ピクシブ百科事典

斎藤綜明

さいとうそうめい

「食戟のソーマ」の登場人物(メイン画像の一番左端)。
目次[非表示]

声:小西克幸

プロフィール

誕生日2月11日
血液型B型
身長186cm
好きな剣術の構え八相
好きな映画太秦ライムライト


概要

遠月茶寮料理學園高等部3年生。「遠月十傑評議会」の第五席。
モヒカン頭で、顔に横一文字に走る大きな傷があり、木製の鞘に収めたの様な巨大な包丁『いさな斬り』を持ち歩くなど、少々浮世離れした身なりをしている。
女木島曰く「武士道を志すあまり、どうでもいい事に武士っぽさを見出してはこだわり抜く」という面倒くさい癖がある。

他の十席5人と謀って薙切薊に加担し、薙切仙左衛門を総帥の座から追い落とした。
中枢美食機関(セントラル)発足後は薙切薊の方針に賛同しなかった第三席の女木島冬輔が除名されたため、新たに第四席となっている。

美作のトレースにより、一人称が拙者であることが判明したが、一人称は基本はで本人曰く「武士道を重んずる俺でも『拙者』などとは言わぬ」と言って否定したが、十傑の3年からは言うと返された。小林竜胆によると時々、拙者と言うらしい。
創真戦ではやっぱり拙者と口に出してしまった

2ndBOUTの美作戦では「まぐろ十貫 小玉紅玉寿司(こだまルビーずし)」を披露し、「隠し包丁」の差で圧勝した。

3ndBOUTの創真戦では最初は創真を「ヤバイ」と言わせたほどの「バター海鮮丼」を披露するが、創真が今までの遠月での研鑽を集約させた「バターピラフ稲荷ずし」を出したことで完敗。強い相手と戦えたことを喜びながら「武士道はお主にあり」と称賛した。

過去

斎藤の実家は母親が営む小さな寿司店で地元では常連客が来るなど母親は腕利きの寿司職人だった。母子家庭で育ち遠月学園へ進学した後、母は名のある別の寿司屋へ修行しに行ったのだが、男尊女卑の古い習慣が罷り通る悪質な勤務状況から、過労で倒れてしまう。
店員は母親以外誰一人いなかったことから綜明は店を守るべく自分が寿司職人になることを誓う。(同時に武士に目覚めたのもこの時テレビで流れてた大河ドラマによる。その前までは彼は普通の少年だった。)
この当時中学生の時点で職場に立ち、母を病に追いやった寿司屋含め因縁をつけられてきたが職人としての能力を見せつけ、子供だからと差別待遇をする周囲の面々を黙らせてきた(要するに下克上)。
この過去は薊も知っており、薊はこれを許されない事態と認識し、一対一で彼を勧誘している。

料理

得意料理は寿司で、当代きっての天才寿司職人の異名を持つ。
背負っているいさな斬りは飾りではなく、自身の包丁さばきで目にもとまらぬ速さで巨大なを捌く大技を披露した。
それ以外にも、を活かすためにあらゆる副食材を自由自在に扱いこなし、技術は魚介のスペシャリストである黒木場をも驚愕させたレベルのもの。

関連タグ

食戟のソーマ 遠月十傑評議会
 武士道 拙者 巨大武器 寿司 下克上

pixivに投稿された作品 pixivで「斎藤綜明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6518

コメント