ピクシブ百科事典

杉本町駅

すぎもとちょうえき

大阪市住吉区にあるJR西日本阪和線の駅。
目次[非表示]

データ

開業1929年7月28日
所在地大阪府大阪市住吉区
事業者JR西日本
路線阪和線
駅舎地上駅舎
駅番号JR-R26


概要

住吉区の南部にある。駅名は駅東側の地名「杉本」から。
待避駅タイプの駅であるが、2・4番のりばのみで乗降を取り扱い、1・3番のりばは通過列車専用でホームに柵を設置している。

駅舎は東西に分かれており、西口についてはエレベーター専用改札口が別にある。
ホーム幅が狭いためホームとこ線橋の間にエレベーターがなく、階段に車いす用昇降装置を取り付けてバリアフリー化している。

一応メインは西口だが、駅東側が大阪市立大学のキャンパス敷地のため大学生の利用が多く、駅の南北にある踏切を渡る必要があり事故が多発しかねないことから最近になって東口が設置され、これにあわせて駅のバリアフリー化が実施された。

駅構造

島式2面4線の駅。
前述の通り、1・3番のりばは原則的に通過列車専用の為、ホーム柵が設置されている。
普通列車のみの停車で2・4番のりばに停車する。

のりば路線方向方面備考
1阪和線上り(通過列車の為、閉鎖。)天王寺方面本線。
2阪和線上り天王寺行きJR難波大阪方面は、天王寺で乗り換え。
3阪和線下り(通過列車の為、閉鎖。)関西空港・和歌山方面本線。
4阪和線下り日根野関西空港和歌山方面

利用状況

  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員は9,245人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年度9,079人18,158人
2009年度8,964人17,928人
2010年度8,953人17,906人
2011年度8,938人17,876人
2012年度8,921人17,842人
2013年度9,195人18,390人
2014年度8,968人17,936人
2015年度9,256人18,512人
2016年度9,245人18,490人


その他

2009年までは当駅からJR関西本線の貨物支線、通称「阪和貨物線」が分岐していた。
阪和線用の103系と関西本線用の103系は阪和線内で向きをそろえていたため、関西本線所属の103系が大阪環状線へ乗り入れる時は編成の向きが大阪環状線用の103系と逆向きであった。

関連項目

 JR西日本 阪和線 大阪府内の駅一覧

コメント