ピクシブ百科事典

死のデッキ破壊ウイルス

しのでっきはかいういるす

死のデッキ破壊ウイルスとは、トレーディングカードゲーム『遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』の罠カードの一種であり、通常罠である(画像左側の紫色のカード)。 英語名は「Crush Card Virus」。
目次[非表示]

概要

漫画『遊☆戯☆王』において海馬瀬人が使用したウイルスカードの1つ「死のデッキ破壊」が元であり、同作を元にしたアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』においてもOCG寄りの仕様で使用している。
後に「デッキ破壊ウイルス」の名と類似した効果を持つ派生カードも登場している。

相手のフィールド・手札の攻撃力1500以上のモンスターを根こそぎ一掃するという効果であり、原作・アニメではそれどころか相手のデッキにも影響が及んでいた(これについては話によって処理が異なり、攻撃力1500以上のモンスターが相手の手札に加わった時に墓地へ送るという処理になっていた時もあれば、このカードが発動した時点で相手デッキの条件に合うカードをまとめて墓地へ送っていた時もある)。
このカードが登場したばかりの頃はシンクロモンスターエクシーズモンスターリンクモンスターといったカードは存在せず、アタッカーの供給をメインデッキに投入するカードに頼らざるを得なかったため、デュエル序盤にこのカードの効果を受けただけで出鼻を挫かれ、そのまま敗北に繋がる事は珍しくなかった。
そのためこのカードのコストとなる攻撃力1000以下の闇属性モンスターを安定して供給する事に特化したデッキが組まれたり、反対にこのカードを警戒して元々の攻撃力が1500未満のモンスターをカード効果で強化する戦術が取られたりするなど、環境に大きな影響を及ぼしていた。
そしてその影響力があまりに大きすぎると判断され、長きにわたって禁止カードとなっていた。
その後このカードは大幅なエラッタ(カードテキストの変更)がなされ、発動後に相手がドローしたカードを破壊できなくなった他、「発動した次のターン終了時までダメージを与える事ができなくなる」「相手にデッキから好きなカードを墓地へ送る事を許してしまう」という大きなデメリットが加えられた。
現在のテキストではデュエル序盤に発動したとしても相手の出鼻を挫くどころか、相手のデッキ次第ではむしろ体勢を整える大きな手助けをしてしまい、そのままこちらの敗北に繋がる事も充分にあり得るハイリスクハイリターンなカードになったと言えるだろう。
一応、結果的には相手のデッキ枚数を減らせる可能性が出てくるようになったため、「デッキ破壊ウイルス」の名前にはより相応しくなったのかもしれないが。

遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』版現カードテキスト

死のデッキ破壊ウイルス/Crush Card Virus
通常罠
(1):自分フィールドの攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター及び相手の手札を全て確認し、
その内の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。
その後、相手はデッキから攻撃力1500以上のモンスターを3体まで選んで破壊できる。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
2015年1月1日制限カード指定、2015年1月10日現テキストにエラッタ、2015年10月1日準制限カード指定、2016年4月1日制限解除。

エラッタ前カードテキスト

死のデッキ破壊ウイルス/Crush Card Virus
通常罠
自分フィールド上の攻撃力1000以下の
闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上のモンスター、相手の手札、
相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
攻撃力1500以上のモンスターを破壊する。
2004年9月1日制限カード指定、2009年9月1日禁止カード指定、2015年1月10日現テキストにエラッタ。

関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG
罠カード 通常罠 デス・ウイルス・ドラゴン
海馬瀬人

デッキ破壊ウイルス

罠カード

通常罠


外部リンク

遊戯王カードwikiにおける「死のデッキ破壊ウイルス」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「死のデッキ破壊ウイルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2881

コメント