ピクシブ百科事典

遠月十傑評議会

とおつきじゅっけつひょうぎかい

「食戟のソーマ」に登場する用語であり、組織。
目次[非表示]

概要

遠月茶寮料理學園において、上位10名で構成される委員会で、『十傑』と通称される。
学園の最高決定機関で、学園の持つ権力財力の一部を手中にしている存在で、彼らの発言は教師よりも強い権限を持つ。

  • 料理の為ならば、遠月の莫大な予算を使い放題
  • 出版された部数が少ない数世紀前の希少なレシピやオークションに出れば、数百万確実な古典料理書などにも簡単にアクセス可能
  • 日本中の職人が喉から手が出る程欲しがる食材、調理器具、設備が最新だろうが高級だろうが望むだけ入手可能
といった具合に、料理が全て』な学園において、「研鑽の為なら全てが許される」程で、行使出来る権限はかなり大きく、席次が上になればなる程増大していく。

秋には、1年生の上位陣(秋の選抜で本戦に進出した8名)と十傑が顔を合わせる「紅葉狩り」とう伝統行事がある。
女子生徒が第一席に上り詰めたことは、遠月の歴史で数えられる程度だという。

一方で、十傑の過半数が賛同さえすれば、学園の運営方針変更や学園長の交代でさえも出来るという、ある種の危険な側面を持ち合わせている。
事実、「月饗祭」の終結直前にて、えりな、一色、久我、女木島の四人を覗くメンバーが利害一致によって賛同した結果、遠月グループ内でも危険人物と目されている薙切薊薙切仙左衛門を追い落とす形で学園を乗っ取る事態を招いてしまう事になっている。
更には薊に最初から対象外と見なされていたえりなを除く3人は、薊政権からしばらくして、薊の権限と賛同した十傑の意向(竜胆だけは最後まで反対した)によって十傑から除名処分されてしまう事になり、この時点で遠月の最高権力である十傑も、完全に中枢美食機関(セントラル)寄りの方針となった。その後空席は十傑入りをかけたサバイバルによって埋められたが、同時に複数のメンバーが上位の席次に昇格している。

現在の十傑メンバー

第90期
第一席:司瑛士(つかさ・えいし)【3年】
第二席:小林竜胆(こばやし・りんどう)【3年】
第三席:茜ヶ久保もも(あかねがくぼ・もも)【3年】〔元第四席〕
第四席:斎藤綜明(さいとう・そうめい)【3年】〔元第五席〕
第五席:鏑木祥子(かぶらぎ・しょうこ)【2年】〔サバイバル組〕
第六席:紀ノ国寧々(きのくに・ねね)【2年】
第七席:叡山枝津也(えいざん・えつや)【2年】〔元第九席〕
第八席:白津樹利夫(しらつ・じゅりお)【2年】〔サバイバル組〕
第九席:空席
第十席:空席

過去の十傑メンバー

第69期(39歳)
第一席:堂島銀(どうじま・ぎん)
第二席:才波城一郎(さいば・じょういちろう)
第三席:中村薊(なかむら・あざみ)
(※薊はこの時1年であったため、卒業時は71期で現37歳)

第79期(29歳)
第一席:四宮小次郎(しのみや・こじろう)
第二席:水原冬美(みずはら・ふゆみ)

第80期(28歳)
第二席:乾日向子(いぬい・ひなこ)

第88期(20歳)
第二席:角崎タキ(つのざき・たき)

第89期
第二席:木久知園果(きくち・そのか)

第91期
第三席:女木島冬輔(めぎしま・とうすけ)
第七席:一色慧(いっしき・さとし)
第八席:久我照紀(くが・てるのり)
※上記3名は薊政権に賛同しなかった…というよりも、最初から薊にとって対象外の存在であった為、第151話にて十傑の権利を剥奪された。後に連隊食戟のえりな率いる反逆者チームに参加。
第92期
第九席:葉山アキラ(はやま・あきら)
※汐見ゼミの存続のために薊政権の傘下に入り、十傑入りをかけたサバイバルを勝ち抜いた。進級試験での創真との対戦で敗北し、敗北したら退学と中枢美食機関と約束していたために退学処分となり、十傑からも外れた。
第十席:薙切えりな(なきり・えりな)【1年】
※極星寮に匿われて以降寮生が料理ぶつけ合う姿やアリスと創真が薊と真っ向から対立する姿を目の当たりにし、絶対と思っていた自分の味覚と薊のやり方に疑問を生じていたが、創真の鶏卵の天丼を食べてから薊政権と対立する立場を取り、連隊食戟の1か月前に薊の目の前で十傑の座を返上し、薊と戦う道を選ぶ。

関連タグ

食戟のソーマ 遠月茶寮料理學園

pixivに投稿された作品 pixivで「遠月十傑評議会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13309

コメント