ピクシブ百科事典

房中術

ぼうちゅうじゅつ

古代中国より受け継がれるセックス術指南。
目次[非表示]

概要

このくノ一ハニートラップのための……というのは後世にできた話。
本来の房中術は、房事(すなわちセックス)に関する古代中国養生術(健康法)の一種であり、易経陰陽思想に基づき、快楽を目的とはせず、医学的に性行為から操作することにより健康状態を保ち、長生きするための指南のこと。

伝承においては九天玄女素女というふたりの仙女黄帝に伝えたともされる。

ちなみに儒教道教にも解釈によって影響を受けていたものの、古代に記述されたこの術の文献は時がたつにつれ散逸し、古代におけるこの術のきちんとした研究が行われるようになったのは20世紀後半、墳墓が発掘されこれまで知られていなかったこの種の文献が発見されるまではあまり研究が行われていなかったとされる。
また、日本においては医学書である医心方にてこの術に関して引用された文章が存在する。

以下はこの術の内容の一例である。

  • 楽しみに節度があれば、心は穏やかで長生きできる。溺れて顧みなくなれば病が生じ、命が損なわれる。
  • 女性が十分に興奮した状態で交わること。男性は快楽に身を任せず精(気の一種のこと)を漏らさないように交わること。
むろん、ここに上げたのはその一例である。
本来この術は、という人間の必須の行為に対して節制を保ち「適度な楽しみ」とし、無用に体力を消耗しないことで身体を保養し、男女の身心の和合を目指すものであったとされる。

創作上

現実にできるかは不明だが、創作作品では房中術を治療や能力強化、相手の弱体化などに用いるキャラクターが登場することもある。

関連項目

セックス 色仕掛け

pixivに投稿された作品 pixivで「房中術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195933

コメント