ピクシブ百科事典

東谷上下ェ門

ひがしたにかみしもえもん

『るろうに剣心』に登場する人物。アニメには登場しない。

概要

 人誅編に登場する、信州大根農家のおっさん。その正体は相楽左之助の実父である。
 1838年(天保9年)生まれの41歳。左之助の他にも長女の右喜、二男の央太(左之助がを飛び出した後に生まれた)を養っているが、・菜々芽には2年前に先立たれている。
 頑固者で情に厚く腕っぷしも強い、左之助がそのまんま老けたような男であり、飛んできた弓矢を素手で掴み取る程身体能力が高い。いつも煙管をふかしている愛煙家で、喧嘩の際には飛ばして攻撃することもできる(後に作者の弟子が描いた某海賊漫画でも同じ技を使う奴が出る)。
 明治維新後に台頭してきたヤクザの不動沢一家の支配に反対したせいでを潰され、現在は編笠職人を営む。腕は玄人はだしなのだが、不動沢の妨害により卸売りを禁止されていた。

 放浪の旅に出ていた左之助に対しても冷淡な態度を取るが、不動沢一家との戦いを経て一人の男として左之助を認めた。

 なお、次男・央太はこの事件の後に左之助から惡一文字を受け取り、数年後に神谷道場の門を叩くこととなる。

関連項目

るろうに剣心 父親 ガンコオヤジ 腹巻

pixivに投稿された作品 pixivで「東谷上下ェ門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1364

コメント