ピクシブ百科事典

山崎吉家

やまざきよしいえ

戦国時代~安土桃山時代にかけての武将で、越前の戦国大名・朝倉氏の家臣。通称は新左衛門尉、長門守。
目次[非表示]

概要

生年……不詳
没年……天正元年8月14日(1573年9月10日)

はじめは名将・朝倉宗滴に従い、加賀の一向一揆と交戦する等軍略に優れ、越後の上杉家や美濃の斎藤家(土岐家?)との外交に関与した人物。主君・朝倉義景織田信長との抗争が勃発した際には信長に背いた浅井長政が籠る小谷城の救援に赴いてよく持ち堪えさせ、志賀の陣の一つである宇佐山城の戦いでは宇佐山城を守衛していた織田軍の猛将・森可成や信長の甥である織田信治青地茂綱蒲生賢秀の弟で、蒲生氏郷の叔父に当たる武将)を討ち取る等の活躍を見せた。

後に刀禰坂の戦いでは朝倉軍の殿軍を務め、徹底的に追撃してきた信長率いる織田軍に少なからぬ損害を与える程の奮戦を展開したが、織田軍の執拗な攻撃の前に力尽き、弟の山崎吉延、子の山崎吉健ら一族の殆どを含めた多くの将兵と共に壮絶な戦死を遂げた。因みにその他にも、この戦いで河合吉統斎藤龍興(美濃の戦国大名・斎藤義龍の息子で、斎藤道三の孫に当たる武将)といった朝倉家の重臣も戦場の露と消えている。

山崎吉家を含む、越前山崎氏の一族の多くは戦没したものの、吉家の弟・山崎吉延の息子である山崎長徳は後に明智光秀柴田勝家に仕えた後、最終的には前田利家とその息子の前田利長に仕えて関ヶ原の戦い大坂の役で活躍。更に長徳の子孫は其々、加賀藩士山崎庄兵衛家(山崎宗家)、大聖寺藩士山崎権丞家、山崎図書家と分かれて加賀藩や大聖寺藩の家臣として栄えた。

創作物上の扱い

戦国大戦

/お前も山崎ぞ\


ふ……、猛き山崎に敗れたこと、恥ではないぞ

「1570魔王上洛す」より新たに追加された勢力・浅井朝倉家の一員として登場。

上記の台詞のみならず、あらゆる台詞においてやたらと自分の苗字である「山崎」を連呼するという、佐々成政に負けず劣らずの自己主張が激しい武将と化している。またイラストも恰幅の良い体格で、紺色のアイマスクらしき帯を目に装着し、フランシスコ・ザビエルみたいに頭部の天辺だけが禿げている(ザビエルの頭部は『トンスラ』という髪型であって禿げてはいないのだが)という、何ともインパクトの強いものに仕上がっている。

その濃厚なキャラに反して、能力の方はコストが1.5の弓足軽で武力・統率が共に5と、一見すると平凡だが、特技で伏兵を持っており、場合によっては開幕時に相手の出鼻を挫かせる可能性を秘めている。

所持計略は武田家の禰々が持っている「力萎えの呪い」で、敵味方問わず武力を5ほど下げる代物。計略の使い方としては固まって出て来た敵軍に特攻覚悟で単独で突っ込ませて武力を下げたり、また故意に味方もろとも「力萎えの呪い」に掛けた後、浅井家特有の流転計略(※)を仕掛けて自部隊のみ浄化かつ武力強化するという戦い方が出来る。

特に浅井家の赤尾清綱が持つ「流転の采配」(複数の味方の部隊で、何も計略がかかっていない状態だと武力を2上昇、掛かっている場合だと浄化した後、武力を5上昇させる計略)を掛けて自軍のみ無効+武力強化をするというコンボはかなり強力。

但し本人が弓足軽の為、弓の役割を果たさずに前線に立たなければならないという所が欠点である。また、山崎のみを前に押し出すと当然自軍が何をしたいのかが相手側にばれる為、仕掛ける際は綿密に計画や作戦を練る必要がある。

(※)味方に掛かっている、あらゆる計略を無効にした後、代わりに武力等を上げたりする計略の事。

信長の忍び

『山崎吉家はマイナー武将ですが私個人としては名将だと思っておりますので、皆様がご記憶下されば幸いです』(巻末コメント)
「えっ!? ワシってまいなあなの?」

足利家の中興の祖・宗滴の代より仕える老将。現当主・義景にとっては親代わりのような存在。髪は雲のようにフサフサしたアフロヘアで、槍や弓矢すら通さないほど頑丈(現在は白髪)。
師である宗滴を深く尊敬しており、彼の残した名言集を常に携え隙あらば引用している。
刀根坂の戦いで殿を務め、「武士は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という宗滴の言葉を胸に織田軍を迎え撃ち、髪が菱形に切り刻まれるほど闘い続けたが力及ばず、銃撃を受けて命を落とした。
死後、携帯していた名言集は助蔵に拾われ、後世に伝えられることとなる。

関連タグ

朝倉義景 朝倉宗滴 織田信長 浅井長政 森可成 佐々成政 戦国大戦

pixivに投稿された作品 pixivで「山崎吉家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9479

コメント