ピクシブ百科事典

深夜枠の原因

しんやわくのげんいん

だいたいこいつらのせい

全体のストーリー的には明るい時間帯に放送しても問題なさそうな内容なのに作中の一キャラの発言や行動などのせいで深夜枠にされているのでは?と思われるキャラに付けられる。
一例として


でも実際のところは明るい時間帯だと放送枠の貸与料金が高く、利益を出すためのハードルが高くなるからである。
そして今その時間帯の過半を占めるひな壇芸人を並べたバラエティ番組の制作予算は、アニメの1/10以下。それなりに売れている芸人さんを呼んでも携わってる人数が圧倒的に少ないから、結果安く上がる。
しかしその一方で、古くは「プレイボール」、最近では「黒子のバスケ」あたりで、「深夜以外に放送出来なかったの?」という意見もあったという。また、子供の夜更かしの原因になる、と見なされたらしく、さらに外国人から「日本はあんなに面白くて人気のアニメがあるのに、なぜゴールデンタイムで放送しないのか?」と批判された模様である。

もっとも、本来深夜枠で放送されるはずの作品が、地上波でそれ以外の時間帯で垂れ流されるケースとて稀によくある南北陸地方某県における「花田少年史」、中北陸地方某県における「おおきく振りかぶって」や「のだめカンタービレ」、西九州地方某県における「ばらかもん」がそれ。

コメント