ピクシブ百科事典

東京ウォーカー

とうきょううぉーかー

KADOKAWAから発売されている雑誌、あるいは水曜どうでしょうの企画の一つ
目次[非表示]

雑誌「東京ウォーカー」

KADOKAWAが発行している雑誌。主に東京を中心とした南関東地方全域と山梨・静岡県の一部のグルメ・旅・映画・音楽情報や最新トレンド情報などを網羅している都市情報雑誌。
大泉洋が愛読していた事から、後述の水曜どうでしょうでの企画名としても使われた。

水曜どうでしょうの東京ウォーカー

1998年3月4日~25日放送。全4夜。
正式名称は「東京2泊3日70km」。大泉が企画の冒頭で「行きたい」として挙げた東京都の各名所を、“全て歩いて回る”という企画。
全行程を徒歩で移動すると知らずに長距離を設定し、寝不足の上、雨の中を革靴で歩いた大泉は、2日目に宿泊したホテルで「番組を降りる」と発言した。
初日は北海道新聞の取材班、2日目は「テレビブロス」の取材班が同行し、道新の取材班は全行程付いてゆくと発言しながら3kmでリタイア・離脱、テレビブロス取材班は六本木に到達した所で同行取材を終了した。

巡った場所

スタート地点。空港敷地を徒歩で脱出できず、当時の国際ターミナル付近まで羽田東急ホテルの無料送迎バスを利用。実際は徒歩でも脱出できたもののどうでしょう班がルート選択を誤った。

  • 多摩川緑地広場硬式野球場
経由地1。近くを通ったことから「読売ジャイアンツの練習風景を取材する」という触れ込みで訪れ、擬似インタビュー形式で大泉長嶋茂雄の物真似を披露。
目的地その1。
  • 高輪プリンスホテル
1日目の宿泊地。当初泊まる予定だった品川プリンスホテルが満室だったため高輪で宿泊。
目的地その2。レインボーブリッジを徒歩で渡っている。お台場で大泉がフジテレビの展望台に入りたいと発言しているが藤村が「他系列だから」と入るのを断念している。
目的地その3。水上バスで浜松町の日の出桟橋へ移動し、東京タワーを経由。
目的地その4。国会議事堂最高裁判所を経由。サイコロ4で誕生した「登山家・大泉」が再登場。
経由地2。神田神保町と秋葉原を経由している。
  • 浅草
目的地と2日目の宿泊地。翌日行く予定であった目的地・大泉学園について、大泉が「バスで行く」と発言した。DVDではバスで移動するシーンが追加されている。
  • 大泉学園
最終目的地。放送では前日のホテルから大泉学園到着までの行程は「翌日」というテロップだけで省略された。

pixivに投稿された作品 pixivで「東京ウォーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント