,992人91,194人
2010年(平成22年)度60,653人88,681人
2011年(平成23年)度58,414人84,315人
2012年(平成24年)度55,698人86,341人
2013年(平成25年)度55,947人85,513人
2014年(平成26年)度56,578人87,795人
2015年(平成27年)度57,629人91,519人
2016年(平成28年)度57,564人90,446人
2017年(平成29年)度57,957人90,841人
2018年(平成30年)度57,560人
2019年(令和元年)度58,348人


関連タグ

大阪府内の駅一覧  京阪電気鉄道 大阪市営地下鉄 大阪市交通局 OsakaMetro

関連記事

親記事

大阪府内の駅一覧 おおさかふないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天満橋駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 329

コメント