ピクシブ百科事典

宝石の赤ちゃん

ほうせきのあかちゃん

「宝石の赤ちゃん」とは、ジョジョリオンに登場するキャラクター。

概要

1901年11月11日に、杜王町の海岸にある二本松の根本で発見された男の赤ちゃん康穂ジョニィ・ジョースターの伝説を調べて過去の新聞を見ていた際に、小さい記事として載っていたのを発見した。明らかになっている情報は以下の通り。

  • 1~2さいとみられる
  • 手足に軽い凍傷があるが健康状態は良い
  • 身元不明
  • 身長74センチ
  • 体重10キロ
  • 綿製の灰色の帽子と靴下以外は全裸
  • 首に高価な「宝石」をかけている

赤ちゃんがその後どうなったのかは分かっていない。首に高価な宝石をかけていたことから、読者の間では「宝石の赤ちゃん」と呼称されている。

記憶の男同様、明らかに重要なキャラっぽく登場しておきながら、この初登場以降は全く言及されていない。その後物語が進んでプアー・トムが登場した際には、一部読者から「こいつが宝石の赤ちゃんでは」なんて声も上がったりしたが、彼はあっさり退場してしまったし、多分違う。
仮に1901年で1歳だとすると、本編である2011年に生きていれば111歳ということになる。年齢的に一番可能性があり得るとしたらアイツなのだが...。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョリオン
マニッシュ・ボーイ 静・ジョースター 緑色の赤ちゃん...同じ赤ちゃんキャラ

関連記事

親記事

ジョジョリオン じょじょりおん

兄弟記事

コメント