ピクシブ百科事典

当て身投げ

あてみなげ

ギースの十八番とも呼ぶべき必殺技。格ゲー界に大いなる誤用を定着させてしまった技でもある。

ポケモンの技はこちら→あてみなげ

「Too Easy!(容易いぞ!)」

概要

ギースが日本で習得した古武術の技法。
相手の当身(打撃技)を受け流して投げにかかるカウンター技であり、いわゆる合気の類に入る。
「ギースと言えば当て身投げ」と断言できるレベルで定着している技であり、初代『餓狼伝説』ではハードにもよるが飛び道具まで取って投げる相手を、である。こいつみたいに飛び道具を投げ返すんじゃなくて)チート振りまで発揮していた。
流石にプレイヤーが使える場合はそんな簡単にはいかず、上中下段と分かれているため相手の攻撃に合わせて的確に決めていく必要があり、プレイヤーの経験が問われる技である。
また一部は投げではなく打撃技で反撃する「当て身打ち」になっている場合も。

語彙の転用

本来は「当て身(打撃技)」を受け流して「投げる」から「当て身投げ」という技名であった。
しかし、当時のゲーマーの間で「当て身」という古風な用語が浸透しておらず一連の行動が「当て身投げ」という一塊で認識されてしまい、さらにここから派生して他のキャラの同様の技もこのように呼ばれるようになったことが悲劇の始まりであった。
相手の攻撃を受け止めた後に投げ以外の反撃を行う技も登場したことで「当て身投げ」という用語だけでは収めきれなくなってしまい、当時ほぼ唯一のアーケードゲーム情報誌だった『ゲーメスト』の記事等で元々の意味を理解せずに「投げ」の部分を略してカウンター系の技全般を「当て身」と呼ぶ慣習が定着してしまったため、本来自分から攻撃する打撃技を意味する「当て身」が格ゲー業界ではあべこべの意味で定着してしまった

「カウンター」や「返し技」では単なる反撃と紛らわしい為に、これ系統の技を表す用語として便利だったことや、「当て身」という字面から「自分のに敢えて攻撃を当てさせて受け止める技」のように見えてしまうことも、誤解釈が大きく広まってしまった一因と思われる。
定着してから久しいためそれこそ「ゲイザー」並に直しようがないが、気になる人には気になるので、せめて「投げ(打ち)」を略さず付けるとか「当て身返し」とかにしてくれるとスッキリするかもしれない。

ちなみに英語版では「parry」(かわす、受け流すを意味する)と呼ばれているが、日本ではロマサガシリーズの影響で「パリイ」といえば無傷で攻撃を防ぐだけというイメージが強く、現に『ストリートファイターⅢ』の「ブロッキング」等も同じく「parry」と呼ばれているため、こちらも定着は難しいだろう。

関連記事

親記事

ギース・ハワード ぎーすはわーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「当て身投げ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33539

コメント