ピクシブ百科事典

機械複製術

きかいふくせいじゅつ

遊戯王OCGに登場する通常魔法カード。
目次[非表示]

カードテキスト

通常魔法
(1):自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

概要

その名の通り、機械族モンスターを複製する効果を持つ通常魔法

2018年8月現在、このカードによって特殊召喚可能な機械族モンスターは100種を優に超えるほど存在する。勿論その中には通常モンスター効果モンスターだけでなくチューナーモンスターなども含まれており、どんなモンスターを呼び出し、どんなカードと組み合わせるかによって様々なコンボを生み出す事ができる可能性の塊である。基本的に同名のモンスター=同ステータスのモンスターを複数体特殊召喚する事になるため、エクシーズ召喚リンク召喚にも活用しやすい。また「攻撃力500以下」という条件は別に「元々の攻撃力」などと指定されているわけではないため、わざと攻撃力を引き下げてやれば基本攻撃力500以上のモンスターでも特殊召喚が可能。DNA改造手術ピアニッシモなどと組み合わせてやれば、特殊召喚できるモンスターの幅がさらに広がる。

ただし、特殊召喚はデッキからのみである点に注意。特殊召喚したいモンスターが手札に来てしまっている場合、そのモンスターを手札からフィールドには出せない。勿論、墓地のカードや除外されているモンスターも対象外であり、特殊召喚不可のモンスターもアウト(明らかにこのカードでの展開ができないように特殊召喚不可の制約を課せられたと思われる機械族モンスターも存在する)。場合によっては貪欲な壺リロードなどを使ってデッキにモンスターを戻しておくのも手。

ちなみに原作では永続魔法であり、対象となるモンスターが強化されると特殊召喚されたモンスター共々自壊する効果を持っていた。OCG化される際に強化されたカードの一つと言える。
闇マリク万力魔神バイサー・デスに対してこのカードを使用しようとしたが、城之内の奇策によってコンボに失敗し、まともに活躍することなく退場となった。なお、万力魔神バイサー・デスは悪魔族としてOCG化されたため、(DNA改造手術でも併用しない限り)原作のコンボは不可能となっている。アニメの遊戯王DMでは別のモンスターが登場し、つじつまが合わなくならないようにされている(結局コンボは同様の展開で城之内に突破された)。

関連タグ

通常魔法 機械族

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《機械複製術》

pixivに投稿された作品 pixivで「機械複製術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83

コメント