ピクシブ百科事典

封印されし記憶

ふういんされしきおく

『封印されし記憶』とはプレイステーション用ゲームソフト『遊戯王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶』の略語タグのことである。
目次[非表示]

概要

1999年12月9日に発売されたプレイステーション用ゲームソフトであり、原作となる漫画『遊戯王』のもう一人の主人公的存在であるキャラクター『闇遊戯』の過去にスポットライトを当てた作品である。
ただし、この頃は原作漫画がバトルシティ編にすら到達していない頃に制作・発売された物であるため、記憶編とは異なる点が多々ある。
例:千年ロッドのデザインが大きく異なる、ヘイシーンを始めとゲームオリジナルキャラクターは漫画には登場しない。

デュエルのルール等について

本作では遊戯王OCGとは異なる点が多数あるためそれらをここに記述する

  • 生け贄召喚(アドバンス召喚)の概念が存在しない
    • そのためモンスターのレベルに関係なく通常召喚できる。(そのためカードに記されたレベルが完全に死に設定となっている)
  • 自分のターン出せるカードは種類を問わず1枚だけ
    • そのため、複数のカードを並べるのに時間がかかるが、新要素『コンボシステム』により『手札融合したモンスターを複数の装備カードで強化』という方法は可能である。
  • 強力な敵モンスターを倒すのが困難
    • 本作の前に発売されていたゲームDM2では『召喚魔族』という属性のような概念が存在し、それ次第では強いモンスターを倒すことも出来たのだが、本作では優勢な方に攻撃力・守備力が500アップする『守護星システム』という要素にとって変わっているため強いモンスターに対抗できる手段が減ってしまった。
  • モンスターは全て通常モンスター扱いで、効果モンスターは存在しない
    • そのため『融合モンスターや儀式モンスターの召喚に必要』等の理由がない限り、デッキに入れるモンスターは攻守力の数値重視になり、弱いモンスターはいらない子と化してしまう。

問題点

だが、本作は後述の理由により、プレイヤーから悪評を受けているゲームでもある。

  • ゲームバランスが極めて理不尽
    • プレイヤーが後述の『パスワード』や『ポケットステーション』といった要素そして勝利時に超低確率ゲットできる『メテオ・ブラック・ドラゴン』を抜きにして出せる最強のモンスターカードが『双頭の雷龍』なのだが、ゲームの中盤以降からは攻撃力2000以上のモンスターを頻繁に出してくるため、単体で出せるモンスターでは対抗するのはほぼ不可能である。
  • 勝利して強いカードを手に入れるのは困難
    • 本作に限った話ではないが、対戦相手毎に勝利時にゲットできるカードの数が極めて多いため、お目当てのカードを手に入れるのは困難である。(更に言うと戦い方によっては勝っても手に入る可能性すらないカードもある)
  • パスワード(とスターチップ)で手に入るカードのレートがインフレ過ぎる
    • 本作では勝利時に成績に応じて1~5個のスターチップがカードと一緒に手に入り、OCGのカードに記されているパスワードを入力すると、必要数のスターチップと引き換えに同じカードを入手できる。『ゲーム序盤でも使える程度の能力や効果のカード』ならそこまで要求されないのだが、『中盤以降でも使える強さのカード』となると、所持できる最大の数である999999個のスターチップを要求されるのである。仮に最大の5個を狙ってできたとしても、20万勝しなければならないのである。

ポケットステーション

本作をクリアするための救世主となる周辺機器で、テレビのリモコンなどから出る赤外線を用いた『赤外線受信機能』を用いることでランダムにカードがゲットできる。
……のだが、それは当時のテレビのリモコンに限った話であるため、今のテレビのリモコンには対応していないためその場合は無用の長物と化してしまうが……

関連タグ

遊戯王 ゲーム クソゲー

関連記事

親記事

遊戯王 ゆうぎおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「封印されし記憶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122

コメント