ピクシブ百科事典

我孫子町駅

あびこちょうえき

大阪市に所在する、日本の鉄道駅のひとつ。
目次[非表示]

概要

大阪市住吉区我孫子にあるJR西日本阪和線の駅。駅番号はR-06(予定)。
高架2面2線のホームを持ち、普通列車のみが停車する。
日本の鉄道駅として、初めて点字ブロックをホームに敷設した駅でもある。

阪和線の前身、私鉄の阪和電気鉄道1930年に開業した当時からある駅のひとつで、開業当時は、東側にある大聖観音寺の別名に由来した「我孫子観音前」停留場と称し、南海山手線を経て1944年鉄道省に買収された際に現在の駅名に改められた。
駅名に「町」がつけられたのは、すでに千葉県の現・我孫子市常磐線我孫子駅があり、区別したためであるという。

大聖観音寺をはさんでさらに東には大阪市営地下鉄御堂筋線あびこ駅、反対に西には住吉区役所がある。

駅構造

相対式2面2線の高架駅。

乗り場路線方向方面備考
1阪和線下り堺市和泉府中関西空港和歌山方面
2阪和線上り天王寺JR難波大阪方面

※:日中の普通列車は鳳までで、以南は区間快速に乗り換えることになる。

利用状況

  • 2015年(平成27年)度の乗車人員は6,559人である。


年度乗車人員乗降人員
2008年度6,289人12,578人
2009年度6,331人12,662人
2010年度6,662人13,324人
2011年度6,962人13,924人
2012年度7,015人14,030人
2013年度6,755人13,510人
2014年度6,511人13,022人
2015年度6,559人13,118人

余談

阪和線の快速・区間快速は天王寺~堺市の間、どちらもノンストップであり、ここに限らず、阪和線の大阪市内の駅同士を利用する場合は普通列車を使うしかない。
しかし普通列車は日中1時間の本数が2012年ダイヤ改正で大幅に削減されたこともあり、15分間隔と御堂筋線の半分にとどまっており、天王寺・なんば梅田までの利用は、運賃ではこちらが安いにも拘らず、利用客は御堂筋線に水をあけられているのが実情である。
他方、1駅南寄りの杉本町駅までが大阪市内駅の扱いであることから、東海道・山陽新幹線に乗り換える場合は阪和線~大阪環状線JR京都線(天王寺~大阪の間は関空快速紀州路快速)で新大阪駅へ行くと、別料金を負担する必要がなくなる。

関連項目

御堂筋線我孫子駅・・・地下鉄の駅は、旅客案内上では「あびこ」とひらがな表記が行われている。
阪和線 大阪府内の駅一覧

コメント